データ分析講座(その239)テーマ設定のすれ違い

データ分析

 

 

データ活用の為のテーマ設定は、現場で上手くいっていないこと、現場で出来ていないことが設定されます。しかし、設定されたテーマ(現場で出来ていないこと)を見て、出来ていないことを示す明らかなファクト(事実)を示しても「そんなこと出来ている」と言う方がたまにいます。今回は「テーマ設定で発生する現場とエライ人のすれ違い」というお話しです。

 

【目次】
1.こんなこと出来ている
2.明らかなファクト(事実)を示しても無駄なこともある
3.現場を知らない
4.視座の高さが違う
5.思いを言葉にできない

 

【この連載の前回:データ分析講座(その238)データサイエンティストに必要な鈍感力へのリンク】

1.こんなこと出来ている

現場の方と一緒に、よくデータサイエンスなどのデータ活用のテーマ設定をしているときのお話しです。

 

テーマ設定をするとき、現場のお困りごと(問題)から始めることが多いです。当然ですが、現場で上手く出来ていることが、現場からお困りごと(問題)として提示されることは、まずないです。たまに、そのお困りごと(問題)を元に設定されたテーマ(現場が出来ていないこと)に対し、エライ人が一言……「この程度のことは出来ている」

 

どういうことでしょうか。現場から上がって来た声を無視するかのようです。

 

2.明らかなファクト(事実)を示しても無駄なこともある

そこで、データにもとづいたファクト(事実)を示すこともあります。それでも一言……「そんなことはない」

 

見たくないファクト(事実)に蓋をするかのような言いぐさです。そんな人、本当にいるの??? と思われるかもしれませんが確実にいます。

 

3.現場を知らない

あまりにも強情だと、単に現場を知らないエライ人、というレッテルが張られ信用が落ちるばかりです。

 

現場の人が出来ていないと言っているのに、出来ているはずだ、と言うのですから意味不明です。そのエライ人は、本当に現場を知らないどころか、現場の声を無視し、見たくないファクト(事実)に蓋をする、どうしようもない人なのでしょうか?

 

4.視座の高さが違う

現場をよく知らないというのは確かでしょう。現場から離れて久しいからです。もしかしたら、そのエライ人は物足りなさや違和感を感じ、現場のお困りごと(問題)を元に設定されたテーマに対し拒否反応を示したのかもしれません。

 

現場とエライ人では、視座の高さが異なります。当然、エライ人の視座は現場の視座よりも高く、見える範囲が異なります。その高い視座から見て感じた違和感が、現場から上がって来たテーマに感じたのかもしれません。そのあたりを意識してみると、そのすれ違いの原因が見えてくることがあります。

 

5.思いを言葉にできない

物足りなさや違和感は、言葉にして語らないと現場から見たら意味不明です。

 

現場から見たら、そのエライ人は、現場の声を無視し、見たくないファクト(事実)に蓋をする、信用のない肩書だけの人になり下がってしまいます。お互い視座の高さの違いを意識し、歩み寄る必要があります。ただ、視座を上げる...

データ分析

 

 

データ活用の為のテーマ設定は、現場で上手くいっていないこと、現場で出来ていないことが設定されます。しかし、設定されたテーマ(現場で出来ていないこと)を見て、出来ていないことを示す明らかなファクト(事実)を示しても「そんなこと出来ている」と言う方がたまにいます。今回は「テーマ設定で発生する現場とエライ人のすれ違い」というお話しです。

 

【目次】
1.こんなこと出来ている
2.明らかなファクト(事実)を示しても無駄なこともある
3.現場を知らない
4.視座の高さが違う
5.思いを言葉にできない

 

【この連載の前回:データ分析講座(その238)データサイエンティストに必要な鈍感力へのリンク】

1.こんなこと出来ている

現場の方と一緒に、よくデータサイエンスなどのデータ活用のテーマ設定をしているときのお話しです。

 

テーマ設定をするとき、現場のお困りごと(問題)から始めることが多いです。当然ですが、現場で上手く出来ていることが、現場からお困りごと(問題)として提示されることは、まずないです。たまに、そのお困りごと(問題)を元に設定されたテーマ(現場が出来ていないこと)に対し、エライ人が一言……「この程度のことは出来ている」

 

どういうことでしょうか。現場から上がって来た声を無視するかのようです。

 

2.明らかなファクト(事実)を示しても無駄なこともある

そこで、データにもとづいたファクト(事実)を示すこともあります。それでも一言……「そんなことはない」

 

見たくないファクト(事実)に蓋をするかのような言いぐさです。そんな人、本当にいるの??? と思われるかもしれませんが確実にいます。

 

3.現場を知らない

あまりにも強情だと、単に現場を知らないエライ人、というレッテルが張られ信用が落ちるばかりです。

 

現場の人が出来ていないと言っているのに、出来ているはずだ、と言うのですから意味不明です。そのエライ人は、本当に現場を知らないどころか、現場の声を無視し、見たくないファクト(事実)に蓋をする、どうしようもない人なのでしょうか?

 

4.視座の高さが違う

現場をよく知らないというのは確かでしょう。現場から離れて久しいからです。もしかしたら、そのエライ人は物足りなさや違和感を感じ、現場のお困りごと(問題)を元に設定されたテーマに対し拒否反応を示したのかもしれません。

 

現場とエライ人では、視座の高さが異なります。当然、エライ人の視座は現場の視座よりも高く、見える範囲が異なります。その高い視座から見て感じた違和感が、現場から上がって来たテーマに感じたのかもしれません。そのあたりを意識してみると、そのすれ違いの原因が見えてくることがあります。

 

5.思いを言葉にできない

物足りなさや違和感は、言葉にして語らないと現場から見たら意味不明です。

 

現場から見たら、そのエライ人は、現場の声を無視し、見たくないファクト(事実)に蓋をする、信用のない肩書だけの人になり下がってしまいます。お互い視座の高さの違いを意識し、歩み寄る必要があります。ただ、視座を上げるのは非常に大変なため、エライ人が現場理解をするという気持ちで、歩み寄った方がいい気がします。

 

エライ人から歩み寄る気配がない場合、そのエライ人が感じている物足りなさや違和感を、誰かがヒアリングし明らかにする手間が発生します。明らかにすべきは、見ているポイントや評価軸(多くの場合、無意識)、それを元にどう考えたのか、という思考過程です。

 

次回に続きます。

◆データ分析講座の注目記事紹介

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

高橋 威知郎

データネクロマンサー/データ分析・活用コンサルタント (埋もれたデータに花を咲かせる、データ分析界の花咲じじい。それほど年齢は重ねてないけど)

データネクロマンサー/データ分析・活用コンサルタント (埋もれたデータに花を咲かせる、データ分析界の花咲じじい。それほど年齢は重ねてないけど)


「情報マネジメント一般」の他のキーワード解説記事

もっと見る
データ分析講座(その48) データ活用効率化とデータ活用の仕組み化

◆ データ分析の力は「1→100」で発揮されるけど、データ活用のことはじめは「0→1」  0(ゼロ)から全く新しい価値を創造し仕...

◆ データ分析の力は「1→100」で発揮されるけど、データ活用のことはじめは「0→1」  0(ゼロ)から全く新しい価値を創造し仕...


データ分析講座(その14) 営業データ分析で冒険的なチャレンジをやり続ける

  ◆ 営業データ分析で冒険的なチャレンジができるからワクワクする  「データから何か新しい発見したいのだけど」よくこのような質問をされ...

  ◆ 営業データ分析で冒険的なチャレンジができるからワクワクする  「データから何か新しい発見したいのだけど」よくこのような質問をされ...


データ分析講座(その205)ビジネス要因分析の統計的因果探索

    最近のデータ分析やモデル構築では「予測を当てればいい!」という風潮もありますが、確かに当てるだけであれば、それで問題ないで...

    最近のデータ分析やモデル構築では「予測を当てればいい!」という風潮もありますが、確かに当てるだけであれば、それで問題ないで...


「情報マネジメント一般」の活用事例

もっと見る
Web上で試作受注するツールを成功させるポイントとは

        今回は、「Web上で試作受注するツール」を成功させるポイントについて解説します。次の2点がポイントで、この2つを「最優先」に考える必...

        今回は、「Web上で試作受注するツール」を成功させるポイントについて解説します。次の2点がポイントで、この2つを「最優先」に考える必...


デジタルデータの保存とは

        今回は、地震災害等を想定して、デジタルデータの保存に焦点を当てて、主なバックアップ方法と長所短所を解説します。   1. 主なバ...

        今回は、地震災害等を想定して、デジタルデータの保存に焦点を当てて、主なバックアップ方法と長所短所を解説します。   1. 主なバ...


生産スピード向上と品質管理

 電子メールやインターネットの普及により、ビジネスのグローバル化が大きく進みましたが、IT技術の進歩は、品質管理の方法も進歩させました。20数年前は製造条...

 電子メールやインターネットの普及により、ビジネスのグローバル化が大きく進みましたが、IT技術の進歩は、品質管理の方法も進歩させました。20数年前は製造条...