※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.370

システム化による業務効率化

生産 情報マネジメント | 投稿日時:
現在、海外の製造会社で社内ITを見ております。
社内業務全てがExcelで管理されており、在庫情報、過去の履歴等も分割されたExcelを毎回探さないとデーターがわからない状況です。
今後、ERP等のシステム導入の検討をしているのですが、導入していくにあたり、在庫をリアルタイムで把握できるシステムにしていきたいと思っております。その為には毎日の入力をリアルタイムにこなす必要がでてくると認識しております。
入力が後に回らない様にする秘訣等があればご教授お願い致します。


ANSWER
回答No1 | 投稿日時:

現状の在庫情報の収集法が分からないので、状況判断が難しいのですが、毎回、棚卸しをして情報を得ているのか?入庫情報と出庫情報から算出して得ているのかの2つが考えられます。
前者の場合は棚卸し作業時にカウンター等の入力装置を使用することで、後者の場合は、2つの情報の入力時点で、在庫量=事前在庫量+入庫量-出庫量の処理を組み込むたものソフト化をすることで対処してはどうでしょう。




ANSWER
回答No2 | 投稿日時:

現状、社内業務の全てがExcelで管理されているということでお困りのようですね。
すでに設計、調達、製造、出荷試験など仕事のフローを可視化し、ERPシステム適用に向けたFit&Gap分析なども行っておられると思います。

在庫にも工程内仕掛、出庫待ちなどいろいろあり、これらはERPの機能で賄えるかと思いますが、そのためには製造指示、完成、出庫の各時点での入力作業が必要で、この際バーコードをハンディスキャナで読み取る、タブレット端末でショップフロア内を移動しながらでも操作できるようにするなど簡単にできるような工夫もポイントになります。

またどの程度の投資が可能かによりますが、自動倉庫などでは入庫、払い出し時のオペレーションのシステム化で情報登録を自動化できると思います。(保管場所の棚からの品物の取出しをセンサーで検知するなどもあり、コンビニでも応用されてきました)

但し、用品とデータ管理の粒度をどの程度にするか、できるかは悩みどころですし、欠品や修理戻しなどの処置がおろそかになると、次第にシステム情報の信憑度が損なわれるということにもなりかねません。

従って、システム化にあたっては業務ルールをきちんと定め、マニュアルを整備するなどで各工程での作業を確実に守らせることや、5Sといった現場の整理整頓が行われることなどが前提になるでしょう。