※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.408

ANSYS MAPDL と Workbench の違い

設計・開発  | 投稿日時:
業界は設備製造業で、要素技術開発の部署に努めています。
30 代、一般職です。

今回はチャンンバーの中の温度により、機器がどれほど歪むかを調べたいと思っています。
まずはコンピュータシミュレーションの CAE で解析を行い、事件のあたりをつけたいと思います。
チャンバーには熱交換器が取り付けられており、ヒーターと蒸発器によりチャンバー内が温められます。
チャンバー自体はほぼ SUS でできており、一部、胴体が使われています。
熱流体を加味して、熱解析を行った方がいいとは思うのですが、計算コストが上りそうで躊躇しています。
恒温状態だと仮定して、単純な熱解析を行い、その時の構造解析が行えれば、とりあえずは良いだろうと予想をしています。

使うソフトは ANSYS です。
上述のとおり、熱構造の連成解析を行う予定です。

そこで質問なのですが、ANSYS で熱構造解析の連成解析を行う場合は、Mehcanical APDL と Workbench 環境のどちらが良いのでしょうか。
Mehcanical APDL と Workbench で連成解析の結果に違いは出るのでしょうか。
考えているのは片方向の連成解析ですが、Workbench 環境でも可能でしょうか。
どのような考え方で、それぞれのアプリケーションを選べばいいのか分からず困っています。

何か参考になる資料等々があれば教えてください。