データ分析講座 【連載記事紹介】

QC

 

好評 連載中のデータ分析講座の記事が、無料でお読みいただけます!

【特集】連載記事紹介の一覧へ戻る

◆データ分析

データ分析は、4M(人、設備、材料、方法)の分析と同等以上に重要です。以前は紙ベースで個別に管理していたものが、コンピュータの能力向上/一般化によって多くのデータを一元処理できるため、新たな価値を生み出すようになったのです。工夫によっては大きな成果が期待できる半面、莫大な投資となる場合もあり、大胆かつ繊細に進める必要があります。

 

◆データベースからの知識発見

KKDの世界からKDDの世界へとはよく言われます。すなわち「データ活用してKKD(経験と勘と度胸)から脱却すること」です。

 

KDDとは、Knowledge Discovery in Databases(データベースからの知識発見)のことです。集めたデータから人が気付かなかった知識を発見しビジネスに活用します。データマイニングと言われている分野です。今は、データマイニングではなく機械学習やAI(人工知能)という別の言葉で、このデータから得られるかもしれない夢を描いています。

 

好評 連載中のデータ分析講座は、ものづくりドットコム 登録専門家の高橋 威知郎氏が長年の実践と検証から構築した連載記事です。下記は、連載からの一部分ですが、好評 連載中からのサンプルです。是非、ご覧下さい。

 

【データ分析講座 これまでの注目記事】

1. 収益につながるデータ分析

2. 過去を整理し未来を創造する

3. 回帰分析を使うことで収益拡大

4. デジタル・マーケティングの力を活用する

5. データの活かしどころを具体化することの重要性

6. ビジネス展開を上手く実現するための、OODAループ

7. 分析結果が妥当かを、判断する前提知識とは

8. デジタルトランスフォーメーションとは

9. 判別分析

10. 機械学習とは

11. データサイエンティスト必須のスキルとは

12. ジョハリの窓とは

13. SOR理論

14. SOR理論とデータ分析の「XYZフレームワーク」

15. ダイナミックプライシングとは

 ⇒ データ分析講座は、好評 連載中です!

 

【執筆者 紹介】

 

<<この連載を利用の際のお願い>>

ここで紹介する連載の転載は固くお断りします。少人数での個人的な勉強会での使用のみに限定してください。

 

 

「情報マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
データ分析講座(その51) より高度な分析にこだわる罠とは

◆ 高度なデータ分析にこだわるほど、データ活用から遠のくという悲しい現実  データ分析の実務を始めたころに、誰もが陥る罠があります。実は、人によって...

◆ 高度なデータ分析にこだわるほど、データ活用から遠のくという悲しい現実  データ分析の実務を始めたころに、誰もが陥る罠があります。実は、人によって...


データ分析講座(その127) データサイエンス実践の成否とは

◆ データ分析・活用やデータサイエンス実践の成否は、技術力よりもチーム力  「AI」「IoT」「ビッグデータ」これは最近ビジネス界隈で聞く用語です。...

◆ データ分析・活用やデータサイエンス実践の成否は、技術力よりもチーム力  「AI」「IoT」「ビッグデータ」これは最近ビジネス界隈で聞く用語です。...


データ分析講座(その80) 業務プロセスを捉えることで、人の動きが見え、データ分析に具体性と躍動感が生まれる

◆ とりあえず、業務プロセスを捉えよ!人の動きの見えないデータ分析に納得感は生まれない  「いくらデータ分析をしても、目立ったビジネス成果が生まれな...

◆ とりあえず、業務プロセスを捉えよ!人の動きの見えないデータ分析に納得感は生まれない  「いくらデータ分析をしても、目立ったビジネス成果が生まれな...


「情報マネジメント」の活用事例

もっと見る
製品・技術開発力強化策の事例(その15)‐技術開発の目標について 第1回‐

 前回の事例その14に続いて解説します。製品開発を目指している企業の中には、テ-マが見つかったら、または、アイデアが閃いたら開発に取り組む。そのような淡い...

 前回の事例その14に続いて解説します。製品開発を目指している企業の中には、テ-マが見つかったら、または、アイデアが閃いたら開発に取り組む。そのような淡い...


情報、常識の検証を考える

1、勝ち組と負け組を支配する情報  皆さんがご存じの大手予備校有名講師である林先生が、かつてテレビで「情報」に関して興味深いことをおっしゃっており、...

1、勝ち組と負け組を支配する情報  皆さんがご存じの大手予備校有名講師である林先生が、かつてテレビで「情報」に関して興味深いことをおっしゃっており、...


製品・技術開発力強化策の事例(その5)‐時代の流れを意識した開発テ-マの設定‐

 前回の事例その4に続いて解説します。時代の流れに沿う開発テ-マとして、最近では、高齢者介護機器、環境関連機器、省エネ機器、情報技術(IT)等に関心が注が...

 前回の事例その4に続いて解説します。時代の流れに沿う開発テ-マとして、最近では、高齢者介護機器、環境関連機器、省エネ機器、情報技術(IT)等に関心が注が...