普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その127)イノベーションの創出

技術マネジメント

 

【この連載の前回へのリンク】

「切り取った知識の重要部分を発想するフレームワークを使って、イノベーションを発想する」にもとづき、日々の活動の中でどうイノベーションを創出するかについて、解説します。今回は、前回に引き続き、今考えている前提が間違っている場合として、前回提示した4つの場合の内「自分の誤った思考や経験に基づいていないか?」を解説します。

◆前回の提示内容:「小イノベーションを起こすには前提を常に問い直せ」

小イノベーションを起こすために、その前提を常に問い直す必要性を説明し、以下の4つの点を常に思考する重要性を提示しました。

  1. 今考えている前提は正しいか?(前回の「 正しい前提は何かを問う」から変更)
  2. その前提の変化の可能性を考える
  3. その他の前提を考える
  4. それら前提の軽重を評価する

 

●「1. 今考えている前提は正しいか?」

今考えている前提が間違っている場合として、以下の3つがあるように思えます。一つ一つ解説をしていきたいと思います。

〇1A:今考えている前提は特異点
〇1B:今考えている前提は誤り
-1B1:「自分」の誤った思考や経験に基づく
-1B2:「他人」の誤った思考や経験を墨守
〇1C:今考えている前提は余分な誤った前提を含んでいる

 

1B1:「自分」の誤った思考や経験に基づいていないか?

●時間的な経験・思考の制約への対処

前回は、「自分の誤った思考や経験」をもたらす要因として、自身が経験できる時間的な経験・思考の制約があることを述べました。そしてそこへの対処の方法として、過去について広く学ぶ重要性を解説しました。

 

また、そこで、古今東西の過去に関する様々な研究に目を向ける必要性にも、言及しました。しかし、ここでのポイントは他人の研究から学ぶということであったのですが、よくよく考えると、自分自身もしくは自組織の過去から学ぶということへの価値も大きいことに気が付きました。また、むしろ関係性の大きさからいうと、こちらの方の価値が大きいかもしれません。

 

●自らの過去の失敗から学ぶ価値

「どんどん失敗をし、そこから学ぼう」という姿勢は、できているかどうかは別として、現在様々な場で奨励されていることです。

 

これまでも、私もそのような発言をよくしてきました。しかし、もちろん未来に向かってこのような姿勢を持つことは重要なのですが、過去の失敗から十分に学んでいるかというと、そうではない例が多いように思えます。すでに、過去の失敗から発生するコストについては支払ってしまっている、もしくは支払わなければならいということは決まっているので、追加コストは発生しません。

 

つまり、それらは既にサンクコスト化してしまっているので、追加コストが発生しない過去からの学びを最大化する価値は、大きいと言えます。

 

●過去の過ちを棚卸する

【自分編】

私自身、過去の失敗から十分に学んできたかと聞かれると、自信を持ってそうだとは言い切れません。もちろん、人間はそもそも過去から学ぶようにはできているので、そういうことは私自身が意識しているかどうかは別として、そうはしてきています。

 

しかし、過去、特に過去の過ちから学ぶことを強く意識することで、より有意義なことを多く学べるような気がします。

 

新年などに、その年や今後の抱負などを考えるということをしている方は多いと思います。そこに、仕事、私生活、家族、趣味などに関し、過去の失敗の棚卸をす...

技術マネジメント

 

【この連載の前回へのリンク】

「切り取った知識の重要部分を発想するフレームワークを使って、イノベーションを発想する」にもとづき、日々の活動の中でどうイノベーションを創出するかについて、解説します。今回は、前回に引き続き、今考えている前提が間違っている場合として、前回提示した4つの場合の内「自分の誤った思考や経験に基づいていないか?」を解説します。

◆前回の提示内容:「小イノベーションを起こすには前提を常に問い直せ」

小イノベーションを起こすために、その前提を常に問い直す必要性を説明し、以下の4つの点を常に思考する重要性を提示しました。

  1. 今考えている前提は正しいか?(前回の「 正しい前提は何かを問う」から変更)
  2. その前提の変化の可能性を考える
  3. その他の前提を考える
  4. それら前提の軽重を評価する

 

●「1. 今考えている前提は正しいか?」

今考えている前提が間違っている場合として、以下の3つがあるように思えます。一つ一つ解説をしていきたいと思います。

〇1A:今考えている前提は特異点
〇1B:今考えている前提は誤り
-1B1:「自分」の誤った思考や経験に基づく
-1B2:「他人」の誤った思考や経験を墨守
〇1C:今考えている前提は余分な誤った前提を含んでいる

 

1B1:「自分」の誤った思考や経験に基づいていないか?

●時間的な経験・思考の制約への対処

前回は、「自分の誤った思考や経験」をもたらす要因として、自身が経験できる時間的な経験・思考の制約があることを述べました。そしてそこへの対処の方法として、過去について広く学ぶ重要性を解説しました。

 

また、そこで、古今東西の過去に関する様々な研究に目を向ける必要性にも、言及しました。しかし、ここでのポイントは他人の研究から学ぶということであったのですが、よくよく考えると、自分自身もしくは自組織の過去から学ぶということへの価値も大きいことに気が付きました。また、むしろ関係性の大きさからいうと、こちらの方の価値が大きいかもしれません。

 

●自らの過去の失敗から学ぶ価値

「どんどん失敗をし、そこから学ぼう」という姿勢は、できているかどうかは別として、現在様々な場で奨励されていることです。

 

これまでも、私もそのような発言をよくしてきました。しかし、もちろん未来に向かってこのような姿勢を持つことは重要なのですが、過去の失敗から十分に学んでいるかというと、そうではない例が多いように思えます。すでに、過去の失敗から発生するコストについては支払ってしまっている、もしくは支払わなければならいということは決まっているので、追加コストは発生しません。

 

つまり、それらは既にサンクコスト化してしまっているので、追加コストが発生しない過去からの学びを最大化する価値は、大きいと言えます。

 

●過去の過ちを棚卸する

【自分編】

私自身、過去の失敗から十分に学んできたかと聞かれると、自信を持ってそうだとは言い切れません。もちろん、人間はそもそも過去から学ぶようにはできているので、そういうことは私自身が意識しているかどうかは別として、そうはしてきています。

 

しかし、過去、特に過去の過ちから学ぶことを強く意識することで、より有意義なことを多く学べるような気がします。

 

新年などに、その年や今後の抱負などを考えるということをしている方は多いと思います。そこに、仕事、私生活、家族、趣味などに関し、過去の失敗の棚卸をする、すなわちそれらを言語化してリスト化することで、より良い抱負を創出することができるように思います。

 

ここで重要なことは反省をするのではなく、前向きに過去の過ちを考えてみるということです。反省しようとすると、「あんなことしなければ良かった」など、どうしてもネガティブに考えてしまいがちです。そうではなくて、これからより良い人生を歩むために、自分の過ちから学ぶことはないか、という姿勢で過去の過ちを棚卸するということです。

 

意外と簡単ではなさそうですが、簡単ではないがゆえ、意味のあることのように思えます。新年を待たず、さっそく私もやってみようと思います。

 

次回に続きます。

 

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

浪江 一公

プロフェッショナリズムと豊富な経験をベースに、革新的な製品やサービスを創出するプロセスの構築のお手伝いをいたします。

プロフェッショナリズムと豊富な経験をベースに、革新的な製品やサービスを創出するプロセスの構築のお手伝いをいたします。


「技術マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
『価値づくり』の研究開発マネジメント (その7)

 前回は、「技術を目いっぱい拡大」に関する活動の中でコア技術について、解説しました。今回は、企業にとってオープンイノベーションを進めるに当たり、コア技術が...

 前回は、「技術を目いっぱい拡大」に関する活動の中でコア技術について、解説しました。今回は、企業にとってオープンイノベーションを進めるに当たり、コア技術が...


普通の組織をイノベーティブにする処方箋(その102)類似-3

   現在、KETICモデルの中の「知識・経験を関係性で整理する」について解説しています。今回は、引き続き「類似」について考えてみたいと思...

   現在、KETICモデルの中の「知識・経験を関係性で整理する」について解説しています。今回は、引き続き「類似」について考えてみたいと思...


設計品質作り込み:設計のしくみとは

 一般的にしくみとは、①組織 ②制度 ③プロセス ④コンピュータシステムなどを指します。しくみ化とは、処理をコンピューター化する意味だけではなく、決められ...

 一般的にしくみとは、①組織 ②制度 ③プロセス ④コンピュータシステムなどを指します。しくみ化とは、処理をコンピューター化する意味だけではなく、決められ...


「技術マネジメント」の活用事例

もっと見る
コーポレート研究の課題とは

1. コーポレート研究への期待  近年、ものづくり企業においてコーポレート研究に対する期待が高まっています。そのなかで、新たにコーポレート研究組織を...

1. コーポレート研究への期待  近年、ものづくり企業においてコーポレート研究に対する期待が高まっています。そのなかで、新たにコーポレート研究組織を...


製品・技術開発力強化策の事例(その3)‐企業内に発生している問題点を徹底的に追求 ‐

 前回の事例その2に続いて解説します。企業内では解決が容易でない様々な問題が生じています。しかし、これらの問題解決に取り組まない限り、競争に勝つことが出来...

 前回の事例その2に続いて解説します。企業内では解決が容易でない様々な問題が生じています。しかし、これらの問題解決に取り組まない限り、競争に勝つことが出来...


戦略的RPA導入のための業務分析手法

1. RPA~パソコン作業を自動化  RPA(Robotic Process Automation)とは、様々なデータソースを参照しながら行う定型的...

1. RPA~パソコン作業を自動化  RPA(Robotic Process Automation)とは、様々なデータソースを参照しながら行う定型的...