普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その136)イノベーションの創造

技術マネジメント

 

【この連載の前回:普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その135)へのリンク】

失敗の金銭的コストを低減する方法について解説していますが、前回は「時間的余裕を生み出すアプローチ(その2):刺激を受ける環境に身を置く」を解説しました。今回は「踏み出すこと・踏み出そうとすることで発生する直接的コスト」のなかの心理的コストを解説します。 

 

●「踏み出すこと・踏み出そうとすることで発生する直接的コスト」×「心理的コスト」

これまで、イノベーション創出活動に踏み出すことの金銭的コストと時間的コストについて、それを低減する方策について解説してきました。しかし、コストも問題ではない、また時間もあるという状況の中であっても、それでも人間はイノベーションのための活動に踏み出せないものです。そこに存在するのは心理的な壁です。それをここでは、心理的コストと呼びたいと思います。

 

心理的コストとは、どのようなものでしょうか?次の2つの心理的コストがあると思います。

 

〇心理的コスト(その1):やるべきより重要なことが他にもあると考える

金銭的余裕、時間的余裕があっても、やっても良い活動や、やるべき活動は、人間が生き、働く環境の中では、次々に生まれてくるもので、そのような環境の中で、イノベーションに向けての活動に、資金と時間を優先的に配分するということは、現実にはなかなか難しいものです。

 

〇心理的コスト(その2):エネルギーをセーブしたいと思う人間の基本心理が存在

人間はめんどくさがりです。人間のこのような特徴を善意に捉えると、そもそも太古から人間は、常に危険な環境に身を置き、危機に直面した時にその状況に即時に対応できるように、常に備えておかなければならない、ということがあるように思えます。そのため、危機のない状況にあるときには、エネルギーを温存し、危機に備えるということがあり、それが「めんどくさがる」ということとも理解できます。

 

●「踏み出すこと・踏み出そうとすることで発生する直接的コスト」×「心理的コスト」への対応策

 それでは、これら心理的コストにはどのような対応策があるのでしょうか?

 

●心理的コスト(その1):「やるべきより重要なことが他にもあると考える」への対応策

次から次へ、やっても良いこと、やるべきことが起こりますので、イノベーションのための活動を優先させるには、イノベーションの重要度の認識を向上させるしか手はありません。それにはどのような方法があるのでしょうか?

 

〇実は、社内でイノベーションを起こす活動とはどのような活動なのかが、明確になっていない

多くの企業は、イノベーションの重要性を強調しながらも、日々の活動の中でイノベーションの重要性を「常に」伝えるという活動にはあまり熱心にしてきていません。

 

それはなぜか?実は、イノベーションとはどのような活動なのかを、会社の経営陣やマネジャークラスが、具...

技術マネジメント

 

【この連載の前回:普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その135)へのリンク】

失敗の金銭的コストを低減する方法について解説していますが、前回は「時間的余裕を生み出すアプローチ(その2):刺激を受ける環境に身を置く」を解説しました。今回は「踏み出すこと・踏み出そうとすることで発生する直接的コスト」のなかの心理的コストを解説します。 

 

●「踏み出すこと・踏み出そうとすることで発生する直接的コスト」×「心理的コスト」

これまで、イノベーション創出活動に踏み出すことの金銭的コストと時間的コストについて、それを低減する方策について解説してきました。しかし、コストも問題ではない、また時間もあるという状況の中であっても、それでも人間はイノベーションのための活動に踏み出せないものです。そこに存在するのは心理的な壁です。それをここでは、心理的コストと呼びたいと思います。

 

心理的コストとは、どのようなものでしょうか?次の2つの心理的コストがあると思います。

 

〇心理的コスト(その1):やるべきより重要なことが他にもあると考える

金銭的余裕、時間的余裕があっても、やっても良い活動や、やるべき活動は、人間が生き、働く環境の中では、次々に生まれてくるもので、そのような環境の中で、イノベーションに向けての活動に、資金と時間を優先的に配分するということは、現実にはなかなか難しいものです。

 

〇心理的コスト(その2):エネルギーをセーブしたいと思う人間の基本心理が存在

人間はめんどくさがりです。人間のこのような特徴を善意に捉えると、そもそも太古から人間は、常に危険な環境に身を置き、危機に直面した時にその状況に即時に対応できるように、常に備えておかなければならない、ということがあるように思えます。そのため、危機のない状況にあるときには、エネルギーを温存し、危機に備えるということがあり、それが「めんどくさがる」ということとも理解できます。

 

●「踏み出すこと・踏み出そうとすることで発生する直接的コスト」×「心理的コスト」への対応策

 それでは、これら心理的コストにはどのような対応策があるのでしょうか?

 

●心理的コスト(その1):「やるべきより重要なことが他にもあると考える」への対応策

次から次へ、やっても良いこと、やるべきことが起こりますので、イノベーションのための活動を優先させるには、イノベーションの重要度の認識を向上させるしか手はありません。それにはどのような方法があるのでしょうか?

 

〇実は、社内でイノベーションを起こす活動とはどのような活動なのかが、明確になっていない

多くの企業は、イノベーションの重要性を強調しながらも、日々の活動の中でイノベーションの重要性を「常に」伝えるという活動にはあまり熱心にしてきていません。

 

それはなぜか?実は、イノベーションとはどのような活動なのかを、会社の経営陣やマネジャークラスが、具体的には理解していないからではないかと思います。極めて滑稽な状況にあるとしか思われません。しかし、このような状況は、実は良くある状況です。様々な米国発の経営の概念が日本に、経営コンサルタントや学者を通じて伝えられ、あまり内容を理解せずに、経営コンサルティング会社の口車に乗せられ、マネジメントが「うちもやろう」とプロジェクトを立ち上げ、結果的には定着しなかったという事例は多いものです。

 

これら問題にどう対応するかは、次回、解説します。

 

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

浪江 一公

プロフェッショナリズムと豊富な経験をベースに、革新的な製品やサービスを創出するプロセスの構築のお手伝いをいたします。

プロフェッショナリズムと豊富な経験をベースに、革新的な製品やサービスを創出するプロセスの構築のお手伝いをいたします。


「技術マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その77) 課題意識を持つ環境に自らを置く

 現在KETICの最初の2つ、知識(Knowledge)と経験(Experience)に基づき、思考力(Thought)を強化する方策を解説しています...

 現在KETICの最初の2つ、知識(Knowledge)と経験(Experience)に基づき、思考力(Thought)を強化する方策を解説しています...


開発生産性向上(その1) 生産性向上の必要性

  1. 開発生産性に関する緒言  企業における生産性向上の必要性が、様々なところで話題になっています。ただ、話の内容が製造に関する生産性、オフィ...

  1. 開発生産性に関する緒言  企業における生産性向上の必要性が、様々なところで話題になっています。ただ、話の内容が製造に関する生産性、オフィ...


研究開発の生産性向上とは

   研究開発マネジメントの目的は、研究所の生産性を上げることです。研究開発の要である研究所のエンジニアリングについて、解説します。 &...

   研究開発マネジメントの目的は、研究所の生産性を上げることです。研究開発の要である研究所のエンジニアリングについて、解説します。 &...


「技術マネジメント」の活用事例

もっと見る
筋のよい技術の見極め

 1.筋のよい技術とは    R&Dの現場、特に研究や技術開発の現場では、「筋のよい技術」という言葉が頻繁に用いられます。...

 1.筋のよい技術とは    R&Dの現場、特に研究や技術開発の現場では、「筋のよい技術」という言葉が頻繁に用いられます。...


ピンチをチャンスに変えるアイディアを模索する

1. 自粛ムード漂う経済環境  2020年3月、新型コロナウイルスの感染が拡大し、鉄道各社によるマスクと咳エチケットの呼び掛けが随時車内アナウンスさ...

1. 自粛ムード漂う経済環境  2020年3月、新型コロナウイルスの感染が拡大し、鉄道各社によるマスクと咳エチケットの呼び掛けが随時車内アナウンスさ...


設計部門の課題と原因分析(その2)

 前回のその1に続いて解説します。工数分析により大きく4つの課題を抱えていることを把握できたので、この設計部門の現状が明確になりました。次のステップは、こ...

 前回のその1に続いて解説します。工数分析により大きく4つの課題を抱えていることを把握できたので、この設計部門の現状が明確になりました。次のステップは、こ...