新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その35) デザインレビュー

 
  
技術マネジメント
 
 今回は、デザインレビューで設計品質を上げるための方法について解説します。
 
 システム開発など技術開発を行なっている企業・組織ではすでに一般常識となっているデザインレビューですが、その効果を感じているでしょうか。良い意味での設計業務のルーチンとなっていればいいのですが、デザインレビューを実施したという事実が目的となってしまっている組織を目にすることがあります。
 
 せっかくメンバーの時間を使って行うレビューなのですから、効率的に効果が得られる仕組みとしたいものです。ご存知の通り、デザインレビューは設計品質の確認を有識者と行い、予期せぬミスを抑止することが最大の目的です。
 
 また、設計品質を上げる、つまり組織・個々のスキルアップも目的の一つとなっています。
 

◆ デザインレビューをより効果的なものとするための設計者が心がけたいポイント

1. レビューには設計対象とドキュメントを用意する

 設計対象である、ソースコード、回路図、CAD図面などのアウトプット以外に、仕様書および補足説明資料を準備します。業務が立て込んでいる組織では、仕様書などドキュメントを作らずに開発を進めてしまい、チェック漏れが発生するシーンがよくあります。仕様書もソースコードなどと同じ、設計アウトプットの必須項目です。
 

2. 設計の根拠が説明できる状態にしておく

 これもよくある例なのですが、前任者や既存商品ですでに実績のあるソースコードや図面を一部コピーして使うことがあります。設計効率を考え、コピー・流用することは決して悪いことではありません。問題はコピーの仕方です。
 
 流用した箇所の設計品質の責任は、コピーした本人にあるという認識を持ち設計の根拠を説明できる状態にしておく必要があります。若手エンジニアに多いのですが、「なぜこのような設計をしたのか?」という問いに対し、「コピーしたので意図はわかりません」では設計者として恥ずかしいことです。このような組織とならないよう、開発リーダーはしっかりと指導をしてあげてください。

セミナー「設計部門の「見える化」による生産性向上方法」

10:00 ~ 17:00 

[東京・大井町] きゅりあん 4階 第3グループ活動室

46,440円

3. レビュアーに対して具体的な依頼をする

 開発初期などの小規模組織におけるデザインレビューは、他部署の有識者にレビュアーを依頼することがあります。そのような場合、私自身の経験からも気を付けたいポイントがあります。有識者にチェックして欲しい設計対象を具体的に伝えることが大切です。
 
 単に「レビュアーをお願いします」では、レビュアーはどこに注目して良いかわからず、結果として設計ミスを見逃すことになりかねません。
 
 他部署にいる有識者は、その道のスペシャリストであり、本業務で忙しいことに留意し、どこをチェックして欲しいのか具体的に伝えることで相手の負担を軽減できると共に、凡ミスを防ぐことにつながります。
 

この記事の著者

川崎 響子

革新的なテクノロジー事業を最速&確実に量産まで立ち上げます。 世界No.1商品を創る企業を世の中に送り出し続けることが私の使命です。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「技術マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「川崎 響子」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン