新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その36) 後で使える結果の残し方

 
  
技術マネジメント
 
 開発ステップのように試験・実験が標準化されていない場合、これからたくさん変更が発生するからと、各人それぞれのまとめ方で結果を残してはいないでしょうか。
 
 今回は、このように開発ステップで各人それぞれのまとめ方の試験・実験結果について、解説します。
 
 開発ステップの試験・実験はルーチン化しにくく、また結果をまとめる時間さえも惜しいと、せっかく得た大切なデータを無駄にしてしまうことをよく目にします。さらに結果を無駄にするだけでなく、結果が残らないので、同じ条件の試験・実験を別の人が、再び実施してしまうこともあるのではないでしょうか。
 
 こんなことでは、とても「ビジネス」にはなりません。後々、振り返った時にで使える結果を残す方法とは、結果をまとめるテンプレートを用意することです。それでも、開発現場からは、次のような声が聞こえてきます。
 
  • 頭の中に残っているから大丈夫、時間がないので、そんなことをしている暇はない。
  • そもそもうまくいかなかった、失敗した結果を残す必要はない。
  • テンプレート・フォーマットを作る時間がもったいない。
 
 開発は組織・チームで行うものなので、個人の頭の中にあっても意味がありません。組織・チームで共有する必要があります。そして失敗した結果も、今後の方針を考える上で重要なデータとなります。
 
 テンプレートやフォーマットを作る時間がもったいない。これは、一見まっとうにも聞こえますが、試験・実験結果を使用する必要が出てから後になって当時を思い出しまとめる方が困難です。
 
 開発ステップでは、いつ何時、その試験・実験データが必要になるか予測できないことがほとんどです。
 
 そして、後になってまとめると試験・実験の条件(環境、測定パラメータ、試験機)に不備があった。なんてことがザラに起きます。
 
 「急がば回れ」テンプレート・フォーマットは作ってから試験・実験をする習慣にした方が圧倒的に効率よく開発が進みます。
 
 最後に注意点ですが、テンプレート・フォーマットには必要な項目のみにしてください。細かすぎるあってもなくても意味のないテンプレートは、それこそ時間の無駄になります。
 

この記事の著者

川崎 響子

革新的なテクノロジー事業を最速&確実に量産まで立ち上げます。 世界No.1商品を創る企業を世の中に送り出し続けることが私の使命です。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「技術マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「川崎 響子」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン