新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その41)アイディアの深掘りとは

 
  
技術マネジメント
 
 新規事業・新商品の開発アイディアを出すために発想ノウハウを質問する方が多いのですが、アイディア発想法より大切なことをお伝えしています。
 
 まず初めに「アイディア出し会議はどんなメンバーで構成されていますか?」この質問に対する回答が、「自分の組織のメンバーです。」であれば要注意です。
 
 これでは既存事業や既存商品ありきのアイディアとなり、革新的なネタは生まれません。ご自身の組織以外のメンバーを必ず含め、できれば老若男女、様々な環境のメンバーでアイディア出しをすることです。これは特に初期のアイディア出し会議に有効です。
 
 技術的な難易度、コスト的な難易度などを一旦取り外してアイディアを出しまくるブレインストーミングで効果を示す方式です。ご自身やご自身の組織の常識を一旦、取り外して考えることこそ、今までにないアイディアを出す秘訣です。
 
 ここでよくご質問がくるのですが、ご自身の組織外のメンバーを呼べないという問題です。単に「アイディア出しをするので参加してください。」では、相手も忙しくまず無理でしょう。そういった場合には、相手や相手の組織(上司)にとってもメリットがあるアウトプットを用意して、依頼することがベストです。と、ここまではご存知の方も多いと思います。
 
 今回のテーマの本題はここからです。
 
 老若男女、様々な環境のメンバーを集めたら、特に意識していただきたいことがあります。それは、「新人や若手メンバーや業務に直接関係のないメンバーのアイディアこそ、深堀りする」です。
 
 人はそれまでの実績(商品開発や技術など)や権威に弱く、どうしても古参メンバーの意見を重視し、若手や他業種のいわゆる当該分野を知らないメンバーの話に聴く耳を持たない傾向があります。
 
「聴いています」と思っている方ほど、本当に聴いているのか、出てきたアイディアを深掘りしようとまでしているのか、ご自身に問いかけてください。
 
 私自身、新人の時や新しい分野のメンバーとして参加した際、自信を持って発言したアイディアをほぼ100%聴いてもらえなかったという苦い記憶を持っています。こういった経験が積み重なるとどうでしょう?
 
 メンバーからの発言はどんどんなくなり、参加さえしなくなることもあります。これでは、せっかく苦労して招集したメンバーが参加している意味がありません。あえて不公平になるくらい、新人や他業種メンバーの話を聴き、そのアイディアを深掘りしてください。きっと今までのアイディアに負けない、超えるような原石が見つかるはずです。
 

この記事の著者

川崎 響子

革新的なテクノロジー事業を最速&確実に量産まで立ち上げます。 世界No.1商品を創る企業を世の中に送り出し続けることが私の使命です。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「技術マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「川崎 響子」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン