中国工場の品質改善(その50) 中国工場の実状を知る

中国

 前回のその49に続いて解説します。

【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方

【3.14 中国工場での従業員教育の進め方】

(3)その教育項目を繰り返し教育する

 部門や工程ごとに決めた教育項目が仮に10項目あったとしましょう。教育効果を上げるには1番から始め、10番まで教えるといった作業を何度も繰り返し行います。

 教育というと、常に新しいこと、違うことを教えなくてはいけないと考えている人がいますが、決してそのような必要はなく、同じ項目・内容を繰り返し教えることで問題ありませんし、教育効果も上がります。

 この繰り返し教育を行う理由は、次の二つの理由からです。

  • 一つは、1度教えただけでは身に付かないからです。中国人作業者や検査員が1度で覚えてくれるなら、こんなに楽なことはありません。簡単に覚えてくれない、身に付かないから同じことを何度も教育するのです。
  • もう一つは、中国工場には常に新人がいるためです。新人も同様に教育し、仕事に必要なことを身に付けてもらわなくてはなりません。繰り返し教育を続けていれば、新人がどのタイミングで入ってきてもどこから始めるかの違いだけで問題なく対応できます。

◆ 繰り返し教育の大切さを感じた出来事

 繰り返し教育の大切さを身を持って感じた出来事がありました。筆者が中国駐在員の時に教育係として、中国人スタッフ30名くらいに対して勉強会を開いた時のことです。教育内容や目的は中国人スタッフの仕事と会社での役割を認識して、自分の仕事の大切さや重要性を理解してもらうことでした。

 この勉強会の後、ある女性スタッフから「毎回教育をしてもらっているが、私には今回、先生の質問や問題の答えが全部分かりました。お陰でとても自信になりました」と言われたのです。彼女にとってその内容の勉強会は3回目であったと思い...

中国

 前回のその49に続いて解説します。

【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方

【3.14 中国工場での従業員教育の進め方】

(3)その教育項目を繰り返し教育する

 部門や工程ごとに決めた教育項目が仮に10項目あったとしましょう。教育効果を上げるには1番から始め、10番まで教えるといった作業を何度も繰り返し行います。

 教育というと、常に新しいこと、違うことを教えなくてはいけないと考えている人がいますが、決してそのような必要はなく、同じ項目・内容を繰り返し教えることで問題ありませんし、教育効果も上がります。

 この繰り返し教育を行う理由は、次の二つの理由からです。

  • 一つは、1度教えただけでは身に付かないからです。中国人作業者や検査員が1度で覚えてくれるなら、こんなに楽なことはありません。簡単に覚えてくれない、身に付かないから同じことを何度も教育するのです。
  • もう一つは、中国工場には常に新人がいるためです。新人も同様に教育し、仕事に必要なことを身に付けてもらわなくてはなりません。繰り返し教育を続けていれば、新人がどのタイミングで入ってきてもどこから始めるかの違いだけで問題なく対応できます。

◆ 繰り返し教育の大切さを感じた出来事

 繰り返し教育の大切さを身を持って感じた出来事がありました。筆者が中国駐在員の時に教育係として、中国人スタッフ30名くらいに対して勉強会を開いた時のことです。教育内容や目的は中国人スタッフの仕事と会社での役割を認識して、自分の仕事の大切さや重要性を理解してもらうことでした。

 この勉強会の後、ある女性スタッフから「毎回教育をしてもらっているが、私には今回、先生の質問や問題の答えが全部分かりました。お陰でとても自信になりました」と言われたのです。彼女にとってその内容の勉強会は3回目であったと思います。

 正直この言葉で、同じ内容のことを繰り返し教育することでいいんだ、大切なんだと実感した上、何回か聞いて覚えることで、中国人スタッフの自信にもつながるのだと気付かされました。

 次回は、中国人が中国人に教える仕組みを作ることのメリットから解説を続けます。

 【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行、筆者のご承諾により抜粋を連載 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント総合」の他のキーワード解説記事

もっと見る
中国工場の品質改善(その26) 中国工場の実状を知る、部品・材料について

【第2章 中国工場の実状を知る】 【日本工場と中国工場の違い】  前回のその25に続いて解説します。  ここでは、3M(人、設備、材料)それぞれ...

【第2章 中国工場の実状を知る】 【日本工場と中国工場の違い】  前回のその25に続いて解説します。  ここでは、3M(人、設備、材料)それぞれ...


儲かるメーカー改善の急所101項(その12) 最も注意すべきムダ

  1.モノづくり〈基本の基本〉 ◆ 最も注意すべきムダ  カイゼンにはいくつかのアプローチがあります。その中のひとつがムダ取りです。...

  1.モノづくり〈基本の基本〉 ◆ 最も注意すべきムダ  カイゼンにはいくつかのアプローチがあります。その中のひとつがムダ取りです。...


海外工場へ製造を委託する時の注意点

   機構部品、ユニット組立品などの生産を協力工場へ委託する場合を考えてみましょう。中国をはじめ、海外の企業に生産を委託するということは、委託...

   機構部品、ユニット組立品などの生産を協力工場へ委託する場合を考えてみましょう。中国をはじめ、海外の企業に生産を委託するということは、委託...


「生産マネジメント総合」の活用事例

もっと見る
伸びる金型メーカーの秘訣 (その36) 壊れない金型づくり

   今回、紹介するプレスメーカーは、株式会社Tです。同社は、自動車部品において60tプレスから300tまでのプレス量産加工を行い、最新のサー...

   今回、紹介するプレスメーカーは、株式会社Tです。同社は、自動車部品において60tプレスから300tまでのプレス量産加工を行い、最新のサー...


中国企業の壁(その51) 業者の規模による評価の違いとは

        日本品質を目指している中国企業A社では、前年の製品品質データをまとめたところ、大きな損失を出した3件の顧客クレームの主要因が外部から...

        日本品質を目指している中国企業A社では、前年の製品品質データをまとめたところ、大きな損失を出した3件の顧客クレームの主要因が外部から...


中国での工場立ち上げ事例

1. 失敗例  1998年、ある中堅の機械部品会社が、中国で工場を立ち上げることとなりました。国内ならまだしも、言葉や文化、法制度等の異なる国でもの造り...

1. 失敗例  1998年、ある中堅の機械部品会社が、中国で工場を立ち上げることとなりました。国内ならまだしも、言葉や文化、法制度等の異なる国でもの造り...