中国工場の実状を知る 中国工場の品質改善(その46)

更新日

投稿日

中国

 前回のその45に続いて解説します。

【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方

 

【3.12 中国要因事例】

 (2) Machine(機械、設備)

 機械については、機械の調子が悪いとかチョコ停が多い事などが原因で生産に悪影響を与えている現象があります。その要因を見ていくと、機械のメンテナンスをしていない事が要因で起きているケースがあります。さらに「メンテナンスを行わないのはなぜか?」で見ていくと、中国工場ではメンテナンスの重要性を理解していなかったり、機械のメンテナンス自体がコスト削減の対象となり整備が行われなかったなどのケースがありました。

 これは、ある日系中国工場での事なのですが、使用していた油圧機械のオイルの定期交換が、コスト管理を担当していた中国人経理の指示で実施されていないことがありました。この中国人経理は、油圧機械に特に問題が起きていなかったので、コストのかかるオイル交換を止めてしまっていたのです。日本人駐在員はそんな細かい事まではチェックしていなかったので、全く気付いていませんでした。日系工場でも、このような事が起きるので決して他人事ではありません。

(3)MateriaL(材料・部品)

 材料・部品については顧客の了解を取らずに勝手に変更してしまうという事が中国工場では起こります。日系企業では考えられない事です。その要因を見ていくと「仕様の取り交わしに不備があった」、「生産で使う時にその部材がなかった」などがあります。

 これをさらに探っていくと、購買担当者が発注を忘れたとか、取引先の納期遅れで部材が入っていないなどの原因がありました。またその部材ではコストが合わなかったケースもありました。当初の見積もりでは問題なかったのですが、実際に生産をしてみると予定していた部材ではコストが合わないことが分かり、別の安い部材に勝手に変えてしまったということです。

(4)Method(方法)

 方法では、作業手順書を守らないという現象があります。このケースでの要因は次の2点です。

  • 手順書の存在を知らない
  • 手順書に無理がある

 作業者は手順書通りに進めるつもりはあるのですが、手順書の作業方法に無理があり、その通りに実行することができないヶ-スです。これは、手順書を専門に作成するスタッフを置いていてもそのスタッフが現場のことをよく分かっていない場合に起きます。

  • 守る意志がない

 こうなってしまった場合は、どうしようもありません。残念ながら退場してもらうしかないでしょう。

(5)Measurement(測定・検査)

 検査・測定では、中国工場では検査基準が知らないうちに甘くなるという現象が起きます。この要因を見ていくと、

  • 継続して生産している製品ではなく、単発で生産している製品で起きる
  • 不良率が高い(=不良品として取り除く数が多い)場合に起きる

 要するに不良数が多いので、このまま検査を続けていくと出荷数量に足りなくなることが検査員にも分かるのです。そうすると出荷数量を確保するために検査基準を甘くし、合格品を増やし数合わせしてしまうという現象が起きるのです。

 ほかにも、出荷検査では必ず合格なのに出荷品に相当数の不良品が入って...

中国

 前回のその45に続いて解説します。

【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方

 

【3.12 中国要因事例】

 (2) Machine(機械、設備)

 機械については、機械の調子が悪いとかチョコ停が多い事などが原因で生産に悪影響を与えている現象があります。その要因を見ていくと、機械のメンテナンスをしていない事が要因で起きているケースがあります。さらに「メンテナンスを行わないのはなぜか?」で見ていくと、中国工場ではメンテナンスの重要性を理解していなかったり、機械のメンテナンス自体がコスト削減の対象となり整備が行われなかったなどのケースがありました。

 これは、ある日系中国工場での事なのですが、使用していた油圧機械のオイルの定期交換が、コスト管理を担当していた中国人経理の指示で実施されていないことがありました。この中国人経理は、油圧機械に特に問題が起きていなかったので、コストのかかるオイル交換を止めてしまっていたのです。日本人駐在員はそんな細かい事まではチェックしていなかったので、全く気付いていませんでした。日系工場でも、このような事が起きるので決して他人事ではありません。

(3)MateriaL(材料・部品)

 材料・部品については顧客の了解を取らずに勝手に変更してしまうという事が中国工場では起こります。日系企業では考えられない事です。その要因を見ていくと「仕様の取り交わしに不備があった」、「生産で使う時にその部材がなかった」などがあります。

 これをさらに探っていくと、購買担当者が発注を忘れたとか、取引先の納期遅れで部材が入っていないなどの原因がありました。またその部材ではコストが合わなかったケースもありました。当初の見積もりでは問題なかったのですが、実際に生産をしてみると予定していた部材ではコストが合わないことが分かり、別の安い部材に勝手に変えてしまったということです。

(4)Method(方法)

 方法では、作業手順書を守らないという現象があります。このケースでの要因は次の2点です。

  • 手順書の存在を知らない
  • 手順書に無理がある

 作業者は手順書通りに進めるつもりはあるのですが、手順書の作業方法に無理があり、その通りに実行することができないヶ-スです。これは、手順書を専門に作成するスタッフを置いていてもそのスタッフが現場のことをよく分かっていない場合に起きます。

  • 守る意志がない

 こうなってしまった場合は、どうしようもありません。残念ながら退場してもらうしかないでしょう。

(5)Measurement(測定・検査)

 検査・測定では、中国工場では検査基準が知らないうちに甘くなるという現象が起きます。この要因を見ていくと、

  • 継続して生産している製品ではなく、単発で生産している製品で起きる
  • 不良率が高い(=不良品として取り除く数が多い)場合に起きる

 要するに不良数が多いので、このまま検査を続けていくと出荷数量に足りなくなることが検査員にも分かるのです。そうすると出荷数量を確保するために検査基準を甘くし、合格品を増やし数合わせしてしまうという現象が起きるのです。

 ほかにも、出荷検査では必ず合格なのに出荷品に相当数の不良品が入っているという事態がありました。これを見ていくと、出荷検査が抜取検査の場合、検査員はランダムに抜き取って検査を行うのが通常です。しかしある中国工場では、出荷検査では出荷検査用の製品を用意して、検査員に検査させていました。敢えて用意したものですから、必ず合格になる製品であったことはいうまでもありません。そして、形の上では合格品(合格ロット)として出荷していたのです。

 ここで取り上げた中国要因は、ごく一部にすぎません。これ以外にも要因は多くありますので、しっかり捉えてください。

 次回は、3.13 顧客工場監査を利用する。から解説を続けます。

 【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行、筆者のご承諾により抜粋を連載 
 

   続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント総合」の他のキーワード解説記事

もっと見る
付加価値を付ける方法 儲かるメーカー改善の急所101項(その96)

  7、これからのモノづくり経営  前回の儲かるメーカー改善の急所101項(その95)工場のショールーム化に続いて、解説します。 ◆ ...

  7、これからのモノづくり経営  前回の儲かるメーカー改善の急所101項(その95)工場のショールーム化に続いて、解説します。 ◆ ...


中国と日本企業の違いとは 中国工場の品質改善(その56)

【中国工場の品質改善 連載全84回から各章の冒頭ページ 】 【第1章】中国進出での失敗事例 【第2章】中国工場の実状を知る 【第3章】中国工...

【中国工場の品質改善 連載全84回から各章の冒頭ページ 】 【第1章】中国進出での失敗事例 【第2章】中国工場の実状を知る 【第3章】中国工...


デュアルシステムとは(3) 【快年童子の豆鉄砲】(その92)

    5. 日本版デュアルシステムを導入するには 1)文科省の対応 文科省に問い合わせしたところ「日本版デュア ルシステ...

    5. 日本版デュアルシステムを導入するには 1)文科省の対応 文科省に問い合わせしたところ「日本版デュア ルシステ...


「生産マネジメント総合」の活用事例

もっと見る
金型メーカーの診断事例:原価管理・会社全般

 筆者が金型メーカー向けに行っている企業診断の内容について解説します。この診断は金型メーカーで行われる作業工程の流れに合わせ、項目を分けて行っています...

 筆者が金型メーカー向けに行っている企業診断の内容について解説します。この診断は金型メーカーで行われる作業工程の流れに合わせ、項目を分けて行っています...


金型メーカー特有の多能工化のメリットとは 伸びる金型メーカーの秘訣 (その43)

   今回、取り上げる金型部品加工メーカーはT鉄工株式会社です。同社は自動車部品で使用されるダイカスト金型の部品加工を主力事業としている。主な...

   今回、取り上げる金型部品加工メーカーはT鉄工株式会社です。同社は自動車部品で使用されるダイカスト金型の部品加工を主力事業としている。主な...


溶接の検証不足による不具合発生とは 中国企業の壁(その30)

       天津地区は、鋼材(鉄材)の加工・組立製品の生産が盛んです。鋼材は表面をメッキをする必要がありますが、溶融亜鉛メッキなどのメッキ業者もた...

       天津地区は、鋼材(鉄材)の加工・組立製品の生産が盛んです。鋼材は表面をメッキをする必要がありますが、溶融亜鉛メッキなどのメッキ業者もた...