中国工場の品質改善(その4) 中国工場の実状を知る

 品質マネジメント

【第2章 中国工場の実状を知る】

 中国製造業に関わる仕事をするときに先ず必要なことは、中国製造業=中国工場の実状を知ることです。それが自社工場の場合もあるでしょうし、中国のサプライヤーの場合もあると思います。中国工場では、どのよう人たちが、どのような管理でものづくりをしているのかを理解することが第一歩です。そして、日本工場と何が違うのかを見ていくとやるべきことが見えてくるのではないかと思います。

 第2章では、その中国工場の実状を生産の3要素(3M)を切り口として捉えました。

2.1 中国工場の品質管理の問題点を3Mで捉える。

 中国企業や中国工場と関わりのある仕事をしている読者の方も中国工場の品質が悪いのはなぜなのか?問題点は何だろうか?と考えることがあると思います。きっとさまざまなことが浮かんできたのではないでしょうか。ただ、あまりに多くのことがありすぎて何が何だか分からなくなる、一向にまとまらないという経験をされているのではないかと推察しています。このようなときはある切り口を持って考えると漏れなくダブりなくまとめることができます。そこで本書では生産の3要素(3M)を切り口として中国工場の問題点を考えました。

 3Mはご存知の通り、次の頭文字を取ったものです。

  • MAN (人)
  • MACHINE (機械)
  • MATERIAL (材料)

 これからこの3Mについて、中国工場ではどのような状況なのか、どのような問題があるのか、どのように対処すればよいのかを考えていきます。

 

2.2 MAN (人)

 中国工場で人と言えば中国人の問題ですね。ただ中国人と言っても漠然としすぎているので、ここでも区分して考えていく必要があります。 その区分とそれぞれが持っている問題点・特徴を下図にまとめました。日系工場では、これに加えて日本から赴任した日本人駐在員の問題があります。駐在員自身の問題である場合と駐在員が抱えている問題とがあります。

 【中国工場の階層】

  • 経営層(総経理・工場長)、TOPの姿勢の問題、片腕となる中国人の...

 品質マネジメント

【第2章 中国工場の実状を知る】

 中国製造業に関わる仕事をするときに先ず必要なことは、中国製造業=中国工場の実状を知ることです。それが自社工場の場合もあるでしょうし、中国のサプライヤーの場合もあると思います。中国工場では、どのよう人たちが、どのような管理でものづくりをしているのかを理解することが第一歩です。そして、日本工場と何が違うのかを見ていくとやるべきことが見えてくるのではないかと思います。

 第2章では、その中国工場の実状を生産の3要素(3M)を切り口として捉えました。

2.1 中国工場の品質管理の問題点を3Mで捉える。

 中国企業や中国工場と関わりのある仕事をしている読者の方も中国工場の品質が悪いのはなぜなのか?問題点は何だろうか?と考えることがあると思います。きっとさまざまなことが浮かんできたのではないでしょうか。ただ、あまりに多くのことがありすぎて何が何だか分からなくなる、一向にまとまらないという経験をされているのではないかと推察しています。このようなときはある切り口を持って考えると漏れなくダブりなくまとめることができます。そこで本書では生産の3要素(3M)を切り口として中国工場の問題点を考えました。

 3Mはご存知の通り、次の頭文字を取ったものです。

  • MAN (人)
  • MACHINE (機械)
  • MATERIAL (材料)

 これからこの3Mについて、中国工場ではどのような状況なのか、どのような問題があるのか、どのように対処すればよいのかを考えていきます。

 

2.2 MAN (人)

 中国工場で人と言えば中国人の問題ですね。ただ中国人と言っても漠然としすぎているので、ここでも区分して考えていく必要があります。 その区分とそれぞれが持っている問題点・特徴を下図にまとめました。日系工場では、これに加えて日本から赴任した日本人駐在員の問題があります。駐在員自身の問題である場合と駐在員が抱えている問題とがあります。

 【中国工場の階層】

  • 経営層(総経理・工場長)、TOPの姿勢の問題、片腕となる中国人の問題
  • 管理者層(科長・組長・班長)、育成しなければ育たない、工場のQCDを支えるキーパソン
  • 作業者層、何も知らない、仕事や品質に対する意識が低い、離職率が高い、定着しない、

 中国工場で働いている作業者とは、いったいどんな人だちなのでしょうか。次回は「作業者」から解説します。

 【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行   筆者のご承諾により、抜粋を連載

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「人的資源マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
中国工場の品質改善(その9) 中国工場の実状を知る

  【第2章 中国工場の実状を知る】 【管理者について】  前回のその8に続いて解説します。   【管理者】  ここで...

  【第2章 中国工場の実状を知る】 【管理者について】  前回のその8に続いて解説します。   【管理者】  ここで...


教育システムの設計:多能工・技能工人材の育成(その5)

 前回のその4に続いて解説します。近年は、中小ものづくり企業にとって、より高度な技術や多品種少量生産・変種変量生産に耐えうる企業体質への変革が求められてい...

 前回のその4に続いて解説します。近年は、中小ものづくり企業にとって、より高度な技術や多品種少量生産・変種変量生産に耐えうる企業体質への変革が求められてい...


中国工場の品質改善(その15) 中国工場の実状を知る、日本人駐在員について

  【第2章 中国工場の実状を知る】 【日本人駐在員について】  前回のその14に続いて解説します。 ◆ 中国工場のトップは孤独 ...

  【第2章 中国工場の実状を知る】 【日本人駐在員について】  前回のその14に続いて解説します。 ◆ 中国工場のトップは孤独 ...


「人的資源マネジメント」の活用事例

もっと見る
人的資源マネジメント:思考のクセやワナを知って強くなる(その1)

 レジリエンスを高める方法について解説を続けていますが、今回はレジリエンスを高める4つ目の方法「心理的柔軟性(Mental Agility)」を解説します...

 レジリエンスを高める方法について解説を続けていますが、今回はレジリエンスを高める4つ目の方法「心理的柔軟性(Mental Agility)」を解説します...


製品・技術開発力強化策の事例(その45)‐能力開発のシステム創り

◆能力開発のシステム化に必要不可欠の条件。   前回の事例その44に続いて解説します。    (1) 情報伝達の仕組み創り   (2) 目標を明確にす...

◆能力開発のシステム化に必要不可欠の条件。   前回の事例その44に続いて解説します。    (1) 情報伝達の仕組み創り   (2) 目標を明確にす...


人的資源マネジメント:リーダーを育てる製品開発(その3)

 前回のその2に続いて解説します。   5. 小森さんの変身    この取り組みをはじめてから1年半後、小森さんはプロジェクト...

 前回のその2に続いて解説します。   5. 小森さんの変身    この取り組みをはじめてから1年半後、小森さんはプロジェクト...