中国工場の品質改善(その26) 中国工場の実状を知る、部品・材料について

生産マネジメント

【第2章 中国工場の実状を知る】

【日本工場と中国工場の違い】

 前回のその25に続いて解説します。

 ここでは、3M(人、設備、材料)それぞれについて、中国工場と日本工場との違いを再確認します。

【日本工場の作業者】

  • ベテラン(熟練者)が多い 
  • ノウハウを持っている
  • ベテランが教えることができる
  • 一定レベルの意識、知識

【中国工場の作業者】

  • 熟練者がいない、少ない
  • ノウハウがない
  • 教えることができるベテランがいない
  • 何も知らないレベル

【日本工場、機械】

  • 使いこなす
  • 予防保全もできる

【中国工場、機械】

  • 使いこなせない
  • 予防保全は苦手

【日本工場、材料】 

  • 中国企業部材の品質に困っている

【中国工場、材料】

  • 同じように困っている

(1)作業者

 人(MAN)では作業者に着目します。

 中国工場と日本工場では、作業者が持っている素養が大きく違います。日本の工場作業者は一定レベルの意識や知識を持っていますが、中国ではそうではありません。また、日本工場ではベテランの作業者が多くいて、その人たちがノウハウを持っています。中国の作業者は、まだまだそうした域に達しません。教育面では、日本でも中小企業は教育の仕組みはありませんが、ベテランが若手に教えることでそれをカバーしています。

 

(2)設備・機械

 日本と同じ機械を持っていても使いこなすスキルがまだまだ中国は不十分です。日本は機械を買ったら自社で使い易いようにカスタマイズすることをしますが、中国はそのノウハウがありません。買ったまま使っていますし、場合によっては機械の性能を十分に活かしていません。設備保全の面では、中国人は予防保全が非常に苦手です。問題が...

生産マネジメント

【第2章 中国工場の実状を知る】

【日本工場と中国工場の違い】

 前回のその25に続いて解説します。

 ここでは、3M(人、設備、材料)それぞれについて、中国工場と日本工場との違いを再確認します。

【日本工場の作業者】

  • ベテラン(熟練者)が多い 
  • ノウハウを持っている
  • ベテランが教えることができる
  • 一定レベルの意識、知識

【中国工場の作業者】

  • 熟練者がいない、少ない
  • ノウハウがない
  • 教えることができるベテランがいない
  • 何も知らないレベル

【日本工場、機械】

  • 使いこなす
  • 予防保全もできる

【中国工場、機械】

  • 使いこなせない
  • 予防保全は苦手

【日本工場、材料】 

  • 中国企業部材の品質に困っている

【中国工場、材料】

  • 同じように困っている

(1)作業者

 人(MAN)では作業者に着目します。

 中国工場と日本工場では、作業者が持っている素養が大きく違います。日本の工場作業者は一定レベルの意識や知識を持っていますが、中国ではそうではありません。また、日本工場ではベテランの作業者が多くいて、その人たちがノウハウを持っています。中国の作業者は、まだまだそうした域に達しません。教育面では、日本でも中小企業は教育の仕組みはありませんが、ベテランが若手に教えることでそれをカバーしています。

 

(2)設備・機械

 日本と同じ機械を持っていても使いこなすスキルがまだまだ中国は不十分です。日本は機械を買ったら自社で使い易いようにカスタマイズすることをしますが、中国はそのノウハウがありません。買ったまま使っていますし、場合によっては機械の性能を十分に活かしていません。設備保全の面では、中国人は予防保全が非常に苦手です。問題が起きれば生産ができないので対処しますが、予防保全は問題が起きていないときに起きるのを防ぐために対処することです。中国人は、起きていない問題に対して何かするという考えがあまりありません。

 次回は、(3)部品・材料から続けます。

【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行 筆者のご承諾により、抜粋を連載

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
儲かるメーカー改善の急所101項(その11) 訓練の重要さ

  1.モノづくり〈基本の基本〉 ◆ 訓練の重要さ  皆さんのなかに最近、何かのことで上達するために練習するといったことをされた方はい...

  1.モノづくり〈基本の基本〉 ◆ 訓練の重要さ  皆さんのなかに最近、何かのことで上達するために練習するといったことをされた方はい...


商売繁盛に向けた「ものづくり改善」(その4)付加価値生産性を高めるということ

【この連載:商売繁盛に向けた「ものづくり改善」(その1)へのリンク】 【この連載:商売繁盛に向けた「ものづくり改善」(その2)へのリンク】 【この...

【この連載:商売繁盛に向けた「ものづくり改善」(その1)へのリンク】 【この連載:商売繁盛に向けた「ものづくり改善」(その2)へのリンク】 【この...


儲かるメーカー改善の急所101項(その96)付加価値を付ける方法

  7、これからのモノづくり経営  前回の儲かるメーカー改善の急所101項(その95)工場のショールーム化に続いて、解説します。 ◆ ...

  7、これからのモノづくり経営  前回の儲かるメーカー改善の急所101項(その95)工場のショールーム化に続いて、解説します。 ◆ ...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
伸びる金型メーカーの秘訣 (その32)金型構造設計の3次元化

        今回、紹介するプレス金型メーカーは、以前にも登場したことのあるS金型です。同社は、自動車のシ...

        今回、紹介するプレス金型メーカーは、以前にも登場したことのあるS金型です。同社は、自動車のシ...


新規調達先および資材の認定について

        今回は、新規調達先を選定する場合の注意点について解説します。特に、精密樹脂部品の発注先で計測限界に近い高い加工精度が要求される場合を...

        今回は、新規調達先を選定する場合の注意点について解説します。特に、精密樹脂部品の発注先で計測限界に近い高い加工精度が要求される場合を...


異物混入:鳥の羽の混入

 以前、製品のパッケージがネズミにかじられて使いものにならなくなったと記事を読んだことがありました。その記事は、このようなものでした。サプライヤーの一社の...

 以前、製品のパッケージがネズミにかじられて使いものにならなくなったと記事を読んだことがありました。その記事は、このようなものでした。サプライヤーの一社の...