中国工場の品質改善(その72) 新規開拓のどこを見ればよいか

中国

 前回のその71に続いて解説します。

【第4章】中国新規取引先選定のポイント

◆ 初回生産への立ち合いと量産後の不良率を確認

 量産立ち上げ時は、いろいろ問題が起きますので必ず立ち会ってください。想定外の問題など生産委託先では対処できず、設計側でないと判断できないこともあります。生産上の問題に加え、検査がきちんとできているか、基準はこちらが要求した通りになっているかなど流出防止が機能していることも確認します。

 諸々確認をして仕様書を取り交わしたとしても実際にすべてが問題なく生産できるとは限りませんので、量産開始後に先方の生産状況を確認しましょう。不良率が高い場合は、何らかの手を打たないと問題が起きる可能性が高いといえます。

 中国で起きる問題としては、作り易い部品や材料に勝手に変更してしまうことです。ですからそのような場合は、こちらからフォローをしてあげることが必要です。例えば、品質改善支援をして不良率を下げるようにすることや、許容できるところはしてあげることなどです。

 ただし、無制限に許容するということではありません。あくまでも可能な部分についてということです。

 取引先が出来ると言ったのだから、不良率が高かろうとこっちには関係ないという考え方ですと、長い目で見たときに良い関係は築けません。やはり取引先にも適切な利益を取らせないと商売は長く続きません。

【中国異文化コミュニケーション】

◆ 中国人と信頼関係を築くコミュニケーションの取り方

(1)日本式はほどほどに

 中国人と日本人は外見的には近いものがありますが、気質や考え方、習慣、常識、価値観など中身においては、多くの面で異なっています。日本で上手くいったからといって日本式のやリ方をそのまま持ち込んでも、上手くいかないケースが多々あります。日本式のやリ方を押し付けず、その良い点を活かしつつ中国流にアレンジすることも必要です。

(2)中国人との接し方

 前述したように、中国工場の日本人は常に見られていると考えてください。中国工場に駐在した経験のある人は実感しているのではないでしょうか。それほど中国人は、赴任して来た日本人をよく見ています。例えば実力。「今度来た日本人はどのくらいできるやつなのか」と値踏みをしています。さらに「どのような態度で接してくるのか」、給料もいくらなのか知っています。
 中国人とうまくいかなかった失敗パターンの典型的な例を二つ紹介します。

①上から目線で接する

 若い日本人が、知らず知らずの内に中国人を見下している言動や態度がみられます。

②上からの指示・命令には絶対従うと思っている

 上の立場から指示・命令すれば言うことを聞<と思っている人がいます。中国経験の長い年輩の鈴木さ...

中国

 前回のその71に続いて解説します。

【第4章】中国新規取引先選定のポイント

◆ 初回生産への立ち合いと量産後の不良率を確認

 量産立ち上げ時は、いろいろ問題が起きますので必ず立ち会ってください。想定外の問題など生産委託先では対処できず、設計側でないと判断できないこともあります。生産上の問題に加え、検査がきちんとできているか、基準はこちらが要求した通りになっているかなど流出防止が機能していることも確認します。

 諸々確認をして仕様書を取り交わしたとしても実際にすべてが問題なく生産できるとは限りませんので、量産開始後に先方の生産状況を確認しましょう。不良率が高い場合は、何らかの手を打たないと問題が起きる可能性が高いといえます。

 中国で起きる問題としては、作り易い部品や材料に勝手に変更してしまうことです。ですからそのような場合は、こちらからフォローをしてあげることが必要です。例えば、品質改善支援をして不良率を下げるようにすることや、許容できるところはしてあげることなどです。

 ただし、無制限に許容するということではありません。あくまでも可能な部分についてということです。

 取引先が出来ると言ったのだから、不良率が高かろうとこっちには関係ないという考え方ですと、長い目で見たときに良い関係は築けません。やはり取引先にも適切な利益を取らせないと商売は長く続きません。

【中国異文化コミュニケーション】

◆ 中国人と信頼関係を築くコミュニケーションの取り方

(1)日本式はほどほどに

 中国人と日本人は外見的には近いものがありますが、気質や考え方、習慣、常識、価値観など中身においては、多くの面で異なっています。日本で上手くいったからといって日本式のやリ方をそのまま持ち込んでも、上手くいかないケースが多々あります。日本式のやリ方を押し付けず、その良い点を活かしつつ中国流にアレンジすることも必要です。

(2)中国人との接し方

 前述したように、中国工場の日本人は常に見られていると考えてください。中国工場に駐在した経験のある人は実感しているのではないでしょうか。それほど中国人は、赴任して来た日本人をよく見ています。例えば実力。「今度来た日本人はどのくらいできるやつなのか」と値踏みをしています。さらに「どのような態度で接してくるのか」、給料もいくらなのか知っています。
 中国人とうまくいかなかった失敗パターンの典型的な例を二つ紹介します。

①上から目線で接する

 若い日本人が、知らず知らずの内に中国人を見下している言動や態度がみられます。

②上からの指示・命令には絶対従うと思っている

 上の立場から指示・命令すれば言うことを聞<と思っている人がいます。中国経験の長い年輩の鈴木さん(仮名)という方がそうでした。鈴木さんは定年後の再就職で、ある中国工場の工場長になりましたが、上手くいかず1年で辞めました。

 中国人とどのような接し方をすれば良いかについてポイントはいろいろあると思いますが、一つ挙げるとすれば「価値観、判断基準」がぶれないことだと思います。問題が起きるたびに判断基準が変わったり、言うことが変わったりするようでは、中国人スタッフに信用されません。

 次回は、(3)中国人に対する指示の出し方から解説を続けます。

 【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行、筆者のご承諾により抜粋を連載 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
中国工場の品質改善(その45) 中国工場の実状を知る

 前回のその44に続いて解説します。 【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方 【3.12 中国要因事例】  中国工場で改善フローを進める時...

 前回のその44に続いて解説します。 【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方 【3.12 中国要因事例】  中国工場で改善フローを進める時...


中小製造業の利益の出るトヨタ式生産管理のポイント(その3)

 前回のその2に続いて解説します。 ◆関連解説『トヨタ生産方式とは』    受注生産を行っている、ものづくり中小企業において生命線とも...

 前回のその2に続いて解説します。 ◆関連解説『トヨタ生産方式とは』    受注生産を行っている、ものづくり中小企業において生命線とも...


レイアウトと物流(その6)ピッキングの仕方で工数削減できる

  1.品番で探すと非常に時間が掛かり、間違いも多い 倉庫業務のピッキング作業は、多品種小ロット化になって部品数はドンドン増えており、ピ...

  1.品番で探すと非常に時間が掛かり、間違いも多い 倉庫業務のピッキング作業は、多品種小ロット化になって部品数はドンドン増えており、ピ...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
伸びる金型メーカーの秘訣 (その2) 金型製作内製化事例

   プレスメーカーであるK社が2年前から行っている金型製作内製化の取り組み事例を解説します。   1. 3次元CAD/CAMの...

   プレスメーカーであるK社が2年前から行っている金型製作内製化の取り組み事例を解説します。   1. 3次元CAD/CAMの...


検証記録が残せていない事例

  ◆ 位置決め方法を再改善するもまだ足りないものが  この中国企業ではプレスで鉄製支柱の穴あけ加工をやっていた。重要寸法である穴位置は...

  ◆ 位置決め方法を再改善するもまだ足りないものが  この中国企業ではプレスで鉄製支柱の穴あけ加工をやっていた。重要寸法である穴位置は...


製品・技術開発力強化策の事例(その33)‐段取り替え時間の短縮‐

 前回の事例その32に続いて解説します。繰り返し性のある大量生産品はアジアの各国に生産拠点が移転し、多品種少量の生産が当然の状態になっています。つまり、段...

 前回の事例その32に続いて解説します。繰り返し性のある大量生産品はアジアの各国に生産拠点が移転し、多品種少量の生産が当然の状態になっています。つまり、段...