中国工場の品質改善(その66) 新規開拓のどこを見ればよいか

中国

 前回のその65に続いて解説します。

【第4章】中国新規取引先選定のポイント

◆ 立派な作業指導書には要注意

 今後有望と期待されていた中国企業を新規取引先候補の一つとして工場監査を行ったことがありました。その工場は原料ペレットの製造工程とそれを使う成形工程とに大きく分かれていました。原料ペレットの製造工程では、金属の原料粉を粉砕して所定の大きさにした後、樹脂と混合しますが、この工程が成形工程の品質に与える影響が大きく、とても重要になります。原料ペレット製造工程の現場で作業指導書の内容をチェックしたところ、申し分のない内容となっていました。引き続き工程の作業記録をチェックしたのですが、記録から作業が作業指導書通りに行われていないことが分かりました。

 どうしてそのようなことになっているのかを調べていくと、意外なことが判明しました。なんと作業指導書に記載されている通りに作業することが実質的に出来ないことが分かったのです。

 この会社は、まだ設立数年という立ち上げ期にあるが故に、何人かのキーパーソンを技術や品管など専門ごとに置き、すべてを任す体制で運営管理していました。生産を含む技術部門も一人のキーマンが、すべてを見ていました。そのキーマンが理想の作業を実際にできるかどうかを確認せずに記載していたということだったのです。

 このようなこともあるので、作業指導書の内容に問題がない場合でも記録で実施状況を確認することを怠ってはいけないということです。

◆ 検査が機能していること

(1)検査で確実に不良品を検出できること

 製造業においては「不良品ゼロ」を目標にしますが、残念ながら現実には不可能です。発生させてしまった不良品を検査で確実に検出し、後工程や顧客に渡さないことが検査の重要な役割です。実施している検査で不良品を確実に捕まえることができているかどうかをチェックします。

(2)計測機器の校正管理

 計測機器の校正管理は、IS09001の要求事項になっているのでISOを取得している企業であれば、行われているはずです。仮にISOを取得していない中国企業で...

中国

 前回のその65に続いて解説します。

【第4章】中国新規取引先選定のポイント

◆ 立派な作業指導書には要注意

 今後有望と期待されていた中国企業を新規取引先候補の一つとして工場監査を行ったことがありました。その工場は原料ペレットの製造工程とそれを使う成形工程とに大きく分かれていました。原料ペレットの製造工程では、金属の原料粉を粉砕して所定の大きさにした後、樹脂と混合しますが、この工程が成形工程の品質に与える影響が大きく、とても重要になります。原料ペレット製造工程の現場で作業指導書の内容をチェックしたところ、申し分のない内容となっていました。引き続き工程の作業記録をチェックしたのですが、記録から作業が作業指導書通りに行われていないことが分かりました。

 どうしてそのようなことになっているのかを調べていくと、意外なことが判明しました。なんと作業指導書に記載されている通りに作業することが実質的に出来ないことが分かったのです。

 この会社は、まだ設立数年という立ち上げ期にあるが故に、何人かのキーパーソンを技術や品管など専門ごとに置き、すべてを任す体制で運営管理していました。生産を含む技術部門も一人のキーマンが、すべてを見ていました。そのキーマンが理想の作業を実際にできるかどうかを確認せずに記載していたということだったのです。

 このようなこともあるので、作業指導書の内容に問題がない場合でも記録で実施状況を確認することを怠ってはいけないということです。

◆ 検査が機能していること

(1)検査で確実に不良品を検出できること

 製造業においては「不良品ゼロ」を目標にしますが、残念ながら現実には不可能です。発生させてしまった不良品を検査で確実に検出し、後工程や顧客に渡さないことが検査の重要な役割です。実施している検査で不良品を確実に捕まえることができているかどうかをチェックします。

(2)計測機器の校正管理

 計測機器の校正管理は、IS09001の要求事項になっているのでISOを取得している企業であれば、行われているはずです。仮にISOを取得していない中国企業であっても、この校正管理は実施していることが必要です。校正管理ができていないとすれば、検査の信頼院が担保されていないことになります。経営トップや品管責任者が、校正管理の重要性を認識していない場合、取引可否は慎重に判断する必要があります。

 次回は、工場の雰囲気。から解説を続けます。

 【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行、筆者のご承諾により抜粋を連載 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
商売繁盛に向けた「ものづくり改善」(その4)付加価値生産性を高めるということ

【この連載:商売繁盛に向けた「ものづくり改善」(その1)へのリンク】 【この連載:商売繁盛に向けた「ものづくり改善」(その2)へのリンク】 【この...

【この連載:商売繁盛に向けた「ものづくり改善」(その1)へのリンク】 【この連載:商売繁盛に向けた「ものづくり改善」(その2)へのリンク】 【この...


中国工場の品質改善(その82) 中国企業改善指導のポイント

 前回のその81に続いて解説します。 【第5章】中国企業改善指導のポイント 6、2つの視点で考える~長期視点~  2つの視点で考える~短期視点~...

 前回のその81に続いて解説します。 【第5章】中国企業改善指導のポイント 6、2つの視点で考える~長期視点~  2つの視点で考える~短期視点~...


P/L再生(収益性向上)の具体的手法 (その1) スループットバランス分析とは

 金融関係者や会計士が主体で行われる企業再生では、B/S面でのデューデリジェンスをベースにした資産や債務の処理が優先されることが多いようです。B/S面での...

 金融関係者や会計士が主体で行われる企業再生では、B/S面でのデューデリジェンスをベースにした資産や債務の処理が優先されることが多いようです。B/S面での...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
中国企業の壁(その47) 決め打ちになっている不良原因の分析

        工場のレベルを上げ、中国で生き残るための条件としては、日系工場であっても中国人スタッフによる品質改善を進めることが出来るようにするこ...

        工場のレベルを上げ、中国で生き残るための条件としては、日系工場であっても中国人スタッフによる品質改善を進めることが出来るようにするこ...


多品種少ロット生産現場の人材育成と納期管理

1. 多能工化    多能工化、進めないといけないのはわかているけど、なかなかうまく進まないな、という企業は多いと思います。私自身、金型設計...

1. 多能工化    多能工化、進めないといけないのはわかているけど、なかなかうまく進まないな、という企業は多いと思います。私自身、金型設計...


伸びる金型メーカーの秘訣 (その42) 金型メーカーのトライ担当者に要求されるようなスキルとは

 今回紹介するプレスメーカーは、K株式会社です。筆者は、定期的に同社の技術者教育を担当させていただいており、今回はトライと金型保全担当者の集合教育と個...

 今回紹介するプレスメーカーは、K株式会社です。筆者は、定期的に同社の技術者教育を担当させていただいており、今回はトライと金型保全担当者の集合教育と個...