中国工場の品質改善(その45) 中国工場の実状を知る

中国工場

 前回のその44に続いて解説します。

【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方

【3.12 中国要因事例】

 中国工場で改善フローを進める時、中国独特の要因を見逃さないことが大事だと話しました。ここでは、その中国独特の要因について3Mに方法と測定を加えた5Mを切り口として、それぞれについて起こり得る問題を取り上げます。

(1)人

 人、ここでは作業者としましょう。作業者に関してスキルが向上しないという現象があります。その要因を見ていくと、作業者の流動性(離職率)が高く定着しないので、スキルがなかなか向上しないということになります。さらに探っていくと、離職に関しては季節性があることが分かります。

 中国の離職率は、年間を通して一定ではありません。2月の春節(旧正月)、5月の労働節、そして10月の国慶節という三つの大きな休みがあり、その前後で離職率が高くなります。特に春節の時が人の流動が一番高くなります。中国の会社は春節の時にボーナスを出すので、それをもらって会社を辞める作業者が多くいます。

 この季節性がどのような影響を与えるかというと離職者が増えることでその補充をすることになりますから春節後の工場には新人作業者が大勢集まることになります。慣れない新人が作業に当たるため当然、品質に影響が出ます。ある日系工場が不良率のデータを見たところ、やはり春節後の不良率が高くなっていたそうです。

 自社工場でこのようなことにならないよう十分注意してほしいと思います。また取引先においても同じことがいえるので、購入している部材についても、春節後の生産品の品質には十分注意が必要です。

 次に、5Mの現象と原因を整理して示します。

  • Man(人):スキルが向上しない。原因:従業員が定着しない。さらに季節性も影響する。
  • Machine(機械、設備):機械の調子が悪い。チョコ停が多い。原因:メンテナンスをしない⇒重要性を理解していない。
  • Material(材料、部品):勝手な変更。原因:単純ミス、仕様取り交わし不備。部材がない(発注ミス、納期遅れ)。コストが合わない。
  • ...

中国工場

 前回のその44に続いて解説します。

【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方

【3.12 中国要因事例】

 中国工場で改善フローを進める時、中国独特の要因を見逃さないことが大事だと話しました。ここでは、その中国独特の要因について3Mに方法と測定を加えた5Mを切り口として、それぞれについて起こり得る問題を取り上げます。

(1)人

 人、ここでは作業者としましょう。作業者に関してスキルが向上しないという現象があります。その要因を見ていくと、作業者の流動性(離職率)が高く定着しないので、スキルがなかなか向上しないということになります。さらに探っていくと、離職に関しては季節性があることが分かります。

 中国の離職率は、年間を通して一定ではありません。2月の春節(旧正月)、5月の労働節、そして10月の国慶節という三つの大きな休みがあり、その前後で離職率が高くなります。特に春節の時が人の流動が一番高くなります。中国の会社は春節の時にボーナスを出すので、それをもらって会社を辞める作業者が多くいます。

 この季節性がどのような影響を与えるかというと離職者が増えることでその補充をすることになりますから春節後の工場には新人作業者が大勢集まることになります。慣れない新人が作業に当たるため当然、品質に影響が出ます。ある日系工場が不良率のデータを見たところ、やはり春節後の不良率が高くなっていたそうです。

 自社工場でこのようなことにならないよう十分注意してほしいと思います。また取引先においても同じことがいえるので、購入している部材についても、春節後の生産品の品質には十分注意が必要です。

 次に、5Mの現象と原因を整理して示します。

  • Man(人):スキルが向上しない。原因:従業員が定着しない。さらに季節性も影響する。
  • Machine(機械、設備):機械の調子が悪い。チョコ停が多い。原因:メンテナンスをしない⇒重要性を理解していない。
  • Material(材料、部品):勝手な変更。原因:単純ミス、仕様取り交わし不備。部材がない(発注ミス、納期遅れ)。コストが合わない。
  • Method(方法):手順書(ルール)を守らない。原因:存在自体を知らない。守れない(不可抗力)。守る意思がない。
  • MeaSurement(測定、検査):検査が甘くなる。原因:不良率が高い。納期が間に合わない。数量が足りなくなる。

 次回は、(2) Machine(機械、設備)から解説を続けます。 

 【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行、筆者のご承諾により抜粋を連載 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
中国工場の品質改善(その20) 中国工場の実状を知る、日本人駐在員について

  【第2章 中国工場の実状を知る】 【設備ノウハウの落し込み】  前回のその19に続いて解説します。 (3)中国人にどこまで求める...

  【第2章 中国工場の実状を知る】 【設備ノウハウの落し込み】  前回のその19に続いて解説します。 (3)中国人にどこまで求める...


見える化(その5)管理板から活動管理板へ

  ◆ 従業員に読まれる管理板の作り方教えます! 1. 今一度、管理板の目的を考える  コンサルタントが工場を訪問してまず見るものは、...

  ◆ 従業員に読まれる管理板の作り方教えます! 1. 今一度、管理板の目的を考える  コンサルタントが工場を訪問してまず見るものは、...


レイアウトと物流(その4)構内物流をバス運行表のように回す

  1.顧客からの要求リードタイムがますます短くなってきた 市場環境の激化から、顧客からはリードタイム短縮の要求がますます迫ってきていま...

  1.顧客からの要求リードタイムがますます短くなってきた 市場環境の激化から、顧客からはリードタイム短縮の要求がますます迫ってきていま...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
生産性向上は生産平準化でめざせ

 前回の『業務効率化による生産性革命の危険性』で解説した生産性を高めるにはどうすれば良いかですが、前回も書きましたようにこの「生産性」は、いかにたくさんの...

 前回の『業務効率化による生産性革命の危険性』で解説した生産性を高めるにはどうすれば良いかですが、前回も書きましたようにこの「生産性」は、いかにたくさんの...


3D加工における等高線加工と走査線加工、エンドミル条件を使い分けてますか

   今回は、CAD/CAMを使った3D加工において、主に仕上げ加工で使われる等高線加工と走査線加工について、同じ工具であっても、それぞれの主...

   今回は、CAD/CAMを使った3D加工において、主に仕上げ加工で使われる等高線加工と走査線加工について、同じ工具であっても、それぞれの主...


工場経営【 事例紹介 】

  工場経営、厳選記事が無料でお読みいただけます!   ◆現場技術の深部と作業の細部見抜く 経営者・管理者のような、会社の...

  工場経営、厳選記事が無料でお読みいただけます!   ◆現場技術の深部と作業の細部見抜く 経営者・管理者のような、会社の...