中国工場の品質改善(その13) 中国工場の実状を知る、日本人駐在員について

 

中国工場

【第2章 中国工場の実状を知る】

【日本人駐在員について】

 前回のその12に続いて解説します。

(1)中国駐在員失敗率

 中国工場における人の問題では、日本人駐在員も非常に重要な要素です。日本企業もグローバル化の波に乗って、どんどん海外に進出しています。会社の売り上げや経営に占める海外の割合も以前よりも格段に大きくなってきています。ですから海外の現地法人がきちんと仕事をするかどうか、中国に進出した企業であれば、中国工場が軌道に乗るかどうかが日本にある本社の経営に大きな影響を与えます。日本本社として、中国工場の業績、そして、中国工場を任せた駐在員、特に総経理や工場長がきちんとその役割を果たしてくれるかどうかが重要課題の一つとなっています。

 重要な役割を持った駐在員ですが、それに関して興味深いデータがあるので紹介します。あるところが日本企業の中国駐在員失敗率というデータを取りました。結果は、幅がありますが、失敗率は33~80%でした。

 この数値の意味は、少ない会社でも中国に送り込んだ3人に1人は失敗、多い会社では何と5人中4人が失敗ということを表しています。それだけ中国駐在が簡単なものではないということです。

【代表的な失敗要因】

  • 自分一人ですべてをやろうとした。(一人ですべてを回すのは無理と割り切ることも大事です。このポジションの方が中国で仕事をするには片腕となる中国人を持つことが必要です)
  • 中国人スタッフと信頼関係が築けなかった。
  • 日本で経験したことのな...

 

中国工場

【第2章 中国工場の実状を知る】

【日本人駐在員について】

 前回のその12に続いて解説します。

(1)中国駐在員失敗率

 中国工場における人の問題では、日本人駐在員も非常に重要な要素です。日本企業もグローバル化の波に乗って、どんどん海外に進出しています。会社の売り上げや経営に占める海外の割合も以前よりも格段に大きくなってきています。ですから海外の現地法人がきちんと仕事をするかどうか、中国に進出した企業であれば、中国工場が軌道に乗るかどうかが日本にある本社の経営に大きな影響を与えます。日本本社として、中国工場の業績、そして、中国工場を任せた駐在員、特に総経理や工場長がきちんとその役割を果たしてくれるかどうかが重要課題の一つとなっています。

 重要な役割を持った駐在員ですが、それに関して興味深いデータがあるので紹介します。あるところが日本企業の中国駐在員失敗率というデータを取りました。結果は、幅がありますが、失敗率は33~80%でした。

 この数値の意味は、少ない会社でも中国に送り込んだ3人に1人は失敗、多い会社では何と5人中4人が失敗ということを表しています。それだけ中国駐在が簡単なものではないということです。

【代表的な失敗要因】

  • 自分一人ですべてをやろうとした。(一人ですべてを回すのは無理と割り切ることも大事です。このポジションの方が中国で仕事をするには片腕となる中国人を持つことが必要です)
  • 中国人スタッフと信頼関係が築けなかった。
  • 日本で経験したことのない業務もやることになった。

 駐在員本人の資質によるところもありますが、本社サイドからのフォローも望まれます。次回は、総経理・工場長としての駐在です。

【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行   筆者のご承諾により、抜粋を連載

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「人的資源マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
2分で分かるレジリエンス

  エンゲージメント、レジリエンス、リーダーシップ、チームビルディング、ダイバーシティ、従業員満足、メンタルヘルス、アンガーマネジメントな...

  エンゲージメント、レジリエンス、リーダーシップ、チームビルディング、ダイバーシティ、従業員満足、メンタルヘルス、アンガーマネジメントな...


ワーク・エンゲージメントとは

◆「やる気」の数値化、グラフ化で効果を定量把握   ◆関連解説『人的資源マネジメントとは』  企画から設計、製造、販売、そして保守という広...

◆「やる気」の数値化、グラフ化で効果を定量把握   ◆関連解説『人的資源マネジメントとは』  企画から設計、製造、販売、そして保守という広...


【快年童子の豆鉄砲】(その3)仕事(職場)は自己実現の場

  【この連載の前回:【快年童子の豆鉄砲】(その2)仕事とは、人生観の具現の手段へのリンク】 1.はじめに 前弾では、仕事に対する取り...

  【この連載の前回:【快年童子の豆鉄砲】(その2)仕事とは、人生観の具現の手段へのリンク】 1.はじめに 前弾では、仕事に対する取り...


「人的資源マネジメント」の活用事例

もっと見る
信頼と信用の違い

 福島正伸というカリスマ・コンサルタントがいます。福島氏には数々の名言があるのですが、たまたま触れた次の言葉が心に残りました。    『1回...

 福島正伸というカリスマ・コンサルタントがいます。福島氏には数々の名言があるのですが、たまたま触れた次の言葉が心に残りました。    『1回...


人的資源マネジメント:モチベーションを支える自律性とは(その3)

  ◆ 人生を決めるポジティブ感情と3:1の法則    前回は、モチベーション(この連載では内発的動機づけによるやる気と考えてく...

  ◆ 人生を決めるポジティブ感情と3:1の法則    前回は、モチベーション(この連載では内発的動機づけによるやる気と考えてく...


人的資源マネジメント:脳を活性化する技術(その3)

3. スイッチを入れるための優位感覚    フローアライブは「五感レベル」あるいは「フローレベル」になることで、脳の働きを活性化させ、創造性...

3. スイッチを入れるための優位感覚    フローアライブは「五感レベル」あるいは「フローレベル」になることで、脳の働きを活性化させ、創造性...