中国工場の品質改善(その6) 中国工場の実状を知る

 

中国工場の品質

【第2章 中国工場の実状を知る】

 前回のその5に続いて解説します。

 
 

【作業者について】

 中国工場で働いている作業者とは、いったいどんな人だちなのでしょうか。

(3)中国人作業者のよい点

 これまで中国人作業者のネガティブな面ばかりを書きましたが、その一方で、中国人作業者にもよい点はあります。これがなければ中国で工場は成り立ちません。では、どんなよい点を持っているのでしょうか?

 ・残業を厭わずにやってくれる
 ・単調な作業でも文句を言わずやってくれる
 ・ちゃんと教えれば、その通りやってくれる

 などがよく言われています。ここではもう一つ紹介します。

 それは、目がとってもいいのです。中国の作業者は、17歳くらいから20代半ばくらいの若い人たちで、その人たちはとても目がいいのです。日本の工場と比べてみましょう。例えば日本で外観検査をしているのは、おばさまの検査員が多いですね。

 ですから、中国工場で作業者の目の良さを使った作業や検査をすることで、品質レベルを上げることにつなげられる可能性があります。今中国でも眼鏡をかけた女の人を多く見かけますが、作業者で眼鏡をかけている人は見かけません。

(4)昔も今も作業者のレベルは変わらない

 社会の発展に伴い中国でも大学進学率が高くなっています。ちなみに1998年の大学進学率は9.8%でしたが、2012年には26.7%に上昇しています。これに伴って、大学卒業者も増えているのですが、中国の社会問題の一つとして大学を卒業しても就職できない人が大勢いることがあります。

 では、そうした人たちが仕事がないからといって工場の作業者になるか?と言えば、絶対になりません。それは、大卒が求める賃金やプライドの問題があるからです。従って中国社会が成長しても、作業者になる人たちのレベルは昔と今で大きな差はない、変わらないと考えておくべきだと思います。

(5)中国工場での作業の考え方

 このような作業者たちに作業をやってもらうときの基本的な考え方は、作業を単純化して標準化することです。そしてマニュアルを整備してマニュアル通りに作業してもらうことです。つまり同じ作業は、同じ手順・同じ方法でやってもらうのです。今までの中国工場では、可能な限り作業を分解して単純化していました。つまり、ひとつひとつの作業を単純な作業にしていたのです。そして、この単純化した作業を標準作業として標準化し、マニュアルを作成してマニュアル通りに...

 

中国工場の品質

【第2章 中国工場の実状を知る】

 前回のその5に続いて解説します。

 
 

【作業者について】

 中国工場で働いている作業者とは、いったいどんな人だちなのでしょうか。

(3)中国人作業者のよい点

 これまで中国人作業者のネガティブな面ばかりを書きましたが、その一方で、中国人作業者にもよい点はあります。これがなければ中国で工場は成り立ちません。では、どんなよい点を持っているのでしょうか?

 ・残業を厭わずにやってくれる
 ・単調な作業でも文句を言わずやってくれる
 ・ちゃんと教えれば、その通りやってくれる

 などがよく言われています。ここではもう一つ紹介します。

 それは、目がとってもいいのです。中国の作業者は、17歳くらいから20代半ばくらいの若い人たちで、その人たちはとても目がいいのです。日本の工場と比べてみましょう。例えば日本で外観検査をしているのは、おばさまの検査員が多いですね。

 ですから、中国工場で作業者の目の良さを使った作業や検査をすることで、品質レベルを上げることにつなげられる可能性があります。今中国でも眼鏡をかけた女の人を多く見かけますが、作業者で眼鏡をかけている人は見かけません。

(4)昔も今も作業者のレベルは変わらない

 社会の発展に伴い中国でも大学進学率が高くなっています。ちなみに1998年の大学進学率は9.8%でしたが、2012年には26.7%に上昇しています。これに伴って、大学卒業者も増えているのですが、中国の社会問題の一つとして大学を卒業しても就職できない人が大勢いることがあります。

 では、そうした人たちが仕事がないからといって工場の作業者になるか?と言えば、絶対になりません。それは、大卒が求める賃金やプライドの問題があるからです。従って中国社会が成長しても、作業者になる人たちのレベルは昔と今で大きな差はない、変わらないと考えておくべきだと思います。

(5)中国工場での作業の考え方

 このような作業者たちに作業をやってもらうときの基本的な考え方は、作業を単純化して標準化することです。そしてマニュアルを整備してマニュアル通りに作業してもらうことです。つまり同じ作業は、同じ手順・同じ方法でやってもらうのです。今までの中国工場では、可能な限り作業を分解して単純化していました。つまり、ひとつひとつの作業を単純な作業にしていたのです。そして、この単純化した作業を標準作業として標準化し、マニュアルを作成してマニュアル通りに作業をしてもらうようにしていました。

 こうすることで、作業者には特別なスキルは必要なく、採用した人をすぐに生産現場に出すことができますOまた、仮に誰かが辞めたとしても、すぐに他の人で代わりが務まります。中国の作業者の流動性の高さも、こうした作業方法が広がった要因です。

 次回、(6)中国工場の作業を深堀して考える。に続きます。

 【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行   筆者のご承諾により、抜粋を連載

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「人的資源マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
技術企業の高収益化: 日本企業で挑戦的なテーマが進まないワケ

◆ 高収益経営者がならなければならない心理  「不退転の決意」…、A社の社長がこの言葉を発したのは、社内での会議中のことでした。今でも...

◆ 高収益経営者がならなければならない心理  「不退転の決意」…、A社の社長がこの言葉を発したのは、社内での会議中のことでした。今でも...


中国工場の品質改善(その16) 中国工場の実状を知る、日本人駐在員について

  【第2章 中国工場の実状を知る】   【日本人駐在員について】  前回のその15に続いて解説します。 (3)部長・科...

  【第2章 中国工場の実状を知る】   【日本人駐在員について】  前回のその15に続いて解説します。 (3)部長・科...


管理職が学べき面談技術とは (その1)

 毎年、新年度になると、年度方針や年度計画の話が、全社、事業部、部、課、チームといった組織の各階層で行われているのではないでしょうか。年度の初めに合わせて...

 毎年、新年度になると、年度方針や年度計画の話が、全社、事業部、部、課、チームといった組織の各階層で行われているのではないでしょうか。年度の初めに合わせて...


「人的資源マネジメント」の活用事例

もっと見る
人的資源マネジメント:「楽観性」を高めて逆境に強くなる(その1)

 前回は、自分の持っている徳性を知り、それを日常生活に活かすことで、より高い成果に結びつけることができるという話でした。徳性を知るツールとして VIA ア...

 前回は、自分の持っている徳性を知り、それを日常生活に活かすことで、より高い成果に結びつけることができるという話でした。徳性を知るツールとして VIA ア...


『坂の上の雲』に学ぶ先人の知恵(その13)

    『坂の上の雲』は司馬遼太郎が残した多くの作品の中で、最もビジネス関係者が愛読しているものの一つでしょう。これには企業がビジネ...

    『坂の上の雲』は司馬遼太郎が残した多くの作品の中で、最もビジネス関係者が愛読しているものの一つでしょう。これには企業がビジネ...


製品・技術開発力強化策の事例(その44)‐能力開発のシステム創り

●能力開発のシステム化に必要不可欠の条件。   前回の事例その43に続いて解説します。    (1) 情報伝達の仕組み創り   (2) 目標を明確にす...

●能力開発のシステム化に必要不可欠の条件。   前回の事例その43に続いて解説します。    (1) 情報伝達の仕組み創り   (2) 目標を明確にす...