中国工場の品質改善(その41) 中国工場の実状を知る

生産マネジメント

 前回のその40に続いて解説します。

【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方

【3.9 必要なデータは取れているか、活用出来ているか】

 いろいろなデータを見ることで工場の実態、本当の問題点を掴むようにする訳ですから、そのためにはデータが取れていることが前提です。

 筆者が多くの中国工場を見てきた経験からいうと、どんなにひどい中国企業の工場でもデータが全くないという工場はありませんでした。どんな工場であっても何らかの記録は付けています。

 ただし、本当に必要な記録・データが取れているかが問題です。必要なデータは何か、これを考えた上で取るべきデータを決めるようにします。例えば、生産工程でどのような検査を行うのか、不良を流出させないための検査もあれば、工程の状況を把握することを目的とした検査もあるので、十分検討してください。

 必要なデータが決まったらそれを取る、記録する仕組みを作ります。この時に記録をつけるための必要性を現場の班長さんや実際に記録する作業者、検査員に理解させることが大事です。そうしないと何も分からないまま、ただ記録することになり、いい加減な記録や漏れが出ることにつながります。

 何の作業でもそうですが、どうしてやるのか、必要なのかを説明し理解させた上で行ってもらうようにしましょう。

 データが取れたら次は活用に移行します。良い工場とそうでない工場の差が出るのはここです。

 「データを活用する」「フィードバックする」この二つが機能しているかどうかが大きな違いとなります。この2点ができている工場は、自力でPDCAが回せているので、スピードは別にしても改善が進んでいるといえます。

 しかし、データを活用していない工場は、PDCAが...

生産マネジメント

 前回のその40に続いて解説します。

【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方

【3.9 必要なデータは取れているか、活用出来ているか】

 いろいろなデータを見ることで工場の実態、本当の問題点を掴むようにする訳ですから、そのためにはデータが取れていることが前提です。

 筆者が多くの中国工場を見てきた経験からいうと、どんなにひどい中国企業の工場でもデータが全くないという工場はありませんでした。どんな工場であっても何らかの記録は付けています。

 ただし、本当に必要な記録・データが取れているかが問題です。必要なデータは何か、これを考えた上で取るべきデータを決めるようにします。例えば、生産工程でどのような検査を行うのか、不良を流出させないための検査もあれば、工程の状況を把握することを目的とした検査もあるので、十分検討してください。

 必要なデータが決まったらそれを取る、記録する仕組みを作ります。この時に記録をつけるための必要性を現場の班長さんや実際に記録する作業者、検査員に理解させることが大事です。そうしないと何も分からないまま、ただ記録することになり、いい加減な記録や漏れが出ることにつながります。

 何の作業でもそうですが、どうしてやるのか、必要なのかを説明し理解させた上で行ってもらうようにしましょう。

 データが取れたら次は活用に移行します。良い工場とそうでない工場の差が出るのはここです。

 「データを活用する」「フィードバックする」この二つが機能しているかどうかが大きな違いとなります。この2点ができている工場は、自力でPDCAが回せているので、スピードは別にしても改善が進んでいるといえます。

 しかし、データを活用していない工場は、PDCAが回っていないことになり、改善が進むことも期待できません。データをフィードバックする際には、グラフ化するなり層別するなど使う側が分かりやすい形で行うことが望まれます。

 次回は、3.10 品質課題解決の順序、から解説を続けます。

【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行、筆者のご承諾により抜粋を連載 

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
儲かるメーカー改善の急所101項(その98)投資の判断基準

  7、これからのモノづくり経営   前回の儲かるメーカー改善の急所101項(その97)中小工場の革新案に続いて、解説します。 &nb...

  7、これからのモノづくり経営   前回の儲かるメーカー改善の急所101項(その97)中小工場の革新案に続いて、解説します。 &nb...


レイアウトと物流(その2)モノを素早く動かそう

  1.モノには足がないので自ら動けない 在庫は諸悪の根源などと良く言われますが、その在庫や仕掛りになっているモノが動かないのは何故でし...

  1.モノには足がないので自ら動けない 在庫は諸悪の根源などと良く言われますが、その在庫や仕掛りになっているモノが動かないのは何故でし...


品質を考える(その7)検査は付加価値を生まない作業

  ◆ 検査は付加価値を生まない作業 1.品質を考える:検査は付加価値がなくても品質保証のためには必要  検査とは、加工(組立)、運搬...

  ◆ 検査は付加価値を生まない作業 1.品質を考える:検査は付加価値がなくても品質保証のためには必要  検査とは、加工(組立)、運搬...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
中国企業の壁(その18)中国語通訳の使い方には細心の注意が必要

        前回は、中国工場での指示が伝言ゲームになっている事例を紹介しました。これに関連して、今回は、中国語通訳の使い方の事例です。   ...

        前回は、中国工場での指示が伝言ゲームになっている事例を紹介しました。これに関連して、今回は、中国語通訳の使い方の事例です。   ...


マシニング加工における荒取りと仕上げは機械を分けるべきか

 「マシニング加工における荒取りと仕上げは機械を分けるべきか」この内容についてはコンサルティングの際、よく受ける相談でもありますし、マシニング加工がボ...

 「マシニング加工における荒取りと仕上げは機械を分けるべきか」この内容についてはコンサルティングの際、よく受ける相談でもありますし、マシニング加工がボ...


マシニング加工:リーマの下穴加工について

        普段当たり前に加工されているリーマの下穴加工ですが、いろんな会社さんを回っておりますと、実は...

        普段当たり前に加工されているリーマの下穴加工ですが、いろんな会社さんを回っておりますと、実は...