中国工場の品質改善(その82) 中国企業改善指導のポイント

中国

 前回のその81に続いて解説します。

【第5章】中国企業改善指導のポイント

6、2つの視点で考える~長期視点~

 2つの視点で考える~短期視点~は、中国工場の品質改善(その78) 中国企業改善指導のポイントからご覧下さい。

 長期的視点は、工程での作り込みを促すことで不良の発生を減らすとともに、中国工場が自分で改善サイクル(PDCA)を回せるような仕組みを整備・構築することです。中国企業と長く取り引きを続けるつもりがあるのであれば、まだ満足できるレベルではない中国企業を育てるという長期的な視点が必要です。ただしひと口に育成といっても容易なことではありません。

 特に心しておかなくてはならないのは、日系企業と同じようにはいかないということです。

 育てるとは、先方に不足している技術・工程管理・品質管理などを指導して、安定的に取引可能なレベルに引き上げることです。レベルを引き上げる時に大事なことは、少しずつで良いので停滞させず前に進めることです。例え小さな一歩でも、積み重なれば大きな歩みになります。

 中国企業を育成するときのポイントを一つ紹介すると「理由」を理解させることです。例えば、工程で管理しなければならない項目はいくつもありますが、その項目はなぜ管理が必要なのかをきちんと理解させましょう。「ただ必要だから管理しろ」でもやれないことはありませんが、理由を理解することで間違いのない管理ができるようになります。

 品質管理では、実施している検査の内容を問います。その検査の内容(頻度、数量、タイミング)で品質を保証できるのか、作り方とのつながりはどうなっているのかをみて、不十分であればその理由を説明して理解させるようにすると良いと思います。

7、問題点を把握し対処する

 改善を進め育成するといっても、やみくもにやったのではうまくいかないので、問題点をしっかり把握した上で対応の順番と方法を決めます。問題点を把握するには、この連載で述べたように3Mや5Mを切り口として行うのが良いでしょう。ここでは、5Mを切り口とした典型的な問題点を表にしました。

中国

 また、発生...

中国

 前回のその81に続いて解説します。

【第5章】中国企業改善指導のポイント

6、2つの視点で考える~長期視点~

 2つの視点で考える~短期視点~は、中国工場の品質改善(その78) 中国企業改善指導のポイントからご覧下さい。

 長期的視点は、工程での作り込みを促すことで不良の発生を減らすとともに、中国工場が自分で改善サイクル(PDCA)を回せるような仕組みを整備・構築することです。中国企業と長く取り引きを続けるつもりがあるのであれば、まだ満足できるレベルではない中国企業を育てるという長期的な視点が必要です。ただしひと口に育成といっても容易なことではありません。

 特に心しておかなくてはならないのは、日系企業と同じようにはいかないということです。

 育てるとは、先方に不足している技術・工程管理・品質管理などを指導して、安定的に取引可能なレベルに引き上げることです。レベルを引き上げる時に大事なことは、少しずつで良いので停滞させず前に進めることです。例え小さな一歩でも、積み重なれば大きな歩みになります。

 中国企業を育成するときのポイントを一つ紹介すると「理由」を理解させることです。例えば、工程で管理しなければならない項目はいくつもありますが、その項目はなぜ管理が必要なのかをきちんと理解させましょう。「ただ必要だから管理しろ」でもやれないことはありませんが、理由を理解することで間違いのない管理ができるようになります。

 品質管理では、実施している検査の内容を問います。その検査の内容(頻度、数量、タイミング)で品質を保証できるのか、作り方とのつながりはどうなっているのかをみて、不十分であればその理由を説明して理解させるようにすると良いと思います。

7、問題点を把握し対処する

 改善を進め育成するといっても、やみくもにやったのではうまくいかないので、問題点をしっかり把握した上で対応の順番と方法を決めます。問題点を把握するには、この連載で述べたように3Mや5Mを切り口として行うのが良いでしょう。ここでは、5Mを切り口とした典型的な問題点を表にしました。

中国

 また、発生している不良の対策を進めて、当面の問題点を潰すことも当然やらなくてはなりません。そうした個別の不良に対する原因分析や対策の立案においても、5Mに基づき行うのはとても有効で、要因の見逃しがなくなります。個別の不良への対処と事前に不良発生の要因を潰すことを並行して行うのが理想です。

 次回は、問題点事例から解説を続けます。

 【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行、筆者のご承諾により抜粋を連載 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
中小製造業の利益の出るトヨタ式生産管理のポイント(その3)

 前回のその2に続いて解説します。 ◆関連解説『トヨタ生産方式とは』    受注生産を行っている、ものづくり中小企業において生命線とも...

 前回のその2に続いて解説します。 ◆関連解説『トヨタ生産方式とは』    受注生産を行っている、ものづくり中小企業において生命線とも...


現場改善:発想の転換 (その13)組み立ないで組み立てるとは

   工場の経営者から現場の従業員の方を対象として、現場改善:発想の転換をテーマに連載で解説します。固定観念を打ち崩しながら現場改善に留(...

   工場の経営者から現場の従業員の方を対象として、現場改善:発想の転換をテーマに連載で解説します。固定観念を打ち崩しながら現場改善に留(...


中国工場の品質改善(その46) 中国工場の実状を知る

 前回のその45に続いて解説します。 【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方   【3.12 中国要因事例】  (2) Mac...

 前回のその45に続いて解説します。 【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方   【3.12 中国要因事例】  (2) Mac...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
完璧な作業標準。でも実際は

1.事例:中国企業の工場  ものづくりの現場に作業標準または作業手順書は必須です。ないとどうなるかを考えてみれば、必須の理由がおのずとわかります。 ...

1.事例:中国企業の工場  ものづくりの現場に作業標準または作業手順書は必須です。ないとどうなるかを考えてみれば、必須の理由がおのずとわかります。 ...


中国企業の壁(その23)中国式金型のショット数管理

        一般的に金型の寿命管理は、ショット数管理と出来栄え管理の両面で行います。    ショット数管理は、あらかじめ生産数量(ショット数...

        一般的に金型の寿命管理は、ショット数管理と出来栄え管理の両面で行います。    ショット数管理は、あらかじめ生産数量(ショット数...


中国企業の壁(その25)中国式ショット数管理・会社規定との乖離

         前回ある中国工場(中国企業)での金型のショット数管理が中国式管理になっていたと書きました。日本で行われている金型のショット数管理と...

         前回ある中国工場(中国企業)での金型のショット数管理が中国式管理になっていたと書きました。日本で行われている金型のショット数管理と...