中国工場の品質改善(その75) 中国企業改善指導のポイント

生産マネジメント

 前回のその74に続いて解説します。

【第5章】中国企業改善指導のポイント

 第5章では、既存の取引先である中国企業の改善指導のポイントについて記します。

 自社工場の改善と取引先の改善で大きく異なることがあります。それは何でしょうか。答えは行動の主体が違うことです。自社工場の場合、行動の主体は自分たちであり、自分たちが頑張ることで改善することができますが取引先の場合、行動の主体は相手になりますので、自分たちがいくら頑張っても相手が動いてくれないことには改善は進みません。先方が動いてくれて、対応してくれてなんぼの世界なのです。ですから、取引先の改善を促す時は相手にどうしたら動いてもらえるか、対応してもらえるかを考えることが大事になります。

1、取引先に動いてもらうには

(1) 日経企業と同じスタンスで臨まない

 繰り返しますが、中国企業との取り引きでは日系企業を相手にするときと同じスタンスで臨んではいけません。日系企業なら難なく対応可能なことでも対応できないことが多々あります。日系企業と同じようなペースで改善が進むとは考えないことです。一度に大きな前進を望むのは無理でも、小さな前進なら出来るはずなので、それを繰り返していくことを考えます。小さな前進であっても長い目でみれば、大きな前進になるのですから。

(2) 諦めないこと

 中国企業がこちらの要求に対して、何も対応してくれないことですっかり諦めてしまい、購入は続けるものの改善要求をしなくなる日系企業もあります。これは最悪のパターンといえ、中国企業は何も文句を言わない顧客は、今の品質で満足していると勝手に考えます。もっとも何の文句も言わずに買い続けていたとすれば、それは自社の製品に満足しているからと、日本企業でもそう考えるのではないでしょうか。

 中国企業が何の対応もしないような場合でも「うちは今のおたくの品質には満足していない。もっと品質を良くしてくれないとだめなんだ...

生産マネジメント

 前回のその74に続いて解説します。

【第5章】中国企業改善指導のポイント

 第5章では、既存の取引先である中国企業の改善指導のポイントについて記します。

 自社工場の改善と取引先の改善で大きく異なることがあります。それは何でしょうか。答えは行動の主体が違うことです。自社工場の場合、行動の主体は自分たちであり、自分たちが頑張ることで改善することができますが取引先の場合、行動の主体は相手になりますので、自分たちがいくら頑張っても相手が動いてくれないことには改善は進みません。先方が動いてくれて、対応してくれてなんぼの世界なのです。ですから、取引先の改善を促す時は相手にどうしたら動いてもらえるか、対応してもらえるかを考えることが大事になります。

1、取引先に動いてもらうには

(1) 日経企業と同じスタンスで臨まない

 繰り返しますが、中国企業との取り引きでは日系企業を相手にするときと同じスタンスで臨んではいけません。日系企業なら難なく対応可能なことでも対応できないことが多々あります。日系企業と同じようなペースで改善が進むとは考えないことです。一度に大きな前進を望むのは無理でも、小さな前進なら出来るはずなので、それを繰り返していくことを考えます。小さな前進であっても長い目でみれば、大きな前進になるのですから。

(2) 諦めないこと

 中国企業がこちらの要求に対して、何も対応してくれないことですっかり諦めてしまい、購入は続けるものの改善要求をしなくなる日系企業もあります。これは最悪のパターンといえ、中国企業は何も文句を言わない顧客は、今の品質で満足していると勝手に考えます。もっとも何の文句も言わずに買い続けていたとすれば、それは自社の製品に満足しているからと、日本企業でもそう考えるのではないでしょうか。

 中国企業が何の対応もしないような場合でも「うちは今のおたくの品質には満足していない。もっと品質を良くしてくれないとだめなんだ」と言い続け、諦めることなく改善要求をし続けることが大事になります。

 中国に慣れ始めた人の中には、中国企業とはそういうものだと変な悟りを得てしまう場合もありますので、決してそうならず諦めずに前に進めましょう。

 次回は(3) キーマンを見つけるから解説を続けます。

 【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行、筆者のご承諾により抜粋を連載 

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
MRO(副資材)管理の実務とは

    【目次】 1. MRO(副資材)マスターリスト 2. MRO(副資材)マトリックス品番   1. MRO...

    【目次】 1. MRO(副資材)マスターリスト 2. MRO(副資材)マトリックス品番   1. MRO...


ものづくり工場の日常管理のしくみ(その6)

◆見える管理を進めたいが、どうすればいいか    「見える化」を進めるには、まず目的を明確にします。目的に応じて「見える化」の内容、進め方は...

◆見える管理を進めたいが、どうすればいいか    「見える化」を進めるには、まず目的を明確にします。目的に応じて「見える化」の内容、進め方は...


人材育成・組織・マネジメント(その5)教育と訓練

   工場の経営者から現場の従業員の方を対象として「人材育成・組織・マネジメント」をテーマに連載で解説します。今回はその第5回目となります...

   工場の経営者から現場の従業員の方を対象として「人材育成・組織・マネジメント」をテーマに連載で解説します。今回はその第5回目となります...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
伸びる金型メーカーの秘訣 (その27)参入障壁

 今回、紹介する金型メーカーは、株式会社Sです。同社は、PPやナイロン系の樹脂材料を成形素材とするモールド金型を製造するメーカーです。筆者が同社をサポート...

 今回、紹介する金型メーカーは、株式会社Sです。同社は、PPやナイロン系の樹脂材料を成形素材とするモールド金型を製造するメーカーです。筆者が同社をサポート...


現場の改善活動、マネジメントの課題。

       今回は、次のような現場を例に、現場の改善活動について解説します。    工場は約80名の規...

       今回は、次のような現場を例に、現場の改善活動について解説します。    工場は約80名の規...


伸びる金型メーカーの秘訣 (その8)汎用機械とNC機械(前編)

 今回、紹介する機械加工メーカーは、愛知県にあるK工業です。従業員は7名。主な事業は、産業機械設備の部品などのフライスや旋盤等、各種機械加工を行うことです...

 今回、紹介する機械加工メーカーは、愛知県にあるK工業です。従業員は7名。主な事業は、産業機械設備の部品などのフライスや旋盤等、各種機械加工を行うことです...