中国工場の品質改善(その57) 中国と日本企業の違いとは

中国

 前回のその56に続いて解説します。

【第4章】中国新規取引先選定のポイント

4.2 意識のずれを解消する

 中国企業との取り引きにあたっては、前述した日本企業との違い、つまりギャップを埋める作業をしなければなりません。日系企業を相手に取り引きする時と同じスタンスで臨んではいけません。筆者の経験上よく問題となるポイントをまとめました。

(1) 品質に対する考え方

 不良が出た時の対応に違いがある。中国は取り換えれば良いと考えている。

(2) 外観の品質基準

 日本と中国とでは持っている基準が異なる。日本の基準は世界一厳しい。

(3) スペックの謳い方

 中国企業は実力値をそのままスペックにする。日本企業はゲタをはかせる。

(4) 4M変動管理

 中国企業はまだこの管理の必要性・重要性を認識していない

◆ 買う側と売る側の意識を合わせる

 これは、日本企業同士でも起きる問題です。「買う側=使う側」と「売る側=作る側」との常識や当たり前が違うということです。作る側としては、作る時に押さえるべき項目があるのですが、それが使う側が重要視している項目と一致しているとは限らない訳です。それをお互い相手も自分たちと同じ認識でいると思ってしまうのです。使う側から重要視する項目などをしっかりと伝えること、どのように取り扱うのか、どのように使うのかなどの情報も作る側に伝えることが必要です。それによって「お互いの思い込み=意識のずれ」をなくします。

 以前プリント基板を使っていた時にあった事例です。

 あるプリント基板メーカーB社では、顧客のA社が設計した形状の基板を同じ向きにした原板設計にしていました。A社はメーカーから出された図面をそのまま承認しました。プリント基板は原板の大きさは決まっているので、その大きさの中で、いかに取り数を多くするかでコストが変わってきます。お互いに何の問題もなく何年も生産を続けていました。

 ある時A社がB社の工場監査のために訪問しました。その時、B社の技術者との打合せで「原板から基板の打ち抜き(取り出し)は、ロボットでやっていると認識している。ロボットで抜くので、方向性を合せるため同じ向きに設計した」との話がありました。

 しかし実際はA社ではロボットではなく、人が手で抜いていたのです。抜いた後も基板の方向性を気にすることなく箱に入れてい...

中国

 前回のその56に続いて解説します。

【第4章】中国新規取引先選定のポイント

4.2 意識のずれを解消する

 中国企業との取り引きにあたっては、前述した日本企業との違い、つまりギャップを埋める作業をしなければなりません。日系企業を相手に取り引きする時と同じスタンスで臨んではいけません。筆者の経験上よく問題となるポイントをまとめました。

(1) 品質に対する考え方

 不良が出た時の対応に違いがある。中国は取り換えれば良いと考えている。

(2) 外観の品質基準

 日本と中国とでは持っている基準が異なる。日本の基準は世界一厳しい。

(3) スペックの謳い方

 中国企業は実力値をそのままスペックにする。日本企業はゲタをはかせる。

(4) 4M変動管理

 中国企業はまだこの管理の必要性・重要性を認識していない

◆ 買う側と売る側の意識を合わせる

 これは、日本企業同士でも起きる問題です。「買う側=使う側」と「売る側=作る側」との常識や当たり前が違うということです。作る側としては、作る時に押さえるべき項目があるのですが、それが使う側が重要視している項目と一致しているとは限らない訳です。それをお互い相手も自分たちと同じ認識でいると思ってしまうのです。使う側から重要視する項目などをしっかりと伝えること、どのように取り扱うのか、どのように使うのかなどの情報も作る側に伝えることが必要です。それによって「お互いの思い込み=意識のずれ」をなくします。

 以前プリント基板を使っていた時にあった事例です。

 あるプリント基板メーカーB社では、顧客のA社が設計した形状の基板を同じ向きにした原板設計にしていました。A社はメーカーから出された図面をそのまま承認しました。プリント基板は原板の大きさは決まっているので、その大きさの中で、いかに取り数を多くするかでコストが変わってきます。お互いに何の問題もなく何年も生産を続けていました。

 ある時A社がB社の工場監査のために訪問しました。その時、B社の技術者との打合せで「原板から基板の打ち抜き(取り出し)は、ロボットでやっていると認識している。ロボットで抜くので、方向性を合せるため同じ向きに設計した」との話がありました。

 しかし実際はA社ではロボットではなく、人が手で抜いていたのです。抜いた後も基板の方向性を気にすることなく箱に入れていたので、箱に入っている基板の方向性はバラバラです。

 これを聞いたB社は、方向を合せる必要がないなら、原板上に設計する基板の向きを工夫することで取り数を増やすことができると言ってきました。もちろんA社はその提案を受け、変更を承認しました。

この問題はお互いの意識がずれ、しかもそれぞれ自社が考えていることが当たり前だと思っていたために生じたものです。

 次回に続きます。

【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行、筆者のご承諾により抜粋を連載 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
中国工場の品質改善(その64) 中国と日本企業の違いとは

 前回のその63に続いて解説します。 【第4章】中国新規取引先選定のポイント ◆ 新規取引先を選ぶときのポイント 6、システムや仕組みの整備状況...

 前回のその63に続いて解説します。 【第4章】中国新規取引先選定のポイント ◆ 新規取引先を選ぶときのポイント 6、システムや仕組みの整備状況...


自動化設備の設備故障・チョコ停対策

 自動化設備の革新は、設備を導入して終わるのではなく導入してから始まります。自動化設備の革新に大切なことは、設備を停止させないことです。自動化設備の良いと...

 自動化設備の革新は、設備を導入して終わるのではなく導入してから始まります。自動化設備の革新に大切なことは、設備を停止させないことです。自動化設備の良いと...


請負会社の管理ポイント、コスト高の原因は発注会社にあり!

 コスト削減の一環として、請負を活用する工場が多くなっています (ここでの請負とは、自社工場内における他社や子会社への作業移管を指します)。  活用方法...

 コスト削減の一環として、請負を活用する工場が多くなっています (ここでの請負とは、自社工場内における他社や子会社への作業移管を指します)。  活用方法...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
金型・部品加工:分業体制による工具の寿命判定の難しさについて

 今回のテーマは、CAMとマシニングセンターの作業オペレーターが分業体制になったことで、多くの加工メーカーや金型メーカーで聞かれる、ドリルやエンドミル...

 今回のテーマは、CAMとマシニングセンターの作業オペレーターが分業体制になったことで、多くの加工メーカーや金型メーカーで聞かれる、ドリルやエンドミル...


中国企業の壁(その17)中国工場・指示内容の実施確認は必須の管理事項

          立ち上げて2年が経過した日系の中国工場での事例です。この工場は、日本人総経理を頂点として、その下に同じく日本人の副総経理、中国人...

          立ち上げて2年が経過した日系の中国工場での事例です。この工場は、日本人総経理を頂点として、その下に同じく日本人の副総経理、中国人...


伸びる金型メーカーの秘訣 (その9)汎用機械とNC機械(後編)

   前回に引き続き、K工業の事例を紹介します。同社は、従来の個人事業体制から、チームによる組織体制へと変革を図っており、今年新たに従業員を4...

   前回に引き続き、K工業の事例を紹介します。同社は、従来の個人事業体制から、チームによる組織体制へと変革を図っており、今年新たに従業員を4...