中国工場の品質改善(その40) 中国工場の実状を知る

中国

 前回のその39に続いて解説します。

【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方

【3.7 問題点を分かっていない】

 ここまで全体を俯瞰(ふかん)した大きな話をしましたので、ここからはテクニカルな部分について書きたいと思います。

 筆者が改善のために訪れた多くの中国工場で何が一番問題だったと言いますと、自社工場のどこが問題なのか、本当の問題点は何かということを分かっていないことでした。しかも、中国人スタッフではなく、日本人駐在員やトップが分かっていなかったのです。別の言い方をすると、分かろうとしていなかったのです。

 特に利益が出ている工場の場合、表面上の問題だけ対応していればよく、駐在員も「何事もなく任期が終わればよい」と願っているのではないでしょうか。そのような工場でよくあるのが顧客クレームだけ対応するケースです。顧客クレームが減ればよし、増えるとあたふたして対症療法に終始しているのです。一方、利益の出ていない工場の場合、真剣に何とかしないといけないと考えるので、しっかりと現実を見ることにつながります。

 現場の人は現場での日々の生産と発生している不良の対策に追われており、本質的な問題は何で、何から潰せばよいのかわからないし、そんなことを分析したり解決したりする能力もありません。

 
 

【3.8 実態・実状把握の方法は】

 工場の本当の問題点を把握する、つまり工場の実態や実状を把握するためにはどうすればよいか。まずは「現場に行き、現物を見て、現実を知る」の3現主義を徹底することです。ここで大事なのは、3現主義確認の徹底を常に日本人が意識して手本となることです。

 総経理や工場長になると立派な部屋を用意されますが、そこに居座ったまま仕事をしているようではいけません。常に現場に顔を出すようにして、問題が起きたときはすぐに確認しに行くようにします。そうすることで中国人にもこれを徹底させ、手を抜かせないよう意識させるのです。

 また、中国人に対しては事実確認という行為に関し、自分自身が確認した事実を報告させるようにします。これは問題ないですね。ただ、他人から聞いた事実や自分が推測したことをすべて自分が確認した事実のように報告する傾向があるので注意が必要です。

 この実態把握はデータに基づくことが基本で、感覚やイメージではダメです。ですから中国人ともデータに基づいて話をするようにし、これに沿った報告をさせるようにしていきます。

 工場にはいろいろなデータがあります。品質関連のデータであれば、顧客クレームや検査データがあります。顧客クレームデータからは、工場から流出した不良品が分かります。検査データも受入・工程・出荷検査データなどがあります。受入検査データからは購入部...

中国

 前回のその39に続いて解説します。

【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方

【3.7 問題点を分かっていない】

 ここまで全体を俯瞰(ふかん)した大きな話をしましたので、ここからはテクニカルな部分について書きたいと思います。

 筆者が改善のために訪れた多くの中国工場で何が一番問題だったと言いますと、自社工場のどこが問題なのか、本当の問題点は何かということを分かっていないことでした。しかも、中国人スタッフではなく、日本人駐在員やトップが分かっていなかったのです。別の言い方をすると、分かろうとしていなかったのです。

 特に利益が出ている工場の場合、表面上の問題だけ対応していればよく、駐在員も「何事もなく任期が終わればよい」と願っているのではないでしょうか。そのような工場でよくあるのが顧客クレームだけ対応するケースです。顧客クレームが減ればよし、増えるとあたふたして対症療法に終始しているのです。一方、利益の出ていない工場の場合、真剣に何とかしないといけないと考えるので、しっかりと現実を見ることにつながります。

 現場の人は現場での日々の生産と発生している不良の対策に追われており、本質的な問題は何で、何から潰せばよいのかわからないし、そんなことを分析したり解決したりする能力もありません。

 
 

【3.8 実態・実状把握の方法は】

 工場の本当の問題点を把握する、つまり工場の実態や実状を把握するためにはどうすればよいか。まずは「現場に行き、現物を見て、現実を知る」の3現主義を徹底することです。ここで大事なのは、3現主義確認の徹底を常に日本人が意識して手本となることです。

 総経理や工場長になると立派な部屋を用意されますが、そこに居座ったまま仕事をしているようではいけません。常に現場に顔を出すようにして、問題が起きたときはすぐに確認しに行くようにします。そうすることで中国人にもこれを徹底させ、手を抜かせないよう意識させるのです。

 また、中国人に対しては事実確認という行為に関し、自分自身が確認した事実を報告させるようにします。これは問題ないですね。ただ、他人から聞いた事実や自分が推測したことをすべて自分が確認した事実のように報告する傾向があるので注意が必要です。

 この実態把握はデータに基づくことが基本で、感覚やイメージではダメです。ですから中国人ともデータに基づいて話をするようにし、これに沿った報告をさせるようにしていきます。

 工場にはいろいろなデータがあります。品質関連のデータであれば、顧客クレームや検査データがあります。顧客クレームデータからは、工場から流出した不良品が分かります。検査データも受入・工程・出荷検査データなどがあります。受入検査データからは購入部材の品質状況が分かりますし、工程検査データからは工程で発生している不良状況が分かります。

 これら全体を見渡すことで、品質面の問題点が把握できるはずです。他にも工場の経営指標のデータとしては、納期遵守率や製品原価率、生産性指標などもあります。これらに限らず様々な切り口でデータを得ることで、工場の問題点を捉えることが出来るのではないでしょうか。

 次回は、3.9 必要なデータは取れているか、活用出来ているか、から解説を続けます。

 【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行、筆者のご承諾により抜粋を連載 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
中国工場の品質改善(その56) 中国と日本企業の違いとは

 前回のその55に続いて解説します。 【第4章】中国新規取引先選定のポイント 4.1 中国企業と日本企業の違いを認識  中国企業と取り引きをする...

 前回のその55に続いて解説します。 【第4章】中国新規取引先選定のポイント 4.1 中国企業と日本企業の違いを認識  中国企業と取り引きをする...


儲かるメーカー改善の急所101項(その45) 仕事の進め方

4、作業を改善する基本 ◆ 仕事の進め方  2020年新型コロナウィルス感染拡大に起因する多くの問題対応で、様々なプロジェクトが政府主導で進められ...

4、作業を改善する基本 ◆ 仕事の進め方  2020年新型コロナウィルス感染拡大に起因する多くの問題対応で、様々なプロジェクトが政府主導で進められ...


儲かるメーカー改善の急所101項(その77)シンプルなモノづくり

  6、強いモノづくり ◆ 元をたどれば、注文情報はただ一つ  工場内には日々、たくさんの情報が流れています。生産計画や仕事の割り振り...

  6、強いモノづくり ◆ 元をたどれば、注文情報はただ一つ  工場内には日々、たくさんの情報が流れています。生産計画や仕事の割り振り...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
中国工場管理の基本事例(その12)品質管理

  ◆ 品質管理-中国工場の品質が良くないのはなぜか(その2)  今回は、ある日系中国工場で取り組んだ事例を紹介します。この工場では従来...

  ◆ 品質管理-中国工場の品質が良くないのはなぜか(その2)  今回は、ある日系中国工場で取り組んだ事例を紹介します。この工場では従来...


中国企業の壁(その37) 作業者の意識に頼った作業とは

        ある日系の中国工場では、機械加工工程と組立工程を持っています。機械加工工程で加工した部品を組立工程で組み立てて出荷をしています。機械...

        ある日系の中国工場では、機械加工工程と組立工程を持っています。機械加工工程で加工した部品を組立工程で組み立てて出荷をしています。機械...


伸びる金型メーカーの秘訣 (その4)中小企業に適した5S:前編

   今回取り上げる金型メーカーは、愛知県にあるS製作所です。同社は、主に自動車の燃料タンクやブレーキの油圧等で使用されるプラスチック製品の金...

   今回取り上げる金型メーカーは、愛知県にあるS製作所です。同社は、主に自動車の燃料タンクやブレーキの油圧等で使用されるプラスチック製品の金...