中国工場の品質改善(その23) 中国工場の実状を知る、部品・材料について

生産マネジメント

【第2章 中国工場の実状を知る】

【部品・材料】

 前回のその22に続いて解説します。

 3Mの三つ目は、部品・材料です。中国工場の部品・材料に関する問題点のポイントは、中国メーカーの部材の品質改善を進めることが出来るか、いかに使いこなすかになります。

1. 部材調達の変遷

 日本企業が中国に進出した当初は、日本工場で使っていた部材を日本から送り込んでいました。しかし、輸送コストやそれにかかる時間を考えると思った程のメリットが出ない状況でした。そこに顧客からのコストダウン要求が加わり、部材を現地(中国)で調達する、流れとなりました。現地調達も最初は、同じ日系の中国工場からでしたが、顧客の厳しいコストダウン圧力により、日系以外の工場からの調達、そして最終的に中国メーカーから調達をするに至っています。現地調達は、品質レベルは落ちます。中国メーカーの部材を使いこなすことにみなさん苦労している訳です。

【部材調達の年代別イメージ】

  • 1980年代後半~1990年代前半:日本から多くの部材を送り込んでいた
  • 1990年代後半~2000年代前半:現地日系企業からの調達を進め、その比率を増やしていった
  • 2000年代前半~:中国企業からの調達を増やし始めていった

2. 中国メーカー部材の問題点と使う側の問題点

(1)中国メーカー部材の問題点

 これは言うまでもなく日本製の部材に比べると品質が悪いという問題です。

(2)使う側の問題点

 使う側の問題点としては、次の三つがあります。

・生産技術力不足

 部材に不具合があっても自社生産工程でそれを消化できないとか取り除けないなど生産技術力の問題

・品質管理力不足

 部材の不具合に起因して生産してしまった不良品を工程検査や出荷検査ではじけずに流出させてしまうなど、自社の品質管理力の問題

・部材評価の甘さ

 1回評価しただけで採用を決めてしまうなど、その見極めが甘い問題評価したサンプルが実はチャンピオンサンプルだったので、量産ではサンプルよりもレベルの低いものが納入されて問題となる メーカーが提出してくるサ...

生産マネジメント

【第2章 中国工場の実状を知る】

【部品・材料】

 前回のその22に続いて解説します。

 3Mの三つ目は、部品・材料です。中国工場の部品・材料に関する問題点のポイントは、中国メーカーの部材の品質改善を進めることが出来るか、いかに使いこなすかになります。

1. 部材調達の変遷

 日本企業が中国に進出した当初は、日本工場で使っていた部材を日本から送り込んでいました。しかし、輸送コストやそれにかかる時間を考えると思った程のメリットが出ない状況でした。そこに顧客からのコストダウン要求が加わり、部材を現地(中国)で調達する、流れとなりました。現地調達も最初は、同じ日系の中国工場からでしたが、顧客の厳しいコストダウン圧力により、日系以外の工場からの調達、そして最終的に中国メーカーから調達をするに至っています。現地調達は、品質レベルは落ちます。中国メーカーの部材を使いこなすことにみなさん苦労している訳です。

【部材調達の年代別イメージ】

  • 1980年代後半~1990年代前半:日本から多くの部材を送り込んでいた
  • 1990年代後半~2000年代前半:現地日系企業からの調達を進め、その比率を増やしていった
  • 2000年代前半~:中国企業からの調達を増やし始めていった

2. 中国メーカー部材の問題点と使う側の問題点

(1)中国メーカー部材の問題点

 これは言うまでもなく日本製の部材に比べると品質が悪いという問題です。

(2)使う側の問題点

 使う側の問題点としては、次の三つがあります。

・生産技術力不足

 部材に不具合があっても自社生産工程でそれを消化できないとか取り除けないなど生産技術力の問題

・品質管理力不足

 部材の不具合に起因して生産してしまった不良品を工程検査や出荷検査ではじけずに流出させてしまうなど、自社の品質管理力の問題

・部材評価の甘さ

 1回評価しただけで採用を決めてしまうなど、その見極めが甘い問題評価したサンプルが実はチャンピオンサンプルだったので、量産ではサンプルよりもレベルの低いものが納入されて問題となる メーカーが提出してくるサンプルはアベレージ品だと思い込みがちですが、そうとは限りません。

【問題点】

 部品・材料は、中国メーカー部材の品質が悪く、使う側にも問題点があります。このようなことで中国メーカー部材の不具合によって自社製品の不具合となってしまうことが、中国工場の品質低下となっている訳です。

 次回は、 中国メーカー部材への対応策について解説します。

 【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行 筆者のご承諾により、抜粋を連載

 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
中国工場の品質改善(その35) 中国工場の実状を知る、部品・材料について

 前回のその34に続いて解説します。 【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方  【3.5 教育と定着の具体的内容】  ここでは教育の具体的...

 前回のその34に続いて解説します。 【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方  【3.5 教育と定着の具体的内容】  ここでは教育の具体的...


中国工場の品質改善(その82) 中国企業改善指導のポイント

 前回のその81に続いて解説します。 【第5章】中国企業改善指導のポイント 6、2つの視点で考える~長期視点~  2つの視点で考える~短期視点~...

 前回のその81に続いて解説します。 【第5章】中国企業改善指導のポイント 6、2つの視点で考える~長期視点~  2つの視点で考える~短期視点~...


中国工場の品質改善 【連載記事紹介】

  中国工場の品質改善の記事が無料でお読みいただけます! ◆【特集】 連載記事紹介:連載記事のタイトルをまとめて紹介、各タイトルから詳細...

  中国工場の品質改善の記事が無料でお読みいただけます! ◆【特集】 連載記事紹介:連載記事のタイトルをまとめて紹介、各タイトルから詳細...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
中国企業の壁(その25)中国式ショット数管理・会社規定との乖離

         前回ある中国工場(中国企業)での金型のショット数管理が中国式管理になっていたと書きました。日本で行われている金型のショット数管理と...

         前回ある中国工場(中国企業)での金型のショット数管理が中国式管理になっていたと書きました。日本で行われている金型のショット数管理と...


クリーンルームの停電復帰後対応とは

        今回は、クリーンルームの停電復帰後対応を解説します。停電が発生するとクリーン度を維持できなくなり、クリーンルームの停電復帰後対応には...

        今回は、クリーンルームの停電復帰後対応を解説します。停電が発生するとクリーン度を維持できなくなり、クリーンルームの停電復帰後対応には...


生産性向上は生産平準化でめざせ

 前回の『業務効率化による生産性革命の危険性』で解説した生産性を高めるにはどうすれば良いかですが、前回も書きましたようにこの「生産性」は、いかにたくさんの...

 前回の『業務効率化による生産性革命の危険性』で解説した生産性を高めるにはどうすれば良いかですが、前回も書きましたようにこの「生産性」は、いかにたくさんの...