中国工場の品質改善(その53) 中国工場での従業員教育の進め方

教育

 前回のその52に続いて解説します。

【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方

 

【3.14 中国工場での従業員教育の進め方】

◆ 作業者教育は、管理者が先生になる

 管理者教育の次は作業者への教育です。どんなに立派なマニュアルがあっても、最終的には作業者の意識を高めなければ、品質は確保できません。作業者教育も仕組み化して継続して実施していかなれば望む効果は期待できませんので、まずは教育計画と教育項目を決めます。また、管理者全員が先生役となり実施してもらうようにします。

 教育内容としては、下記のように工場で当たり前に行うことを当たり前にできるようにすることを目指していますので、基本を重視して作業者に対しても徹底します。

  • 作業方法など仕事に必要なスキル
  • 品質管理の基礎知識/品質に対する考え方

 これらを順番に教えて、一通り教えたらまた最初から同じことを教えます。難しいことを教えるよりも、最低限必要なこと基本的なことを繰り返し教育するのがポイントです。

 品質管理の基礎知識、品質に対する考え方の教育については、現場管理者が作業者に対して教えます。これは管理者にとって結構な負担になります。ここで言う負担とは、工数的な面もありますが大きいのは精神的な負担です。

 読者の皆さんも経験があると思いますが、教育を受ける側はいたって気楽です。ところが、立場が変わって教える側に回るとその準備、特に教える内容についてこちらがしっかり理解していないと相手には伝わりません。朝礼で注意事項を話す時とは、まったく違います。

 支援していた中国工場もようやく管理者が作業者に対して品質教育をする段階になったので、現場を見学したことがあります。毎回組長が交代で先生役をすることになっており、その日は1人の組長が担当しました。

 一生懸命なのが良く分かる話振りでした。特に印象的だったのはその日の教育が終ったあとでした。組長は自分の机に戻るなり「ふー」と息をつきました。実は緊張していたのです。

 組長の机の上には彼が必死で手書きした原稿がありました。教育で話す内容を彼なりに必死でまとめて、原稿として準備していたのです。それを見た時は、組長の頑張り...

教育

 前回のその52に続いて解説します。

【第3章】(自社)中国工場、品質管理の進め方

 

【3.14 中国工場での従業員教育の進め方】

◆ 作業者教育は、管理者が先生になる

 管理者教育の次は作業者への教育です。どんなに立派なマニュアルがあっても、最終的には作業者の意識を高めなければ、品質は確保できません。作業者教育も仕組み化して継続して実施していかなれば望む効果は期待できませんので、まずは教育計画と教育項目を決めます。また、管理者全員が先生役となり実施してもらうようにします。

 教育内容としては、下記のように工場で当たり前に行うことを当たり前にできるようにすることを目指していますので、基本を重視して作業者に対しても徹底します。

  • 作業方法など仕事に必要なスキル
  • 品質管理の基礎知識/品質に対する考え方

 これらを順番に教えて、一通り教えたらまた最初から同じことを教えます。難しいことを教えるよりも、最低限必要なこと基本的なことを繰り返し教育するのがポイントです。

 品質管理の基礎知識、品質に対する考え方の教育については、現場管理者が作業者に対して教えます。これは管理者にとって結構な負担になります。ここで言う負担とは、工数的な面もありますが大きいのは精神的な負担です。

 読者の皆さんも経験があると思いますが、教育を受ける側はいたって気楽です。ところが、立場が変わって教える側に回るとその準備、特に教える内容についてこちらがしっかり理解していないと相手には伝わりません。朝礼で注意事項を話す時とは、まったく違います。

 支援していた中国工場もようやく管理者が作業者に対して品質教育をする段階になったので、現場を見学したことがあります。毎回組長が交代で先生役をすることになっており、その日は1人の組長が担当しました。

 一生懸命なのが良く分かる話振りでした。特に印象的だったのはその日の教育が終ったあとでした。組長は自分の机に戻るなり「ふー」と息をつきました。実は緊張していたのです。

 組長の机の上には彼が必死で手書きした原稿がありました。教育で話す内容を彼なりに必死でまとめて、原稿として準備していたのです。それを見た時は、組長の頑張りと管理者に先生をやってもらう狙いが的を得たことにうれしくなりました。

 教育というのは、受ける側の成長も促しますが、それ以上に教育する側の成長も促進します。先生役を管理者が行うことによって、管理者が成長すれば工場全体のレベルが上がることにつながると実感した次第です。

 次回は、中国異文化コミュニケーションから解説を続けます。

 【出典】根本隆吉 著 「中国工場の品質改善」 日刊工業新聞社発行、筆者のご承諾により抜粋を連載 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...


「生産マネジメント」の他のキーワード解説記事

もっと見る
イノベーション成功のプログラム IPI詳細解説(その1)

 筆者が提唱しているIPI(Integrated Process Innovation)(統合型プロセス革新法)は、次の6ステップから成り立っています。 ...

 筆者が提唱しているIPI(Integrated Process Innovation)(統合型プロセス革新法)は、次の6ステップから成り立っています。 ...


儲かるメーカー改善の急所101項(その28) 工場内を誰にも分かりやすくする方法

3.仕組みを改善する基本 ◆ 工場内を誰にも分かりやすくする方法  例えば、私が友人の「川上さん」に連絡を取りたいと思ったとします。スマホの電話番...

3.仕組みを改善する基本 ◆ 工場内を誰にも分かりやすくする方法  例えば、私が友人の「川上さん」に連絡を取りたいと思ったとします。スマホの電話番...


中国工場の品質改善(その67) 新規開拓のどこを見ればよいか

 前回のその66に続いて解説します。 【第4章】中国新規取引先選定のポイント ◆ 工場の雰囲気  従業員の態度や時間に対する感覚などの工場の雰囲...

 前回のその66に続いて解説します。 【第4章】中国新規取引先選定のポイント ◆ 工場の雰囲気  従業員の態度や時間に対する感覚などの工場の雰囲...


「生産マネジメント」の活用事例

もっと見る
3ムの中の第三番目とは

◆3ムの中の第三番目の『ムリ』とは何でしょうか  工程能力や製造能力の許容を越えた行動や、定められた決まりや手順から故意に逸脱する状態を指します。例...

◆3ムの中の第三番目の『ムリ』とは何でしょうか  工程能力や製造能力の許容を越えた行動や、定められた決まりや手順から故意に逸脱する状態を指します。例...


中国工場管理の基本事例(その13)品質管理

  ◆品質管理-中国工場の品質がよくないのはなぜか(その3)  前回は、定着率が悪化したために、従来型作業からの転換ができなかった日系工...

  ◆品質管理-中国工場の品質がよくないのはなぜか(その3)  前回は、定着率が悪化したために、従来型作業からの転換ができなかった日系工...


金型メーカーにおける「多能工化」の真の目的とは

   今回は、私が金型メーカーでよくお話しをさせていただく「多能工化」の本当の目的についてまとめてみたいと思います。まず前提として、金型メーカ...

   今回は、私が金型メーカーでよくお話しをさせていただく「多能工化」の本当の目的についてまとめてみたいと思います。まず前提として、金型メーカ...