部品加工メーカーのチャージ計算とは

 
  
生産マネジメント
 
 今回は、事業者の規模に関係なく相談の多い、部品加工メーカーにおけるチャージ計算についてです。チャージとは、時間あたりの加工賃を指します。
 
 まず大前提として、加工メーカーで扱うチャージには、次の2つがあります。
 
  •  原価ベースの原価チャージ
  •  見積もり価格で使う売値チャージ

1. 売値チャージ

 良く使われるのは、売値チャージの方です。切削加工の業界では、4,000円とか、5,000円が使われますが、5軸マシニングや大型の門型マシニングなどでは、チャージ1万円と設定しているメーカーもあります。では、この売値チャージはどのように計算するべきでしょうか。
 
 よく原価管理の教科書では、労務費や減価償却費にその他の経費を加えたものを稼働時間で除算し、材料費や外注費などとは異なり、個別製品に直接按分できない費用は、時間(工数)を基準に按分するとありますが、これは売値チャージではなく、原価チャージになります。
 
 正しい売値チャージの計算方法は、年度ごとに目標とする売上額から計算します。具体的な手順は、まず目標とする年間の売上額から、材料費や外注費などを除き、加工賃による売上額を計算します。
 
 この計算は、材料費と外注費に中間マージンを乗せて計算しておくことがポイントです。この加工賃による売上額を、実際の稼働時間で割ることで、自社が請求するべき売値チャージが計算できます。実際の稼働時間とは、タイムカード時間に稼働率を乗じたものです。
  
  • 実際の稼働時間=タイムカード時間×稼働率
 
 ここで稼働率は、直近の実績を使います。段取り作業や仕上げ・検査などのハンドワークは作業者の稼働率を使い、マシニングやワイヤーカット放電加工機などは工作機械の稼働率を使います。
 

2. 実績チャージの評価

 売値チャージを計算することができたら、次にその評価を行います。評価のポイントは「実際にその売値チャージで顧客に請求できるのか?」です。
 
 例えば、年間の機械加工による加工賃の来年度の目標売上額を2億円とした場合、自社のマシニング台数が15台、1台あたり最大の稼働時間を3,500時間として、昨年のマシニングの平均稼働率は60%だったとします。
 
 この事例の実績稼働時間は、15台×3,500時間×0.6となりますので、31,500時間です。
 
 これを、来年度の目標加工賃売上の2億円から除算しますと、必要となる売値チャージは約6,349円となり、機械のサイズによりますが、業界相場で考えるとやや高い金額になると思います。
 
 そこで、この計算された売値チャージの金額に対し、2つの視点で補正します。目標とする来年度の加工賃売上の2億円は妥当か?目標として高過ぎるのではないか。昨年のマシニングの平均稼働率60%を、来年度は改善によって70%にできないか。
 
 実際もしマシニングの平均稼働率を来年度は70%にできれば、15台×3,500時間×0.7となりますので、実績稼働時間は36,750時間となり、売値チャージを再計算しますと、約5,442円となり、業界の相場に金額に近づいてきます。
 
 また、設備投資により機械台数が増えることで、可能な最大の稼働時間を増やすことも考えられます。(ただし、後述する損益分岐点が高くなることに注意が必要です)
 
 さて、ここで、最初に挙がった原価チャージはどのように使うべきでしょうか。計算は、作業者と工作機械の2つがあります。
 
  • 作業者の原価チャージ=労務費+製造経費÷タイムカード時間×作業者の稼働率
  • 機械の原価チャージ=減価償却費÷タイムカード時間×稼働率
 
 この原価チャージは、加工案件ごとの採算性評価に使います。例えば、ある製品の原価構成はシンプルに、材料費・外注費・加工賃であったとしますと、粗利益(限界利益)は、売価から材料費と外注費を差し引いたものになります。
 
  • 粗利益(限界利益)=売価 -(材料費+外注費)
 
 この粗利益(限界利益)を、実際にかかった工数で除算すると、実績のチャージが計算できます。
 
  • 実績チャージ=粗利益(限界利益)÷実際にかかった工数
 
 この実績チャージと原価チャージを比較したとき、原価チャージは実績チャージの採算ライン(下限)と言え、もし実績チャージが原価チャージを下回っていたら原価割れという事になります。利益管理をしっかりと行っている加工メーカーは、この実績チャージの評価を必ず行っています。
 
 逆に、見積もり時に使った売値チャージを実績チャージが超えていることが理想で、そのときは見積もり時の工数よりも早く加工が終ったことを意味します。これが、担当者や加工製造部門の評価になります。(ただし、通常見積もり時に使う工数は、ゲタをはかせるのが一般的なので、売値チャージが実績チャージが超えているのは、ある意味当たり前と考えることもできます)
 
 この実績チャージを、加工案件ごと、担当者がいつでも誰でも見えるようにしている加工メーカーもあります。
 
 最後に、今回は売値チャージは、教科書どおりの製造原価からではなく、実は年間の目標売上額から計算するというお話しでしたが、そもそもの労務費、減価償却費などが適正かどうかは、年間の総額の変動費と固定費を使った損益分岐点分析によってチェックしておくことは言うまでもありません。ぜひ加工メーカーの皆さんが儲かるご商売を続けていただくことを願ってやみません。
 

この記事の著者

村上 英樹

金型・部品加工業専門コンサルティングです!販路開拓・生産改善・外注費削減の3つを支援するトライアングル支援パッケージ、技術を起点とする新しい経営コンサルタント

私は、金型メーカーや部品加工業専門の経営コンサルタント、中小企業診断士で、小規模事業者のコンサルティングを得意としています。規模の大きい企業とは異なり、技術そのものをさらに高める、より高く売る、より多くの仕事を集める、といったダイレクトな…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「生産マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「村上 英樹」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン