初心者向けセミナーです 製造業者の企業利益の増やし方【オンデマンドセミナー】

高度成長期の幻影を振り払い、
企業利益を増やすためのセミナー!

本セミナーでは、日本の製造業界に蔓延している時代遅れの原価至上主義から脱皮し、製造業者として正しい利益創出を図るための収益管理方法の勘所を理解していただくために実施します。

セミナー趣旨

多くの製造業関係者が、原価低減(コストダウン)活動を徹底すれば利益はついてくると信じ込んでいます。ところが、この考え方は売り上げが右肩上がりに伸びていた高度成長期の幻影にすぎません。

低成長下の現在は、原価管理やコストダウン活動をいくら強化しても、それだけでは企業利益は増えていきません。

本セミナーでは、日本の製造業界に蔓延している時代遅れの原価至上主義から脱皮し、製造業者として正しい利益創出を図るための収益管理方法の勘所を理解していただくために実施します。

受講対象・レベル

  • 製造業者の経営者、経営スタッフ、会計スタッフ

  • 製造業者をターゲットとするコンサルタント

  • 製造業経営の勘所を勉強をしたい方

習得できる知識

  • 個別原価計算の計算方法
  • 生産平準化の重要性
  • 良い業務改善活動と悪い業務改善活動の違い

セミナープログラム

1.個別原価にこだわっている工場は儲からない

  • 貴社ではこんな経営判断はしていませんか(誤った経営判断の例)
  • 個別原価計算の計算方法
  • なぜ原価低減しただけでは儲からないのか

2.どうすれば企業利益は増えるのか

  • スループット(付加価値)が増えれば利益はついてくる
  • どうすればスループット(利益)は増えるのか
  • リストラに頼るのは最終手段、できるだけ避けるのが得策
  • 速攻性が高い利益改善は内製化の推進だ
  • 生産性向上の意味を取り違えていませんか

3.生産平準化によってスループットを増やす

  • 生産平準化の重要性
  • トヨタはなぜ生産平準化を重視するのか
  • 在庫を活用して生産平準化を実現する
  • 平準化は受注生産企業経営の最大の悩みだ

4.業務改善活動の留意点

  • 良い業務改善活動と悪い業務改善活動の違い
  • 売り上げを増えない改善活動はリストラを誘発する

5.在庫による利益変動に気を付ける

  • 在庫により利益反動のからくり
  • 在庫を利用した不正会計に気を付ける

セミナー講師

【講師名】
本間 峰一氏


【肩書】
株式会社ほんま 代表取締役


【著書】

  • 誰も教えてくれない工場の損益管理の疑問
  • 誰も教えてくれない生産管理システムの正しい使い方
  • 誰も教えてくれない部品工場の納期遅れの解決策

 

セミナー受講料

8,250円(税込)

ものづくりイノベーター認定者は、ランクに応じて当社主催セミナー受講料の割引が可能です。お申込み前に、お問合せフォームよりランクをご申告ください。後程、割引用のクーポンをお送りいたします。※その他クーポンとの併用不可、ご注文後の割引適用は出来ません。

このセミナーを同時に複数受講申し込みすることで、割引料金が適用されます。適用方法、割引率などはこちらでご確認ください。

受講について

【このセミナーはオンデマンドセミナーです】
ネット環境さえあれば、お好きな場所、お好きな時間に受講できます!

  • 視聴期間は受講開始日より2週間です。
  • タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
  • このセミナーでは、受講後何度でも講師へ質問することが可能です。
    質問方法は申込み完了後にお知らせします。

講師のプロフィール

高額投資したにもかかわらず効果の上がっていない生産管理システムを利益に貢献するシステムに再生させます!

本間 峰一

専門家専門家A ほんま みねかず / 東京都 / 株式会社ほんま

現在お使いの生産管理システムは貴社の業績向上に役立っていますでしょうか。生産管理システムを導入するときのベンダ提案には「リードタイム短縮」「在庫削減」「コストダウン」といった様々な導入効果が並んでます。 ところが、そんな提案を信じて...続きを読む

関連記事

もっと見る