ホーム > 技法解説 > ものづくり課題から革新技法を探す > 顧客満足度を向上させたい

顧客満足度を向上させたい

 顧客満足度を向上することによって、売り上げが上がることは現代の常識ですが、30年以上前の高度成長期に語られることは少なかったように思います。良いものを安く作ればそれなりに売れていたため、製品アンケートを取るにしても、次の製品企画目的でした。

 近年はホテル、レストランなどあらゆるところで顧客満足度が調査され、向上のための活動が実施されています。商品そのものでの差別化が難しくなり、販売する過程や販売後のサービス、そして製品周りの環境で顧客満足度に違いをつくることも頻繁になっています。

 コマツのコムトラック、i-PODに対するI-Tunes、自転車専門店のメンテナンスサービスなどがそれにあたるでしょう。今後も顧客満足度向上の重要性はますます高まると予想されます。

 

 顧客満足度の向上には以下のような手法がありますので、クリックして参考にしてください。



課題解決に役立つ革新技法の一覧

この課題には31件の革新技法が対応しています (131件目を表示)
並び替え: 対応度 技法分類


対応度 技法分類 技法
3 戦略/マーケティング STPマーケティング
STP分析の効果的な使い方とは
3 戦略/マーケティング Webマーケティング
Webサイトは売るための設備
SNSやインターネットの特徴を見極めて,お客様情報を集めるには
改善の余地が大きい“ものづくり”のマーケティング
BtoB製造業Webサイト兼務担当者が優先すべきマーケティング戦略とは
リニューアルで失敗しないWebマーケティング、賢いサイト制作費の使い方
≫Webマーケティングの技法解説記事をもっと見る
3 戦略/マーケティング アトリビュートマトリクス
3 品質マネジメント TQM
課題解決チャートを使うには
TQM(総合的品質管理)とは
改善の四原則 (ECRSの原則)-現場主導の改善-
CDGMは、これまでのQCサークルとは違い、ジョイ・オブ・ワークを達成
ものづくり革新の原動力は現場人材の「正しい改善活動」から
≫TQMの技法解説記事をもっと見る
3 品質マネジメント 日本経営品質賞
2 人的資源マネジメント 組織開発
社長と社員のコミュニケーション術(その1)同床異夢
社長と社員のコミュニケーション術(その2)埋まらないミゾがある
社長と社員のコミュニケーション術(その3)価値観の違い
教育研修の進め方 (その4)業務改善
人づくりによる会社力・組織力の革新
≫組織開発の技法解説記事をもっと見る
2 人的資源マネジメント 人財教育
社長と社員のコミュニケーション術(その4)性格・気質の違い
教育研修の進め方(その1)教育制度を見直す必要
技術系ビジネスリーダーの養成 (その1)
技術系ビジネスリーダーの養成 (その2)
技術系ビジネスリーダーの養成 (その3)
≫人財教育の技法解説記事をもっと見る
2 人的資源マネジメント 人的資源マネジメント
日本的人事が強い会社を創る(その1)
「作業」から「仕事」へ 勤勉な国民性を正しく生かし生産性向上を
中国工場のレベルを高める第1歩とは
レジリエンスを高める技術(その1)
レジリエンスを高める技術(その2)
≫人的資源マネジメントの技法解説記事をもっと見る
1 戦略/マーケティング 5F(ファイブフォース)分析
ファイブ・フォース(5つの力)とは
5F(ファイブフォース)による業界構造の分析
1 戦略/マーケティング アンゾフの成長ベクトル
1 戦略/マーケティング PEST分析
PEST分析(マクロトレンド分析)の正しい使い方
1 戦略/マーケティング 3C分析
3C分析の結果をWEBマーケティング戦略に落とし込む方法
3C分析による外部環境・内部環境の分析
1 商品企画7つ道具 グループインタビュー
潜在意識の中に潜在ニーズが含まれるとは
1 商品企画7つ道具 アンケート手法
1 商品企画7つ道具 アイデア発想法
1 商品企画7つ道具 アイデア選択法
1 商品企画7つ道具 コンジョイント分析
1 商品企画7つ道具 品質表(QFD)
QFD(品質表)の効用とは
QFDの歴史(その1)QFDの誕生
QFDの歴史(その2)品質表の提案
QFDの歴史(その3)要求品質展開表と品質特性展開表の形成
QFDの歴史(その4)QFDの普及
≫品質表(QFD)の技法解説記事をもっと見る
1 品質工学(タグチメソッド) 損失関数/許容差設計
技術は経済学、技術者はクリエイター、-原発事故から技術の方向を考える-
許容差設計と許容差の決め方【前編】
許容差設計と許容差の決め方【後編】
MTシステム超入門(その19)
1 SQC(統計的品質管理) 主成分分析
1 SQC(統計的品質管理) クラスター分析
1 信頼性工学 FMEA
FMEAの概要と実施方法
FMEAとDR(デザインレビュー)を通じた製品品質向上
FMEAの目的と本質 (その1)
FMEAの目的と本質 (その2)
FMEAの目的と本質 (その3)
≫FMEAの技法解説記事をもっと見る
1 信頼性工学 信頼性工学
設計業務のコツ8カ条
製品設計においてアレニウスの式を活用するには
1 安全工学 安全設計手法(フールプルーフ/フェイルセイフ)
品質のつくり込み:ポカヨケと源流検査について
サービスで事故を未然に防止する
安全設計手法 (その1)フェールセーフとは
安全設計手法 (その2)フールプルーフ
1 品質マネジメント ISO9001
ISO9001の活性化に「ISO9001推進7つ道具」の活用を
ISO9001の内部監査のレベルアップ -内部監査の3レベル法―
すぐに分かる、ISO9001(その1)
自社利益にリンクするサプライヤーの改善
すぐに分かる、ISO9001(その2)
≫ISO9001の技法解説記事をもっと見る
1 品質マネジメント KT法
意思決定のためのKT法(その1) KT法とは
意思決定のためのKT法(その2) 状況分析
意思決定のためのKT法(その3) 問題分析
意思決定のためのKT法(その4) 決定分析
意思決定のためのKT法(その5) 潜在的問題分析
≫KT法の技法解説記事をもっと見る
1 情報マネジメント ERP
ERP(データベースの一元化)とSCM(オペレーションの同期化)
ERPの導入・活用に失敗する根本的な原因
生産管理システム導入の基本 (その1) 考え方
生産管理システム導入の基本 (その2) システム構築における課題
生産管理システム導入の基本 (その3) 計画から稼動・運用までの一気通貫
≫ERPの技法解説記事をもっと見る
1 環境マネジメント LCA
1 環境マネジメント グリーン調達
1 サプライチェーンマネジメント VMI
富山の配置薬商売が、VMI(ベンダー管理在庫)方式か
1 技術マネジメント 知的財産マネジメント
デザインによる知的資産経営(その1)
デザインによる知的資産経営(その2)
デザインによる知的資産経営(その3)
デザインによる知的資産経営(その4)
特許情報解析の実際
≫知的財産マネジメントの技法解説記事をもっと見る





オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら