アンケートは当てにならない(その2) 回答部分の不具合

アンケート調査

 この連載ではアンケート調査設計に役立つ、質問部分の不具合、回答部分の不具合を実例から紹介しています。今回は回答部分の不具合について解説します。

【アンケート調査設計】回答部分の不具合

(1) 自由回答ばかりな質問の場合

  • 自由記入は書いてくれない可能性があります。
  • 自由回答を書く人は、その内容について絶賛しているか、クレームを付けたい方の両極端に分かれます。

(2) あらゆる統計解析に利用できるように考慮されていない場合

  • 目的特性、因果関係の考慮不足がある。
  • 数値データとなる回答項目が少ない。

(3) 構造が不適切の場合

  • 選択肢の過不足がある。
  • 自由回答欄の過不足がある。
  • 選択肢の配列が悪く該当する回答が探しづらい。
  • 「その他」の回答欄がない。

(4) 内容が不適切の場合。

  • 偏りがある選択肢がある。

(例)

 下記のような満足側に偏った選択肢がある。

   1.大変満足 2.結構満足 3.やや満足 4.どちらともいえない 5.不満

  • 単一回答とあるが、複数該当する回答が存在する。

 Q.あなたはこの会場までどのような交通手段で参りましたか?(○は1つ)

   1.JR  2.私鉄  3.地下鉄  4.バス 5.自転車 6.徒歩 7.自動車 8.バイク 9.その他(  )

(5) 表現が不適切の場合。

  • 頻度、程度の表現が曖昧である。

(例)

 Q6.各項目を評価して下さい

  料理 1.ひどく満足 2.必ず満足 …

 上記程度はどれくらいの程度であるか理解できない。

  • 頻度、程度の分類が類似である。

(例)

 Q7.各項目を評価して下さい

  価格 1.非常に満足 2.大変満足 3.かなり満足 …

 上記のように類似した程度の選択肢がある。

  • 否定語と反意語が統一されていない。

(例)

 Q8.各項目を評価して下さい

  料理 1.満足 2.どちらともいえない 3.不満
  価格 1.満足 2.どちらともいえない 3.満足ではない

  • 左右配列が不規則である。

(例)

 Q9.各項目を評価して下さい

  料理 1.おいしい  2.どちらともいえない  3.食べない→まずい
  価格 1.高い    2.どちらともいえない  3.低い→安い
  店員 1.良い    2.どちらともいえない  3.不満→悪い

 今回の連載で紹介した設計を見直せば、かなりアンケートは変わります。アンケート結果の精度を上げ、回答率を高めるためにもアンケート調査設計は細心の注意を払う必要があります。


この記事の著者

石川 朋雄

日本のものづくりは品質向上に切磋琢磨し,高品質な商品を開発しました。高品質商品と顧客価値創造を融合する商品企画のシステム化を提案します。

日本のものづくりは品質向上に切磋琢磨し,高品質な商品を開発しました。高品質商品と顧客価値創造を融合する商品企画のシステム化を提案します。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「アンケート手法」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「石川 朋雄」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。