「FMEA」とは

FMEAとは

FMEA(Failure Mode and Effect Analysis:不良モード影響解析)とは、製品または部品が不具合を発生した場合の発生率と検出可能性、影響度を故障モード毎に評価し、またこの評価で重要と判定された故障モードについては、設計時に未然防止あるいは発生時の対策を盛り込むことで重大事故の発生を防ぐ信頼性工学的な手法です。 製品設計時に用いる設計FMEAと、工程設計時に用いるプロセスFMEAに分類され、特に自動車関連工業で積極的に利用されます。

 

FMEAの手順

  • 故障モードを考えられる範囲で予測を行います。
  • 重要な故障モードの選定を行い、危険度を導きます。
  • 故障モードに対して重要な対策を検討します。

上記をワークシートに記載し書類化を行います。

FMEAは「生きた文書」として, 管理されることが必要となってきます。工程に変更があった場合は適宜変更の反映が行わなければならないです。


FMEAのメリット

始めに少し手間をかけて可視化を行うと、設計部門が現場で問題が起きてから呼び出されることも少なくなります。
設計者の設計意図と他にリスクを可視化することができ、他の部門や設計した設計者以外が見ても設計の意図と危険度が把握しやすくなるというメリットがあります。

また、不具合対応を行う中でお客様に使う労力が減ると思えば、FMEAレビューを設計部門と一緒に行い、不具合の芽を事前に摘み取ることで技術的な知識や見解がなくても、結果を見ることでリスク度合いを設計に把握してもらうことが出来るようになります。

他にも、あらかじめ危険なポイントやリスクが可視化されているため、作業やどの工程が危険度が高くなっているかが一目で分かるようにすることができるので、要点をを突いて現場側で注意すべきことに対応することができるようになります。

最後に、FMEAの結果を確認しておくとリスクが人目で分かりやすくなります。製造・設計担当の見解と評価を総合的にユーザー影響を考えることで、あいまいに説明されて投資させてほしいとと言われるよりも、明確になり、必要性がより具体的になります。


「FMEA」のキーワード解説記事

もっと見る
FMEA簡易法実施手順(その5)FMEAレビュー

   ここまでの解説で、設計の考え方を根本から転換する必要性について解説しました。また、問題点の検討が漏れやすい変更点・新規点の記録を、設...

   ここまでの解説で、設計の考え方を根本から転換する必要性について解説しました。また、問題点の検討が漏れやすい変更点・新規点の記録を、設...


FMEA簡易法実施手順(その4)セルフFMEA

     ここまでのFMEA簡易法実施手順で、設計の考え方を根本から転換する必要性について解説しました。また、問題点の検討が漏れや...

     ここまでのFMEA簡易法実施手順で、設計の考え方を根本から転換する必要性について解説しました。また、問題点の検討が漏れや...


お客様目線の設計とは

  ♦ FMEA導入を成功させるための前提条件  市場では、設計の信頼性・安全性が求められています。それにはお客様目線で設計...

  ♦ FMEA導入を成功させるための前提条件  市場では、設計の信頼性・安全性が求められています。それにはお客様目線で設計...


「FMEA」の活用事例

もっと見る
中国企業とFMEA

 中国企業では設計開発段階での検証が不十分で量産後に問題が発生し顧客クレームとなることが何度も起きています。中には初回納品で不具合が発生したために、そ...

 中国企業では設計開発段階での検証が不十分で量産後に問題が発生し顧客クレームとなることが何度も起きています。中には初回納品で不具合が発生したために、そ...


設計(Design)FMEAの効果

        エンジニアはいつでも忙しいのに、特に忙しい設計段階で、設計(Design)FMEA を行うことは大変です。複数のエンジニアを集めて、...

        エンジニアはいつでも忙しいのに、特に忙しい設計段階で、設計(Design)FMEA を行うことは大変です。複数のエンジニアを集めて、...


市場トラブルの事例と未然防止

1. 事例:市場トラブルの現状  市場では、一体どのような製品のトラブル(故障や事故)が発生しているでしょうか。下図は、自動車の設計に起因するリコー...

1. 事例:市場トラブルの現状  市場では、一体どのような製品のトラブル(故障や事故)が発生しているでしょうか。下図は、自動車の設計に起因するリコー...