ホーム > 技法解説 > サプライチェーンマネジメント > VMI

VMI とは

VMI(Vendor Managed Inventory)とは、材料供給業者が顧客先の資材や部品などを所有し管理する方式のことを指します。たとえば、富山の薬売りが商品である薬を最も消費地に近い家庭内に在庫し、顧客は必要な時に必要な薬だけを使用してその分だけ代金を支払うような方式です。 製造メーカーとしては材料在庫を持つ必要がなく、そのリスクを極限まで排除することが可能となり、部材の供給業者はメーカーからの需要予測データで計画的に生産を予測できるとともに、顧客との強い関係を築くことができます。


VMIの解説記事一覧

VMIの活用事例一覧

回転ずしに見るサプライチェーン (2012-09-24)
ウォールマートのSCM事例 (2012-04-05)


VMIの専門家

氏名 会社名
仙石 恵一 Kein物流改善研究所 物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サ…
本間 峰一 株式会社ほんま 高額投資したにもかかわらず効果の上がっていない生…
細木 和茂 株式会社BBF(Business Brain For U) SCM時代は、私のモットー「ギリギリまでつくらな…
西水 晃 ACE西水経営士事務所  “KKDD経営”からの脱却を目指し、「科学的経…
小山 太一 コヒーレント・コンサルティング SCMの効率を新しいKPIで見える化し、問題点を…

VMIで解決できる課題

8件中 18件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 生産 在庫を削減したい(部材、中間、製品)
3 生産 発注管理を最適化したい
2 生産 生産リードタイムを短縮したい
1 生産 生産原価を低減したい
1 生産 設備可働率を上げたい
1 生産 多品種少量生産に効率よく対応したい
1 生産 生産情報を正確、迅速に入手したい
1 市場品質 顧客満足度を向上させたい






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら