グループインタビューの応用

1. グループインタビューの応用としての飲みコミュニケーション

 今回は、グループインタビューの応用で、飲みコミュニケーションについて例を用いて解説します。
 
グループインタビュー
 その前に、Q:あなたがよくしゃべっている場面はどんな時でしょうか?
 
・会議の場面
・自身のデスク
・昼休みの社員食堂
・お弁当を広げてランチタイム
・喫煙所でたばこを吸いながら
・給湯室でのひととき
・休憩中、コーヒーを飲みながら
・飲み会の席
 
 ◆男性に伺うと、
 
・たばこを吸いながら
・親しい友人と居酒屋での飲み会
 
 ◆女性に伺うと
 
・お昼のランチタイム
・休憩中
 
 よくしゃべると言うことは、グループインタビューの活用に最適と言うことです。グループインタビューでは、「よく話す人を参加者に入れましょう」とあります。私は、たばこを吸いませんが、たまに喫煙所に入ったりします。そこでは、実に多様な会話が弾んでいます。
 
 男性でよく話す場面に出てきましたが、居酒屋でのグループインタビューについて触れてみます。グループインタビューを越えて本音を聞きたいときは、飲みコミュニケーションをターゲット層で実施します。
 
 それは、お酒が入った方が滑舌が良くなるからです。本音をぶつけた会話になりやすいのです。グループインタビューである特徴の、相互対話が活発になります。
 
 私は失敗しましたが、お酒はほどほどにした方がよいでしょう。深酒になると司会者がコントロールしにくくなります。
  

セミナー「知財英語コミュニケーション入門」

10:30 ~ 16:30 

[東京・大井町] きゅりあん 5階 第1講習室

46,440円

2. 飲みコミュニケーションの活用事例

【若者向きRV車の企画】

 企画担当者がS大学経済学部Kゼミの学生ととても頻繁に飲み会を行っていました。飲み会から大学生の価値を見いだしました。会場はよくある居酒屋です。気兼ねなく大学生に話してもらうためです。特にターゲットとしては、アウトドアレジャーを好む大学生に絞って、交流会をしていたことを思い出します。
 
 大学生がクルマに限らず、どんな生活をしているか、雑談していました。雑談の中から、大学生の本音、価値を見いだしていきます。一見無駄に思える手法ですが、大学生の価値を知る上では有効な手段でした。大学生からしたら、企画担当の方と飲んで話すだけで喜んでいました。企業側回答者側共に好都合です。
 

【大学生の価値観】

(1) 道具感
 クルマを所有するのではなく、使いこなす道具として考えています
(2) 使えるクルマ
 荷室は荷物がしっかり積めること、必要な荷物が積めないクルマは使えないクルマと判断します
(3) 仲間4人
 仲間意識が強く、後席でくつろげるスペースを必要としています
 

【競合のRV車の特徴】

(1) 高い価格
 大学生が手が届く価格ではありません
(2) 燃費が悪い
 車格、車重や排気量が大きく燃費が悪いのです
(3) 運転のしにくさ
 大学生ですと運転初心者が多く、運転のしやすさが大事です
(4) 乗降性が悪い
 車高が高く、女性からは乗りにくい
 
 大学生の価値と競合の特徴は相反しているものであり、これらを真の価値ととらえ、仮説として企画の検証を実施した事例です。
 
【参考文献】
神田範明編著『顧客価値創造ハンドブック』日科技連出版社、2004
  

この記事の著者

石川 朋雄

日本のものづくりは品質向上に切磋琢磨し,高品質な商品を開発しました。高品質商品と顧客価値創造を融合する商品企画のシステム化を提案します。

商品企画七つ道具(P7)を活用した顧客視点の商品企画コンサルティングを行います。この根幹は「顧客価値追求の仕組み」を提案致します。 企画の流れは顧客の声を的確に仮説構築(インタビュー調査)を行います。仮説案を元に顧客の声と商品の客観的な…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「グループインタビュー」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「石川 朋雄」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン