ISO9001の内部監査のレベルアップ -内部監査の3レベル法―

1.ISO9001関連でありがちな問題

 ISO9001の推進には内部監査が重要ですが、次のような問題に直面しがちです。

・推進して5-10年立つが、内部監査での指摘がなくなって、時間の無駄と思える。しかし規格で決まっているので、やらざるを得ない。

・内部監査は、第三者審査と同じような方法でやっていて、効果が上がらない。

 こんなことでは、問題です。下記を学び、活性化しましょう。

 

2.内部監査の3レベル法の概要

 第三者審査と異なる内部監査を行い、組織の発展に貢献します。

 具体的には、表1に示すように内部監査のレベルを3段階に分けて、ステップアップします。

 レベル1の適合性監査、レベル2の有効性監査、レベル3のパフォーマンス及び効率など改善指摘監査からなります。

 特に、改善指摘監査で、組織のレベルアップが期待されるものです。 

表1.内部監査の3レベル法
内部監査のレベル 視点 チェックリスト作成のポイント

レベル1: 適合性監査

基準文書の順守度を評価 基準文書に沿ったチェックリスト

レベル2: 有効性監査

目標達成の仕組み貢献度を評価 目標の達成度、および基準文書に沿ったチェックリスト

レベル3: パフォーマンスおよび効率など改善指摘監査

目標、仕組みなどの改善方法を助言する 目標、仕組み、固有技術などの改善方法をチェックリストに盛り込む

①  レベル1は一般的に行われている方法で、基準文書に沿って遵守状況を評価する方法です。第3者審査で行われるものと同じになります。

②  レベル2は、目標達成状況、そのプロセスの仕組み、実施状況が審査されます。

③ レベル3は、組織でしかできない方法であり、第三者審査では行われません。次のように進めます。

a: 目標は競合他社比較などで問題があれば提案する。

b: 仕組み、固有技術など審査員のレベルからみて、会社のためになると思われるものを提案する。

 ここで、監査で提案されたものの中からどれを採用するかは、当該組織の判断で行います。

 

3.参考文献

 及川忠雄、「経営に役立つ内部監査」、日本品質管理学会QMS有効活用及び審査研究部会研究報告書、2008年5月


この記事の著者

及川 忠雄

学ぶ意欲のある人には親切に教え成長に貢献します。企業診断で全体を把握し、重点問題解決を支援します。

学ぶ意欲のある人には親切に教え成長に貢献します。企業診断で全体を把握し、重点問題解決を支援します。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「ISO9001」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「及川 忠雄」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。