社内で妄想した商品開発は、顧客との乖離を生む

 

商品企画

 今回は商品企画の上流工程である企画案構築について、商品開発を社内で妄想しても顧客乖離する典型的な事例から、有効な企画案構築方法について解説します。

 ◆事例:「車の新機能」の考案

 中期製品計画において、新しい企画案を出さなければならなくなりました。企画案のテーマは「車の新機能」を考案せよ、という命題です。

 開発担当者は以下の点で企画を練りました。

 1.自動車展示会で新技術を片っ端に探しました。

 2.新技術から何が役に立つかを考え、今後、自動運転が普及するので運転者が暇になると想定して、新しい仮説を考えました。

 3.自動運転が普及すると、運転車が暇になるので、ステアリングハンドルにテーブルを付ける仮説を考えました。

 4.ハンドルにテーブルを付ける人はどんな人か、配送のドライバーさん、営業のドライバーさん、などペルソナを作成しました。

 5.企画書にまとめて上司に提出しました。

 6.企画書は却下され、再検討となりました。

 7.理由は画期的な企画案ではないからでした。

 上記の例は極端かも知れませんが、私はよく耳にする内容です。ここでの問題は、

 ・顧客不在であること。
 ・技術のみの固守していること。
 ・仮説は新機能ではない。
 ・仮説が顧客要望か否かが検証できていない。

 特に問題なのは顧客要求は全く活かされていないことです。

 私ならば、

 1.車を運転している運転者を観察します。

 2.観察だけではもったいないので、ビデオ撮影をします。

 3.運転者の行動や発言から事実を列挙します、問題点や要望も入れておきます。

 4.運転者の事実から改良すべき気づきを列挙します。

 5.気づきから改善、改良できる仮説案を考えます。

 6.運転者数人に同じことを繰り返し、仮説案をなるべくたくさん出すように心がけます。

 7.仮説案が数十案出てきたら、その仮説を評価する評価用語と総合評価を検討します。

 8.仮説評価をアンケートなどを活用して顧客に評価...

 

商品企画

 今回は商品企画の上流工程である企画案構築について、商品開発を社内で妄想しても顧客乖離する典型的な事例から、有効な企画案構築方法について解説します。

 ◆事例:「車の新機能」の考案

 中期製品計画において、新しい企画案を出さなければならなくなりました。企画案のテーマは「車の新機能」を考案せよ、という命題です。

 開発担当者は以下の点で企画を練りました。

 1.自動車展示会で新技術を片っ端に探しました。

 2.新技術から何が役に立つかを考え、今後、自動運転が普及するので運転者が暇になると想定して、新しい仮説を考えました。

 3.自動運転が普及すると、運転車が暇になるので、ステアリングハンドルにテーブルを付ける仮説を考えました。

 4.ハンドルにテーブルを付ける人はどんな人か、配送のドライバーさん、営業のドライバーさん、などペルソナを作成しました。

 5.企画書にまとめて上司に提出しました。

 6.企画書は却下され、再検討となりました。

 7.理由は画期的な企画案ではないからでした。

 上記の例は極端かも知れませんが、私はよく耳にする内容です。ここでの問題は、

 ・顧客不在であること。
 ・技術のみの固守していること。
 ・仮説は新機能ではない。
 ・仮説が顧客要望か否かが検証できていない。

 特に問題なのは顧客要求は全く活かされていないことです。

 私ならば、

 1.車を運転している運転者を観察します。

 2.観察だけではもったいないので、ビデオ撮影をします。

 3.運転者の行動や発言から事実を列挙します、問題点や要望も入れておきます。

 4.運転者の事実から改良すべき気づきを列挙します。

 5.気づきから改善、改良できる仮説案を考えます。

 6.運転者数人に同じことを繰り返し、仮説案をなるべくたくさん出すように心がけます。

 7.仮説案が数十案出てきたら、その仮説を評価する評価用語と総合評価を検討します。

 8.仮説評価をアンケートなどを活用して顧客に評価してもらいます。

 9.顧客評価を元に仮説案を数字化します。顧客要求の優先順位を決め、企画案に落とし込みます。

 ここでの特徴は

  • 顧客の行動観察により不満点を探っている点。
  • 顧客要望から仮説案を出している点。
  • 仮説案を数字化し、その検証を行っている点。

 この方法に変えるだけで、前のやり方から劇的に企画案は変わるはずです。顧客要求を捉えた企画案を構築されたらいかがでしょうか。

【関連解説:商品企画七つ道具】

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

石川 朋雄

日本のものづくりは品質向上に切磋琢磨し,高品質な商品を開発しました。高品質商品と顧客価値創造を融合する商品企画のシステム化を提案します。

日本のものづくりは品質向上に切磋琢磨し,高品質な商品を開発しました。高品質商品と顧客価値創造を融合する商品企画のシステム化を提案します。


「アイデア選択法」の他のキーワード解説記事

もっと見る
アイデア選択法とは

 今回は、顧客基準で最良アイデアを選択するアイデア選択法を解説します。   1. アイデア選択法とは    商品企画七つ道具の...

 今回は、顧客基準で最良アイデアを選択するアイデア選択法を解説します。   1. アイデア選択法とは    商品企画七つ道具の...