潜在意識の中に潜在ニーズが含まれるとは

 潜在ニーズは,顧客が顕在しているニーズではなく,見えていないニーズをいいます。

人間の記憶は潜在意識と顕在意識の中で生活をしており,ほとんどは顕在意識の中で生活しています。 顕在ニーズを商品企画に用いるのは当然ですが, 現在のように商品が成熟してものが溢れる中では,既に顕在化されているニーズは商品化されています。

そこで潜在ニーズを見つけることが大切です。

まずは,潜在意識へ入り込む方法として, 5W1H(Who,What,Whow,Where,When,How)を使って仮定質問をすると,人間の記憶の中で潜在意識に入ることができます。 記憶を引き出すためにこれらの質問を繰り返す中で,潜在意識に接近できます。 潜在意識の中に潜在ニーズは含まれています。昔の記憶を甦らせることや, 体験させることによって潜在ニーズを引き出します。

これらの質問を有効に使い,インタビュー調査やグループインタビューを実施する事が効果的です。


この記事の著者

石川 朋雄

日本のものづくりは品質向上に切磋琢磨し,高品質な商品を開発しました。高品質商品と顧客価値創造を融合する商品企画のシステム化を提案します。

商品企画七つ道具(P7)を活用した顧客視点の商品企画コンサルティングを行います。この根幹は「顧客価値追求の仕組み」を提案致します。 企画の流れは顧客の声を的確に仮説構築(インタビュー調査)を行います。仮説案を元に顧客の声と商品の客観的な…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「グループインタビュー」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「石川 朋雄」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン