安全設計手法 (その1)フェールセーフとは

 前回はリスク低減の原則である「3ステップメソッドについて解説しました。「3ステップメソッド」はリスク低減の優先順位の考え方を示したものですが、今回からは具体的な安全設計手法について解説していきます。今回は、安全設計手法(その1)「フェールセーフ」について解説します。
 

1.フェールセーフの位置づけ

 製品安全を実現するためには、「ものは壊れる」「人は間違える」ことを前提とすることが求められます。また、リスク低減の方法は危害の程度を小さくするか、発生頻度を下げるかの2つの方法があります。図1は代表的な安全設計手法の中のフェールセーフの位置づけを示したものです。
 
    
フェールセーフ
                   図1.フェールセーフの位置付け
 
 フェールセーフは「ものは壊れる」「発生頻度を下げる」に対応する代表的な安全設計手法です。「人は間違える」「発生頻度を下げる」に対応する安全設計手法の代表はフールプルーフです。フールプルーフについては次回詳しく解説します。
 

2.フェールセーフとは

 製品が故障した時に、安全側の状態となるようにする設計の考え方がフェールセーフである。多くの製品で「安全側の状態≒機能停止」を意味します。フェールセーフを理解するためには、身の回りの製品の事例を知ることが一番の近道です。次に、フェールセーフの事例を紹介します。
 

3.フェールセーフの事例

【事例①】踏切の遮断機
 
                 
フェールセーフ
                      事例1.踏切の遮断機
 
  
 
 鉄道は事故が発生した時の危害・影響の重大性から、フェールセーフを最も多用している分野の一つです。
 
【事例②】温度ヒューズ/電流ヒューズ
 
            
フェールセーフ
            事例2. 温度ヒューズ(左)、電流ヒューズ(右)(出所:モノタロウHP)
 
  
 
 電気製品への各種ヒューズの組み込みは、最も一般的なフェールセーフの事例の一つである。ヒューズによりフェールセーフが作動するかどうかは、ヒューズ自体の信頼性に大きく影響を受ける。また、製品の熱源(ヒーターなど)が脱落するなどして元の位置から移動すると、温度ヒューズが過熱を検知できないこともある(※1)。そういう可能性があることは、十分頭に入れておく必要があります。
 
※1 TDK製の加湿器においてヒーターが脱落したことにより、温度ヒューズが作動せず、火災が発生。6名が死傷した。当該加湿器はリコールとなっています。
 
【事例③ 漏電遮断器】
 
                   
フェールセーフ
               事例3.漏電遮断器(出所:モノタロウHP)
 
   
 
 
【事例④ エレベーターの非常止め装置】
  
    
フェールセーフ
           事例4.エレベーターの非常止め装置(出所:経済産業省HP)
 
 
  ※2 調速機:エレベーターの速度が規定値を超えたことを検出し、停止させる装置
 エレベーターには様々な安全対策が義務付けられており、非常止め装置は落下を防ぐ対策の一つです。
 

セミナー「匂いセンサの定量化技術の現状と開発動向」

10:00 ~ 17:15 

[東京・五反田]日幸五反田ビル8階技術情報協会セミナールーム

66,000円

5.フェールセーフと使い勝手のトレードオフ

 フェールセーフは製品の機能維持よりも、安全性(機能停止)を優先する設計思想です。数多くの安全設計手法の中でも、最も重要な手法です。一方で、機能停止は使用者の使い勝手を低下させます。したがって、やみくもにフェールセーフを導入することはできません。売れない製品になったり、不正改造の原因となったりするからです。そこが設計者にとっては難しい所です。
 
 例えば、近年、電気製品や石油・ガス機器の長期使用による劣化が原因の不具合が大きな問題になっています。行政は対策として長期使用製品安全点検・表示制度を創設しました。使用者に長期使用のリスクを「知らせる」ことにより、事故を減らそうとしているのです。
 
 フェールセーフの思想に従えば、長期使用に至った時点で機能を停止させれば、事故が発生する可能性は極端に低くなるはずです。技術的にはなんら難しくないでしょう。しかし、それでは社会の合意が得られません。「毎日使っている製品が突然使えなくなるのは勘弁してほしい」「どこも壊れていないのに点検費用がかかるのは納得いかない」。多くの使用者はそのように考えるでしょう。パロマ湯沸かし器中毒事故では、フェールセーフにより頻繁に停止していたことが、不正改造の原因の一つとなりました。安全性と使い勝手はトレードオフの関係になることが多いのです。フェールセーフの適用は、事故の重大性や機能を停止することによる使用者への影響を考慮しながら行わなければなりません。
 

この記事の著者

田口 宏之

中小製造業の製品設計の仕組み作りをお手伝いします!これからの時代、製品設計力強化が中小製造業の勝ち残る数少ない選択肢の一つです。

中小製造業の製品設計の仕組み作りをお手伝いします!これからの時代、製品設計力強化が中小製造業の勝ち残る数少ない選択肢の一つです。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「安全設計手法(フールプルーフ/フェイルセイフ)」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「田口 宏之」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。