QFD(品質表)の効用とは

 QFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)は、顧客が要求する品質(要求品質)を洗いざらい抽出整理し、開発の狙いとする要求品質の重みを検討・付与したうえで、それらを実現するために関係する技術的特性(品質特性)に変換することからスタートします。 この変換のための二元表を品質表とよび、品質表で得られた品質特性の重点項目を中心に、設計→生産技術→購入品→製造→検査(品質保証)にいたるまでのさまざまな工程に展開していく、つまり顧客のためにモノづくりのいたるところで品質を保証していこう、というものです。 そしてQFDの効用としては、以下のものがあげられます。

  1. QFDの構造図
    市場ニ-ズの先取り
  2. 目標の明確化
  3. 事前検討の充実(故障予測、再発防止、ボトルネック等)
  4. 品質伝達の適正化(品質特性→設計特性→設備条件→作業標準)
  5. 評価確認(重要評価項目)の徹底

  一般的なQFDの全体概念を図1に示しますが、このプロセスすべてを検討するには大変な労力が必要となるため、近年の実践ではその目的によりポイントを絞って適用することが多くなっています。

 ただし、QFDの基本が顧客要求を製品・サービスに活かすことであることに鑑みて、その入り口である品質表の作成は重要視されるべきでしょう。



QFDの詳細
 図2に品質表の詳細イメージ(例)を示します。品質表は広くさまざまな製品・サービスにおいて顧客要求品質の優先度を判定して、開発重点項目を特定していくことができます。 現在、商品企画七つ道具のツールのひとつとしても採用されており、ますます活用の幅が広がっています。

 以下に品質表作成の手続きを簡単に示します。

STEPⅠ:現在の顧客、および想定される顧客の要望(声)を洗いざらい抽出し、それらを分析・整理して品質表左側の「要求品質」欄に展開表として表示します。

STEPⅡ:それぞれの要求品質を製品・サービス(以下まとめて商品)で実現するために、要求品質と関係のある技術的な要素・特性を列記し、それらのすべてを分類・整理して品質表上側の「品質特性」欄に展開表として表示します。

STEPⅢ:各要求品質に関係のある品質特性について、その関係の強さを3段階程度に分けながら、中央の「二元表」の対応するセル(マス目)に記号や数字で記入します。

STEPⅣ:各要求品質について、それぞれの重点度合いを顧客の視点で広範囲に分析・評価し、右側の「品質企画」欄に記入します。 図2.の品質企画欄にある各項目は、企画に際しての検討要素で、「品質の性質」から「競合製品比較」までが顧客の視点で分析する項目、右端の「レベルアップ項目」は「品質の性質」から「競合製品比較」までの内容を勘案して戦略的に決断した、開発の重点度合いを記入します。

※検討項目の内容については、対象商品が製品なのかサービスなのかによって、あるいは同じハード製品であっても一般消費者が対象の「B to C」型製品なのか、生産用製品や部品のような「B to B」型なのか、によっても異なってきます。

※また、対象とする顧客を想定して顧客重要度などを検討する必要があります。

STEPⅤ:要求品質の中で、特に重点度合いの高い品質を中心に二元表から関連する特性を選び、下側の「品質設計」欄で各特性の設計目標値を検討していきます。 この部分は顧客側の主観的な判定は行わず、技術的で、客観的な判断が必要になります。

 特に重要度の高い品質特性について、競合製品と仕様比較などをしながら開発目標設定を行います。 そして、技術的な検討項目としてこれまでどうしても解決できなかったようなBNE(ボトルネック・エンジニアリング)や、その達成には新技術が必要な項目、あるいは過去において重大なトラブルが発生した要注意特性などを開発着手時に検討漏れがないよう重点項目として記載しておきます。

 こうして作成した品質表の記入例を図3に示します。 ここで特に大事なのは右側印をつけた品質企画の議論で、重点的に開発すべき要求品質が顧客に感動をもたらすものなのかどうか、それが魅力的なものなのかどうか、あるいは競合他社商品を凌駕できるのか、などを初期段階のデザインレビューなどで 開発関係者が納得してスタートすべきです。 つまり、開発初期の段階でゴールをしっかり見据えることと言えると思います。

品質表の記入例

QFD

● QFD入門セミナーDVDを販売しています ⇒


この記事の著者

笠井 肇

QFD、TRIZ、QEを駆使した絶対的強みの確立

QFD、TRIZ、QEを駆使した絶対的強みの確立

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「品質表(QFD)」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「笠井 肇」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。