ISO9001の活性化に「ISO9001推進7つ道具」の活用を

 ISO9001のマンネリ化で組織の成長ができずに悩んでいる人はいませんか?原因はISO9001が悪いのではなく使い方の工夫が不足しているためです。それを解決するための「ISO9001推進7つ道具」を紹介します。

 ISO9001推進7つ道具は、表1の7つの道具から構成されます。これらの道具を使っていくと、経営者の構想を実現するために、具体的な推進ができます。ⅤステップまでにQMSが構築でき、運用を開始する。開始して数年運用し、狙いと実態があっているかどうかをⅥの道具で解析し、問題があれば修正します。このやり方を習得する人材をⅦの道具で育成します。

 効果は、経営者の意向に沿ったQMSを構築し、狙いの目標が達成でき、会社は発展します。

表1 ISO9001推進7つ道具

 

名 称

狙い

ISO 9001導入時の経営者の構想立案

経営者の構想を盛り込む

経営課題の分析

経営課題を明確化

自社経営の特徴分析

強み、弱み分析

新プロセス導入分析

経営課題に沿った組織特有の仕組みも盛り込む

品質マネジメントシステム構築法

QMSを構築

取得前後の品質マネジメントシステム分析・改善法

狙いがどう進捗しているか問題をみつけ解決を図る。

ISO 9001推進7つ道具 教育方法

この手法の活用方法を学ぶ

道具を使うタイミングを表2に示しました。

表2 ISO9001推進ステップにおけるISO9001推進7つ道具の使う段階


この記事の著者

及川 忠雄

学ぶ意欲のある人には親切に教え成長に貢献します。企業診断で全体を把握し、重点問題解決を支援します。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「ISO9001」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「及川 忠雄」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン