「TQM」とは

TQMとは、Total Quality Manegementの略語のことで、経営管理手法の1つです。日本語では、「総合的品質管理」とも訳すことが多いですが、企業活動において、品質の維持と向上を図っていくことが目的であり、そのための取り組み方、考え方、方法などのプロセスの全てを意味しています。TQMはTQCが発展してできたものです。近年、成果主義の考え方が社会に広がっていく過程で、TQCの問題が多く出てきてしまうことになりました。そのために、新しくTQMが利用されるようになってきています。TQCは元々、製造業に特化した品質管理の手法でしたが、TQMは品質管理全般を意味しており、範囲が限定されない特徴があります。

◆関連解説記事『TQM(総合的品質管理)とは』

「品質マネジメント」工場監査・工程監査を解説した記事

「品質マネジメント」APQPを解説した記事

「品質マネジメント」シックスシグマを解説した記事

「品質マネジメント」経営品質を解説した記事

「品質マネジメント」特殊工程の4M変動への対応方法を解説した記事

「品質マネジメント」についてのセミナー一覧


「TQM」のキーワード解説記事

もっと見る
中小製造業の課題と解決への道筋(その2)相次ぐ品質問題

第1章 時代の変化に取り残された「組織とマネジメント」 第2節 最近の品質問題 根っこは同じ企業の体質  中小企業も大企業も品質問題が発生する根っ...

第1章 時代の変化に取り残された「組織とマネジメント」 第2節 最近の品質問題 根っこは同じ企業の体質  中小企業も大企業も品質問題が発生する根っ...


マネジメントサイクルを回すとは

 マネジメントサイクルとは、企業活動などにおいてP(計画)D(実施)C(評価)A(改善)の4段階を1サイクルとして、これを繰り返すことで継続的な業務改善を...

 マネジメントサイクルとは、企業活動などにおいてP(計画)D(実施)C(評価)A(改善)の4段階を1サイクルとして、これを繰り返すことで継続的な業務改善を...


改善の四原則 (ECRSの原則)-現場主導の改善-

 改善の四原則にECRSの原則と呼ばれるものがあります。これは工程や作業、手順等の改善を行う時に留意する考えです。名前だけ聞くと難しそうですが3ムと同じで...

 改善の四原則にECRSの原則と呼ばれるものがあります。これは工程や作業、手順等の改善を行う時に留意する考えです。名前だけ聞くと難しそうですが3ムと同じで...


「TQM」の活用事例

もっと見る
現場主義の一例 技術者の対応

 現場主義に関するお話、今回は技術者(技術・品質等)の対応の事例を紹介します。  現場で技術的な問題や品質問題が発見され、技術者(技術、品質)に連絡が入...

 現場主義に関するお話、今回は技術者(技術・品質等)の対応の事例を紹介します。  現場で技術的な問題や品質問題が発見され、技術者(技術、品質)に連絡が入...


紙ヘリコプターを使った問題解決研修

1.実験計画法研修の問題  問題・課題解決法やQC7つ道具、実験計画法などを学んだが、実践は職場に帰ってから実施することになっているため、実践しないで忘...

1.実験計画法研修の問題  問題・課題解決法やQC7つ道具、実験計画法などを学んだが、実践は職場に帰ってから実施することになっているため、実践しないで忘...