中国企業の壁(その30) 溶接の検証不足による不具合発生とは

 
 
生産マネジメント
 
 天津地区は、鋼材(鉄材)の加工・組立製品の生産が盛んです。鋼材は表面をメッキをする必要がありますが、溶融亜鉛メッキなどのメッキ業者もたくさんあります。
 
 華南地域にある中国企業が鋼材の構造物を天津の加工業者に発注し、メッキも同じ地区にあるメッキ業者が行いました。
 
 同じものを他の地域で作るよりも安くできるのは間違いありません。鉄という重量物の運賃を考慮してもコストメリットが出るので、わざわざ遠く離れた天津の加工業者に作らせているのです。
 
 今回の構造物は、鉄のアングルが重なった部分を溶接で継ぐ設計としていたのですが、全面溶接とはせず点溶接としました。それでも強度は十分保てるという判断でした。
 
 サンプル製品が納品され強度などを確認して問題がなかったので、顧客にもサンプル出荷し、評価OKとなりました。ところが、初回量産品が納入され検査をしたところ、溶接部に錆が発生しているものがいくつか見つかりました。
 
 原因を調査していくと、鉄のアングルが重なっているところに隙間(空間)があり、点溶接だったためにメッキ工程の前処理で行う酸洗の液が隙間に入り込み、メッキ後もその酸洗液が残留していたことがわかりました。
 
 溶融亜鉛メッキのメッキ液が、その隙間には流れ込むのは難しいと思われ、前処理で入り込んだ酸洗液が追い出されることなく残留したということです。その酸洗液がメッキ後に流れ出して、他の部分と比べてメッキのりがよくない溶接部に付着し錆を発生させたというのが真相のようです。
 
 設計部スタッフが設計した時に鉄のアングルを重ねれば、そこに隙間ができることはわかったはずです。全面溶接にすれば、隙間を塞いでしまうことができたのですが、点溶接にしたことで隙間が存在することになりました。
 
 設計部スタッフは、溶接強度と溶接の工数には気を配っていたのですが、そこに出来る隙間がどんな影響を及ぼすかについては、考えが及びませんでした。
 
 お客さんのサンプル評価がOKだったので、錆が発生したことは言えず、黙って錆の補修処理をすることになりました。ただし、いつまでも補修処理とする訳にもいかないので、どこかのタイミングで設計を変えなくてはなりません。
 

この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

【当社の考え方・方針】 中国工場のものづくりは、まず「品質の安定化」、「品質管理の定着化」 品質が安定し品質管理が定着していなければ、生産性向上や在庫削減等の課題に取り組んでも成果は上がりません。品質が安定して初めて、これら課題への展…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「生産マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「根本 隆吉」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン