中国企業の壁(その25)中国式ショット数管理・会社規定との乖離

  
  
生産マネジメント
 
 前回ある中国工場(中国企業)での金型のショット数管理が中国式管理になっていたと書きました。日本で行われている金型のショット数管理とは、金型の使用ショット数があらかじめ設定した数に達したら、自動的に金型のメンテナンスを実施します。
 
 これに対して、中国式ショット数管理とは、設定したショット数に達したら、その金型を検査して問題あればメンテナンスを行う。しかし、問題がないと判断したらそのまま生産を継続する。次回の確認ショット数を設定し、それに達したらまた金型を検査して同じ判断をするというやり方です。
 
 本来のショット数管理に出来栄え管理の要素を加えた方法です。
 
 実際の運用状況はどうなっていたか、金型のメンテナンス記録を見ると、生産中に製品にバリが発生している、製品に傷が入っているのを作業者の自主検査または品管部の巡回検査で見つけたことで金型のメンテナンスを行っていた実態がわかりました。
 
 実質的には、出来栄え管理だけだったのです。設備に故障が起きれば修理対応するが、故障していないときに手を打つことはしないのと同じことが金型でも起きていたのです。中国工場は予防保全が苦手なのです。
 
 さらに問題だったのは会社規定と実際の管理が乖離していたことです。会社規定ではショット数管理は、設定したショット数に達したら自動的にメンテナンスすることになっていたのです。
 
 生産の責任者との打合せで、この中国式ショット数管理を「おもしろい管理方法をやっていますね」と話をしたら、責任者はそんなことはない、日本とやり方と同じショット数管理のやり方をすることになっていると言ってきました。
 
 わたしがいくら実態を確認したと言っても取り合ってくれなかったので、直接担当者に聞いてくれと言って確認してもらってやっと規定とは違う方法で管理が行われていたことを認識してくれました。
 
 会社の規定はあるものの、担当者が勝手にその管理方法を変えていたのです。会社の上層部は決まりがあるのだから、その通りに管理しているはずだと勝手に思い込み、確認することを怠っていました。中国人がルールを守らないことは自分たちが一番わかっているはずなのに。
 

この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

【当社の考え方・方針】 中国工場のものづくりは、まず「品質の安定化」、「品質管理の定着化」 品質が安定し品質管理が定着していなければ、生産性向上や在庫削減等の課題に取り組んでも成果は上がりません。品質が安定して初めて、これら課題への展…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「生産マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「根本 隆吉」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン