中国企業の壁(その52) 取引先評価とコスト優先

New

 
  
中国企業
 

1. 外注業者の評価

 
 日本品質を目指している中国企業A社では、外注業者の品質改善を最重要課題として取組みました。その施策の1つとして新規業者開拓において適正な業者評価が出来るようにしました。
 
 具体的には、品質管理面の評価を企業規模に応じた内容で行うことを品管部に、そして、業者の技術や設備面の評価を開発部に依頼し、完全とは言えないまでも以前よりも品質や技術面の評価が適切に行えるようになりました。
 
 この基準で既存外注である鉄加工品業者の再評価を実施しました。鉄加工品では、新しい製品を立ち上げるたびに初期トラブルが発生し、顧客の信用を失っていました。
 

セミナー「中国工場の品質管理/改善と生産性改善の進め方」

10:00 ~ 17:00 

北とぴあ・803会議室:北区王子 1-11-1

37,800円

2. 品質問題が起きないように自社で管理する体制とは

 品管と開発とで7社訪問し再評価したところ、4社は継続して取引可能だが、3社は管理レベルが低く今後取引は難しいと判断されました。
 
 自社要求に応えられる外注業者を選ぶ道筋が出来てきたのですが、外部環境の影響で購入品に対するコスト圧力が非常に強くなってきました。単刀直入に言うと、購入先はコスト最優先で選定せざるを得なくなったのです。
 
 コストを優先すると品質管理や技術面でレベルが低くなり、不合格のDランクとなる場合も出てきました。評価で不合格の業者からの購入は基本的には出来ないルールになっていますが、購買部としては、その業者から買うという選択肢しか許されない状況です。
 
 A社が取るべき道は、Dランクの業者を指導して購入できるCランクに引き上げることです。ルールを満足するためですが、重要なのは、この業者の品質に起因する品質問題を発生させないことです。
 
 コスト優先という選択肢は当然あると思います。しかし、品質問題を起こしてはコストメリットなど簡単に飛んでしまいます。品質管理レベルの低い業者から購入するなら、品質問題が起きないように自社で管理する体制を作らなくてはなりません。
 
 中国企業の弱い部分として、コスト優先としたときに品質をいかに確保するかです。業者での品質確保が十分できなければ自社で品質を確保することは難しくなります。
 

この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

【当社の考え方・方針】 中国工場のものづくりは、まず「品質の安定化」、「品質管理の定着化」 品質が安定し品質管理が定着していなければ、生産性向上や在庫削減等の課題に取り組んでも成果は上がりません。品質が安定して初めて、これら課題への展…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「品質マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「根本 隆吉」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン