中国企業の壁(その46)理由教育とは(その2)

 
  
生産マネジメント
 
 前回、ある日系中国工場の作業で半田コテ先の温度や設備の始業点検など作業者がやるべきことをやっていない、それをチェックすべき管理者も作業者の実施確認をやっていなかったという事例を紹介しました。今回は、理由教育の実施について解説します。
 

1. 作業の実施確認が行われない理由

 作業の実施確認が行われないのは、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。理由はいろいろ考えられますが、次の2点でしょうか。
 

(1) 作業者も管理者もうっかりして忘れてしまった。

 この背景には、自分のやるべきことに対する意識が薄いとか、確認をしてもしなくても生産にはなんの影響もない(自分に与えられた作業が出来ていればよい)などがあると考えられます。
 

(2) 半田コテ先温度の確認や始業点検をどうしてやるのか、その理由を理解していない。

 この背景には、会社や上の人間からやれと言われてやっているだけとか、これらの確認をすることの重要性や実施しなかった場合にどんな影響があるかを知らないことが考えられます。
 
 では、対策はどうしたらよいでしょうか。
 

セミナー「Pull 生産方式での在庫計画 」

10:00 ~ 17:00 

JR新横浜駅周辺の会議室を予定

88,000円

2. 理由教育の実施

 管理の徹底を図る。作業者が実施したことを管理者が確認することの徹底は必要でしょう。でも、これは今までもやることになっていたはずです。今回提唱するのは、原因の2つ目に書いた実施しなければならない理由を作業者にも管理者にもしっかり教える「理由教育」です。
 
 多くの中国工場では、ここが欠けています。確認をする決まりやルールは作っていますが、実施する側からすれば「いいからとにかくやれ」と言われているのと同じです。「いいからやれ」というのは、最も言われていやな言葉の1つではないでしょうか。
 
 そうではなく、どうしてこれら確認をやるのか、やらないといけないのか、やらないとどのようなことが起きるのか、生産や製品にどのような影響があるのかなどを教えること、それが「理由教育」です。
 
 理由教育の対象項目は、点検や検査だけではなく作業方法も然りです。どうしてこの方法で生産しているのか、必ず理由があるはずです。こういう理由がある、だから他の方法でやってはいけないのだと教えるのです。
 
 理由教育の対象者は、作業者だけではありません。管理する側のスタッフに対しても実施することをお奨めします。管理する側のスタッフは当然管理する理由を知っていると考えがちですが、決してそんなことはありません。
 
 先に管理する側のスタッフに対して理由教育を実施して、作業者に対しては、その管理スタッフに先生役をやってもらい落とし込むのがよいでしょう。
 

この記事の著者

根本 隆吉

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改善・再構築を第一の使命と考え皆様を支援します。

中国工場の改善・指導に強みを持っている専門家です。 社名の「KPI」は「Key Process Improvement」のことで、工場の最も重要な工程の改...

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「生産マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「根本 隆吉」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。