クリーン化について(その77)付帯設備の診断-7

 

 

【この連載の前回へのリンク】

【この連載の次回へのリンク】

今回は、設備の排気管の劣化について解説します。

 

付帯設備については、観察ポイントを説明しました。これらをもとに、水平展開、応用をしていろいろなものに着眼しましょう。これも予防保全として活用して下さい。主には、乱流方式のクリーンルーム内で起きやすい例です。

 

クリーン化

 

この写真は、設備内の汚れた雰囲気をダクトによって室外に排気する部分です。左の写真は、設備とダクトが長い距離で接触しています。この下には金属粉や設備から剝れた塗装粉が落下していました。設備はわずかに振動しています。またダクトは天井側の振動が伝わってきています。

 

この場合、相互に擦れていて、それがずっと続く、継続発塵の例です。人が入りにくいところなので、人の目での発見は難しいでしょう。落下した金属粉、塗装粉も様々な気流で飛散します。

 

右の写真は排気ダクトが設備の角に接触しています。左の例と同様、設備もダクトも振動していて、相互に擦れています。こちらの場合は、設備の角に接触している部分が極度に劣化します。この場合、ダクトに穴が開きます。穴が開くと、設備内の嫌な雰囲気を外に出そうとして、せっかくダクトに集めたのに、汚れた雰囲気がこの個所から室内に放出されてしまいます。

 

室内の清浄度が低下するだけでなく、内容によっては、人的被害も考えられます。何のためのダクトかということになってしまいます。

 

写真右ダクトはステンレス製ですが、もっと弱いタイプもあります。蛇腹のホースのような感じです。その場合は穴あきよりも、破れが発生します。

 

どちらもそのままにしておくと劣化が進み、何らかの事故が起きる可能性があります。これらは、ダクトの引き回し方を考えることと、最初は良かったが、徐々に変化していく、つまり状態は変化するということを考え、設備点検、定期点検などの項目も含めておきましょう。そうしないと、いつから始まったのかわからなくなってしまいます。

 

例えば、右の写真は、点検表が設備に貼ってあります。この記入のために人が狭いところを通るのかも知れません。最初は良かったが、通行する人がダクトと接触し、徐々に変化したのかも知れません。最初の良い状態が持続されるのかはわからないのです...

 

 

【この連載の前回へのリンク】

【この連載の次回へのリンク】

今回は、設備の排気管の劣化について解説します。

 

付帯設備については、観察ポイントを説明しました。これらをもとに、水平展開、応用をしていろいろなものに着眼しましょう。これも予防保全として活用して下さい。主には、乱流方式のクリーンルーム内で起きやすい例です。

 

クリーン化

 

この写真は、設備内の汚れた雰囲気をダクトによって室外に排気する部分です。左の写真は、設備とダクトが長い距離で接触しています。この下には金属粉や設備から剝れた塗装粉が落下していました。設備はわずかに振動しています。またダクトは天井側の振動が伝わってきています。

 

この場合、相互に擦れていて、それがずっと続く、継続発塵の例です。人が入りにくいところなので、人の目での発見は難しいでしょう。落下した金属粉、塗装粉も様々な気流で飛散します。

 

右の写真は排気ダクトが設備の角に接触しています。左の例と同様、設備もダクトも振動していて、相互に擦れています。こちらの場合は、設備の角に接触している部分が極度に劣化します。この場合、ダクトに穴が開きます。穴が開くと、設備内の嫌な雰囲気を外に出そうとして、せっかくダクトに集めたのに、汚れた雰囲気がこの個所から室内に放出されてしまいます。

 

室内の清浄度が低下するだけでなく、内容によっては、人的被害も考えられます。何のためのダクトかということになってしまいます。

 

写真右ダクトはステンレス製ですが、もっと弱いタイプもあります。蛇腹のホースのような感じです。その場合は穴あきよりも、破れが発生します。

 

どちらもそのままにしておくと劣化が進み、何らかの事故が起きる可能性があります。これらは、ダクトの引き回し方を考えることと、最初は良かったが、徐々に変化していく、つまり状態は変化するということを考え、設備点検、定期点検などの項目も含めておきましょう。そうしないと、いつから始まったのかわからなくなってしまいます。

 

例えば、右の写真は、点検表が設備に貼ってあります。この記入のために人が狭いところを通るのかも知れません。最初は良かったが、通行する人がダクトと接触し、徐々に変化したのかも知れません。最初の良い状態が持続されるのかはわからないのです。

 

設備と排気ダクトの擦れの不具合事例を紹介しましたが、これはダクト以外のガスや薬品、純水などの配管、電気の配線など、設備周囲にはいろいろなものあるので、それらの引き回しも同じような視点で確認しましょう。問題が起きてから対応する事後保全ではなく、予防保全の考え方が重要です。

 

次回に続きます。

 

 

◆関連解説『環境マネジメント』

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

清水 英範

在社中、クリーン化25年の経験、国内海外のクリーン化教育、現場診断・指導多数。ゴミによる品質問題への対応(クリーン化活動)を中心に、安全、人財育成等も含め多面的、総合的なアドバイス。クリーンルームの有無に限らず現場中心に体質改善、強化のお手伝いをいたします。

在社中、クリーン化25年の経験、国内海外のクリーン化教育、現場診断・指導多数。ゴミによる品質問題への対応(クリーン化活動)を中心に、安全、人財育成等も含め...


「クリーン化技術」の他のキーワード解説記事

もっと見る
クリーン化について(その53)クリーン化活動の進め方

    ステップ2の発生源対策・改善の実施から、今回は、ゴミの見方について解説します。   図.クリーン化活動の...

    ステップ2の発生源対策・改善の実施から、今回は、ゴミの見方について解説します。   図.クリーン化活動の...


クリーン化について(その28)クリーン化4原則-3

   連載その16で『クリーン化4原則+監視の重要性』について述べましたが、前回からクリーン化4原則について個別に解説しています。今回は、クリ...

   連載その16で『クリーン化4原則+監視の重要性』について述べましたが、前回からクリーン化4原則について個別に解説しています。今回は、クリ...


三現主義と5ゲン主義(その2)

 前回の三現主義と5ゲン主義(その1)に続いて、今回は経営者、管理監督者の現場対応事例を紹介します。  これまでにいろいろな会社・工場に呼ばれました。そ...

 前回の三現主義と5ゲン主義(その1)に続いて、今回は経営者、管理監督者の現場対応事例を紹介します。  これまでにいろいろな会社・工場に呼ばれました。そ...


「クリーン化技術」の活用事例

もっと見る
クリーンルームのレイアウトを考える

 クリーンルーム内には、設備、作業台など色々なものを設置するので、予めレイアウト設計をします。高い清浄度を必要としないクリーンルームは、物の流し方、つまり...

 クリーンルーム内には、設備、作業台など色々なものを設置するので、予めレイアウト設計をします。高い清浄度を必要としないクリーンルームは、物の流し方、つまり...


クリーン化活動の推進とは

 今回は、クリーン化活動の推進の観点から、解説します。    クリーン化活動はすぐに成果、効果が目に見え無い活動ですが、地道にコツコツ継続することで、...

 今回は、クリーン化活動の推進の観点から、解説します。    クリーン化活動はすぐに成果、効果が目に見え無い活動ですが、地道にコツコツ継続することで、...


クリーンルームで使用するテープについて

 クリーンルーム内ではテープを使用しない方が良いのですが、どうしても必要な場合もありますので、そのことについて解説します。  クリーンルーム外で掲示の時...

 クリーンルーム内ではテープを使用しない方が良いのですが、どうしても必要な場合もありますので、そのことについて解説します。  クリーンルーム外で掲示の時...