ホーム > 技法解説 > ものづくり課題から革新技法を探す > 採取済みのデータから有意な要因を判別したい

採取済みのデータから有意な要因を判別したい

データから有意な要因を判別するには以下のような手法がありますので、クリックして参考にしてください。



課題解決に役立つ革新技法の一覧

この課題には15件の革新技法が対応しています (115件目を表示)
並び替え: 対応度 技法分類


対応度 技法分類 技法
3 品質工学(タグチメソッド) MTシステム
監視や検査のリアルタイムな処理、MTシステムとは
多変量の効率的な解析法「MTシステム」の主な応用分野
MTシステムの考え方と機能
MTシステムQ&A集
MTシステム超入門(その1)
≫MTシステムの技法解説記事をもっと見る
3 SQC(統計的品質管理) 回帰分析
単回帰分析で二変数間の従属関係を知る
単回帰分析における回帰式の注意点
単回帰分析応用における信頼区間と逆推定による管理基準作成
ものづくりにおけるデータ活用術、「有用でも昔は困難、今簡単なもの」
エクセルでの重回帰分析
≫回帰分析の技法解説記事をもっと見る
3 SQC(統計的品質管理) SQC
品質管理の第一歩 、ばらつきを意識する
ベイズ統計論
層別比較に便利なグラフ
工程能力指数
分散の加法性 ばらつきの合計
≫SQCの技法解説記事をもっと見る
3 QC7つ道具 散布図
QC7つ道具 (その5) 散布図
相関分析は2変数の関係性
2 品質工学(タグチメソッド) 品質工学(タグチメソッド)
品質工学の狙いとは(その1)
品質工学の狙いとは(その2)
QCDの同時達成、品質工学の役割とは
田口玄一氏年表
ほんまもんの技術者とは (その1)
≫品質工学(タグチメソッド)の技法解説記事をもっと見る
1 新QC7つ道具 連関図法
1 新QC7つ道具 マトリックス・データ解析法
相関行列の作成方法と利用価値
相関行列と分散・共分散行列の使い分け  
1 SQC(統計的品質管理) 検定・推定
統計的有意差検定とは
統計的有意差検定と有意水準
コスト改善と、有意差検定
群内誤差と群間誤差 (その1)
群内誤差と群間誤差 (その2)
≫検定・推定の技法解説記事をもっと見る
1 信頼性工学 ワイブル解析
1 信頼性工学 信頼性工学
設計業務のコツ8カ条
製品設計においてアレニウスの式を活用するには
1 品質マネジメント シックスシグマ
進化を続けるシックスシグマとは
シックスシグマの統計的な側面
改善の限界を超える新プロセスを構築するDFSS(Design For Six Sigma)
シックスシグマ (その1) シックスシグマの概要
シックスシグマ (その2) シックスシグマの教育体系
≫シックスシグマの技法解説記事をもっと見る
1 QC7つ道具 パレート図
QC7つ道具 (その2) パレート図
パレート図を意識付けに使う
1 QC7つ道具 ヒストグラム
QC7つ道具 (その1) ヒストグラム
1 QC7つ道具 グラフ
1 情報マネジメント 共有データサーバ





月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら