進化を続けるシックスシグマとは

 シックスシグマは、1980年代にアメリカで生まれた経営手法です。

 日本で当時、広く活用されていた、TQCを手法開発のお手本とされていたため、日本では製造現場における狭義の品質改善手法と誤解されることが多いのですが、本質的には、経営改革のためのマネジメント手法であり、「組織におけるあらゆるプロセスのバラツキを削減して不良を低減し、コスト低減と顧客満足度をあげることにより、企業利益に貢献するための全社活動」と言えるでしょう。

 本題に入る前に、この手法が開発された歴史的背景についてご紹介します。

 みなさんもご存知の通り、日本の製造業は1970年代から80年代にかけて、目覚ましい発展を遂げ、「安かろう悪かろう」から「安くて高品質」というジャパンブランドを確立し、アメリカ企業のシェアを奪っていきました。

 その結果、モトローラ社も長い歴史を誇るQuasarというブランドのテレビ事業の売却を余儀なくされ当時の松下に事業を売却したところ、居抜きで買い取った工場を殆ど追加投資せずに、ほぼ1年で黒字に転換したそうです。(昨今、日本のテレビ事業が縮小・撤退を行っていることを考えると、盛者必衰の理、ということになるのでしょうか。)

 これにショックを受けたモトローラ社は、生き残りをかけて日本の製造業の強みである、TQCを徹底的に研究し、更にその上を行く手法を開発しようと作り上げられたのがシックスシグマです。

 しかし、シックスシグマを現在のマネジメント手法に精錬させたのは、GE(ジェネラルエレクトリック社)当時のCEOのジャックウェルチ氏です。

 1995年にシックスシグマの導入を決めたウェルチ氏は、この手法を単なる製造部門の品質改善ではなく、企業内のあらゆる業務に適用するマネジメント戦略として活用し、巨額なセービングを実現し、大きな成果を挙げました。

 これに倣うように、多くの製造業、続いて、金融サービス業界へと導入企業が広がり、現在では、ヘルスケア業界の多くの企業が導入しています。

進化を続けるシックスシグマ

 シックスシグマにおける改善活動では、DMAIC(D:定義、M:測定、A:分析、I:改善、C:管理詳細は後述)という5つのフェーズからなる問題解決手法を核としていました。しかし、1990年代後半から、トヨタ生産方式を体系化したリーン(Lean:「贅肉のない=ムダ取り」という意味の英語)手法との融合を図り、更に多様な問題に対応できる手法に変化しました。

 また、DMAICは、基本的には既存プロセスの改善に適した手法ですので、開発・設計など、製品、サービスやプロセスをデザインするために有効な、DFSS(デザインフォーシックスシグマ)、更に近年はイノベーションなど、R&Dからサービスに至るまで企業のバリューチェーン全体に適用できる手法を取り入れて進化を続けています。 

セミナー「シックスシグマによる経営・品質改革 ~経営変革手法~ 」

10:00 ~ 17:00 

【新横浜】 東芝総合人材開発(株) 研修室

88,000円

ISO発行:国際規格化するシックスシグマ

 シックスシグマは問題解決のグローバルスタンダードになりつつあります。2011年9月には、ISOがシックスシグマの国際規格として下記2本を発行しています。

  • ISO 13053-1:2011

Quantitative methods in process improvement -- Six Sigma -- Part 1: DMAIC methodology(プロセス改善における計量法 -- シックス・シグマ -- パート1:DMAIC手法)

  •  ISO 13053-2:2011

Quantitative methods in process improvement -- Six Sigma -- Part 2: Tools and techniques(プロセス改善における計量法 -- シックス・シグマ -- パート2:ツールと技術)

 筆者も、日本規格協会の委員として、上記規格の発行までのプロセスおよび、今後の普及に係っておりますが、グローバル化の加速に伴い、手法や役割、導入プロセスが明確に定義されているシックスシグマは今後益々、導入企業が増えることが予想されています。

 次回は、シックスシグマの統計的な側面についてご紹介します。


この記事の著者

原 智恵子

国際基準の問題解決手法で企業のみなさまの競争力アップに貢献します。品質管理力向上やグローバル人材の教育をお考えの中堅、中小企業様のご相談をお待ちします。

国際基準の問題解決手法で企業のみなさまの競争力アップに貢献します。品質管理力向上やグローバル人材の教育をお考えの中堅、中小企業様のご相談をお待ちします。

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「シックスシグマ」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「原 智恵子」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。