MTシステムQ&A集

 今回はMTシステムで良く聞かれる質問に対して、Q&A形式で応えます。

 

1.MTシステムの良さを一言でいえば何ですか?

 結果の信頼性が高いことと、使いやすいことです。パターン認識や予測の方法(数理)にはさまざまありますが、MTシステムは原理的に分かりやすく、人間の感性と合致するという特性を持っています。

 

セミナー「実務に成果をもたらす「人工知能」導入&活用方法 <ANNモデルとMTシステム>」

10:30 ~ 17:00 

東京・品川区大井町 きゅりあん 5F 第3講習室

48,600円

2.MTシステムの原理的なわかりやすさとは何ですか?

 パターンとは、個々の情報の相関関係から成り立ちます。相関関係を積極的に使うのがMT法です。パターンの相違を、相関に基づいて判断します。

 一方で、相関を使わないほうがよい結果を生む場合もあります。その方法がT法や誤圧法です。ここでは詳細は触れませんが、原理が分かれば適切に使い分けることができます。

 

3.MTシステムはすぐに使える技術ですか?

 MTシステム専用のソフトウェアが用意されていますので、データが揃えばすぐに使うことができます。単位空間の定義方法などについては、押えるべき点がありますので、教科書やセミナーで知識を修得してください。

 

4.MTシステムは統計や品質工学の経験がなくても使えますか?

 MTシステムをツールとして利用する場合は、特に経験や知識は必要ありません。原理を理解するためには、相関や行列式などについて若干の知識があったほうがよいでしょう。別のページでご紹介する入門書を読めば、心配は解けるでしょう。

 

5.MTシステムでデータを特徴化する際の特効薬はありますか?

 MTシステムでパターン認識する際は、採取した生データから特徴化をすることが多くあります。汎用的な特徴化手段はないと言われてきましたが、近年「変化量」「存在量」(あるいは微積分特性)という特徴量が効果的であると報告されています。

 これらは、波形や画像などの課題解決に対して、汎用的に適用可能な強力な特徴量です。


この記事の著者

手島 昌一

画像検査、振動検査などの自動化を進めませんか。MTシステムで低コストに確実に実現できます。

画像検査、音響などの波形検査は、人間(検査員)への依存度が高く、コスト低減のボトルネックの一つです。MTシステムというパターン認識理論を使うと、処理できる場合がほとんどです。世界中の企業が注目しており、また「付加価値」の必要性を感じる国内…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「MTシステム」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「手島 昌一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン