工程能力の理解 (その3) DPMO(Defects Per Million Opportunity)

 前回のその2に続いて解説します。DPMOとはDefects Per Million Opportunityのイニシャルを表し、百万機会当りの欠陥数と言う意味になります。ここで言う機会とは欠陥をチェックする機会を指します。DPMOは百分率%と同様に百万個あたりの欠陥数と同義で用いられることもありますが、正確には異なります。例えばある製品の最終検査項目が5項目あれば、製品一個当りの検査機会は5となります。1機会当りの欠陥数はDPO(Defect Per Opportunity)と言い、5回のチェックで1箇所に欠陥があれば、DPOは1/5=0.2となります。
 
 1機会当りの欠陥数DPOが分かればこれを百万機会に換算するとDPMOを求めることが出来ます。上記の例で言えばDPMOは0.2x1,000,000=200,000です。ではこの製品10個を同様に検査して、欠陥が1箇所であればDPMOはいくつになるでしょうか?
 

【DPMOの計算例】
            dmpo1
 
 上記のようにまずはDPOを求めます。欠陥数は1ですから、機会数を求めればDPMOも容易に算出できます。単純に機会数が10倍になっているので0.1を掛けても求まります。しかし統計的には工程能力が6シグマに相当するDPMOは0.001ppmと極めて低く、3.4ppmに相当するシグマ値である4.5とは異なります。この理由の解説も含めてDPMOとシグマレベルの関係を解説します。
 
 欠陥率が50%であれば100万機会当りの欠陥数は50万個となり、DPMOは50万ppmとなります。欠陥率を標準偏差が1(σ=1)の標準正規分布で表すと、欠陥率、DPMO及びシグマレベルの関係は図1の様になります。
 
 dmpo2   
図1.欠陥率、DPMO及びシグマレベルの関係
  
 この場合の欠陥率とシグマレベルを標準正規分布で描画すると、図2の様になります。水色でカラーリングしている部分が欠陥率です。シグマレベル0の時はDPMOは百万の半分の50万であり、半分が欠陥である事が図から読み取れます。
 
  dmpo3    
  図2.DPMOと短期シグマレベルの関係
 
 上表記載の合格率や欠陥率から、エクセル関数を用いてシグマレベル及びDPMOを求める式は以下の通りです。エクセル関数はエクセル2010版を用いています。これ以前のエクセルの場合はnormsdist関数やnormsinv関数を用いれば同様に求められます。
 
   歩留りからシグマレベルを計算する式        dmpo4            
 
   シグマレベルを用いて欠陥率を計算する式   dmpo5                 
 
 シグマレベルからDPMOを計算する式     dmpo6                                                        ...

 前回のその2に続いて解説します。DPMOとはDefects Per Million Opportunityのイニシャルを表し、百万機会当りの欠陥数と言う意味になります。ここで言う機会とは欠陥をチェックする機会を指します。DPMOは百分率%と同様に百万個あたりの欠陥数と同義で用いられることもありますが、正確には異なります。例えばある製品の最終検査項目が5項目あれば、製品一個当りの検査機会は5となります。1機会当りの欠陥数はDPO(Defect Per Opportunity)と言い、5回のチェックで1箇所に欠陥があれば、DPOは1/5=0.2となります。
 
 1機会当りの欠陥数DPOが分かればこれを百万機会に換算するとDPMOを求めることが出来ます。上記の例で言えばDPMOは0.2x1,000,000=200,000です。ではこの製品10個を同様に検査して、欠陥が1箇所であればDPMOはいくつになるでしょうか?
 

【DPMOの計算例】

            dmpo1
 
 上記のようにまずはDPOを求めます。欠陥数は1ですから、機会数を求めればDPMOも容易に算出できます。単純に機会数が10倍になっているので0.1を掛けても求まります。しかし統計的には工程能力が6シグマに相当するDPMOは0.001ppmと極めて低く、3.4ppmに相当するシグマ値である4.5とは異なります。この理由の解説も含めてDPMOとシグマレベルの関係を解説します。
 
 欠陥率が50%であれば100万機会当りの欠陥数は50万個となり、DPMOは50万ppmとなります。欠陥率を標準偏差が1(σ=1)の標準正規分布で表すと、欠陥率、DPMO及びシグマレベルの関係は図1の様になります。
 
 dmpo2   
図1.欠陥率、DPMO及びシグマレベルの関係
  
 この場合の欠陥率とシグマレベルを標準正規分布で描画すると、図2の様になります。水色でカラーリングしている部分が欠陥率です。シグマレベル0の時はDPMOは百万の半分の50万であり、半分が欠陥である事が図から読み取れます。
 
  dmpo3    
  図2.DPMOと短期シグマレベルの関係
 
 上表記載の合格率や欠陥率から、エクセル関数を用いてシグマレベル及びDPMOを求める式は以下の通りです。エクセル関数はエクセル2010版を用いています。これ以前のエクセルの場合はnormsdist関数やnormsinv関数を用いれば同様に求められます。
 
   歩留りからシグマレベルを計算する式        dmpo4            
 
   シグマレベルを用いて欠陥率を計算する式   dmpo5                 
 
 シグマレベルからDPMOを計算する式     dmpo6                                                                                      
 DPMO算出に用いたデータが、一定期間(短期間)で採取されたものである場合、長期工程能力は短期工程能力よりも低下します。平均値のシフトや分散の変化が生じるためです。経験則的に長期性能は短期性能よりシグマレベル1.5シグマ分低下すると言われています。即ち短期収集データでシグマレベル6相応の工程能力があれば、長期ではシグマレベル4.5として捉えます。DPMOも同様に4.5相当のDPMOとして見なされます。故に4.5に相当するDPMOは3.4ppmとなり、シックスシグマのスローガンと一致します。(図3)
 
dmpo7
   
  図3.DPMO(St)(Lt)
 

  残り20% 続きを読むには・・・


この記事の著者

眞名子 和義

ムダ・ムラ・ムリの「3ムの撤廃が企業収益向上に繋がる」を信条とし、お客様の"視座"に立ったご提案を致します

ムダ・ムラ・ムリの「3ムの撤廃が企業収益向上に繋がる」を信条とし、お客様の"視座"に立ったご提案を致します


「SQC」の他のキーワード解説記事

もっと見る
現場数学(その8)~空間と時間の刻みは独立ではない ~ 流体計算

  ♦ 解の不安定性には常に注意! 1. 我々の住んでいる空間  次元という言葉は魅力的です。「ステレオでは味わえない5....

  ♦ 解の不安定性には常に注意! 1. 我々の住んでいる空間  次元という言葉は魅力的です。「ステレオでは味わえない5....


現場数学(その14)~ 無次元化

  ♦ 限りある時間で必要な桁数の解を求める策を採用 1.単位系と自然  力学で使われる量は質量、長さと時間が基本で、1k...

  ♦ 限りある時間で必要な桁数の解を求める策を採用 1.単位系と自然  力学で使われる量は質量、長さと時間が基本で、1k...


現場数学(その16)~ 「フラクタル次元」

  ♦ 単純そうに見え、実は奥が深い次元のお話 1.次元  空間には1次元、2次元、3次元とあり、時間も加えれば4次元があ...

  ♦ 単純そうに見え、実は奥が深い次元のお話 1.次元  空間には1次元、2次元、3次元とあり、時間も加えれば4次元があ...


「SQC」の活用事例

もっと見る
飛行機事故とセンサー・フィードバックの分布

   ボーイング 737 Max 8機が短い期間に2回の墜落死亡事故を起こし、多くの航空会社が同機種の運航を停止する事態となっています。多くの...

   ボーイング 737 Max 8機が短い期間に2回の墜落死亡事故を起こし、多くの航空会社が同機種の運航を停止する事態となっています。多くの...


ビックデータ時代と米国大統領戦

 ビックデータ時代を考える事例として、今回の第45代米国大統領選挙を見てみます。第45代の米国大統領に、ドナルド・トランプ氏が決まりましたが、トランプ氏当...

 ビックデータ時代を考える事例として、今回の第45代米国大統領選挙を見てみます。第45代の米国大統領に、ドナルド・トランプ氏が決まりましたが、トランプ氏当...


統計手法による 2018年LPGA公式記録データの解析事例(その1)

  1. 相関・主成分・クラスター・レーダーチャート分析の事例とは  2018年の国内女子ゴルフツアー(LPGA)は終了し、アンソンジュが年間獲得...

  1. 相関・主成分・クラスター・レーダーチャート分析の事例とは  2018年の国内女子ゴルフツアー(LPGA)は終了し、アンソンジュが年間獲得...