「技術マネジメント」のキーワード記事検索


249件中 1~20件目

設計機能(その2)設計上の機会損失

 前回のその1に続いて解説します。   1. 機会損失(=逸失利益)とは  機会損失(opportunity loss)とは、ある意思決定をしな...

 前回のその1に続いて解説します。   1. 機会損失(=逸失利益)とは  機会損失(opportunity loss)とは、ある意思決定をしな...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その70) 整理の為に考える要素、その中の物理量の選択

 前回のその69に続いて解説します。  現在、収集した知識・経験をイノベーションに向けて整理するフレームワークを解説していますが、今回も前回に引き続...

 前回のその69に続いて解説します。  現在、収集した知識・経験をイノベーションに向けて整理するフレームワークを解説していますが、今回も前回に引き続...

リーンシックスシグマによる生産性の高め方

   日本の生産性は、OECD加盟36カ国中21位だとか、製造業は良いがサービス業は駄目だとか、 様々な議論があるようです。生産性の定義も色々...

   日本の生産性は、OECD加盟36カ国中21位だとか、製造業は良いがサービス業は駄目だとか、 様々な議論があるようです。生産性の定義も色々...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その69) 市場を各グループ、セグメントに分割する

 前々回から「知識・経験を物理量で整理する」議論を始めていますが、今回も前回に引き続き「整理の為に考える要素」の解説をします。 1. 「知識・経験を...

 前々回から「知識・経験を物理量で整理する」議論を始めていますが、今回も前回に引き続き「整理の為に考える要素」の解説をします。 1. 「知識・経験を...

新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その60) 恐れずに目標設定をするための仕組みとは

◆ 不明確な状況であってもゴールを設定する 1. 不明確はデフォルト  先日コンサルティング現場で次のような事例を目にすることがありました。  ...

◆ 不明確な状況であってもゴールを設定する 1. 不明確はデフォルト  先日コンサルティング現場で次のような事例を目にすることがありました。  ...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その68) 知識・経験を物理量で整理する 4要素

 前回から「知識・経験を物理量で整理する」解説を始めていますが、今回は前回の解説を整理します。 1. 要素1:分析の対象の領域を定義する  集めた...

 前回から「知識・経験を物理量で整理する」解説を始めていますが、今回は前回の解説を整理します。 1. 要素1:分析の対象の領域を定義する  集めた...

新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その59) 企画が通らない時に、確認することとは

1. 企画の承認が得られない悩み  商品・R&D開発テーマの企画提案について、なかなか承認が得られないという相談を受けました。この悩みは大企...

1. 企画の承認が得られない悩み  商品・R&D開発テーマの企画提案について、なかなか承認が得られないという相談を受けました。この悩みは大企...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その67) 知識・経験を物理量で整理する

 前回までは、知識や経験を時系列で整理するという話をしてきましたが、当然時系列以外の物理量という軸があります。今回からは「知識・経験を物理量で整理する...

 前回までは、知識や経験を時系列で整理するという話をしてきましたが、当然時系列以外の物理量という軸があります。今回からは「知識・経験を物理量で整理する...

新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その58) 腹落ちする戦略への近道とは

◆ ありたい姿は自分ごとにする 1. 腹落ちしない戦略  事業戦略や技術戦略のコンサルティングを行う中で次のようなケースに出会います。  時間を...

◆ ありたい姿は自分ごとにする 1. 腹落ちしない戦略  事業戦略や技術戦略のコンサルティングを行う中で次のようなケースに出会います。  時間を...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その66) 激変を予測するとは

 今回も、ここまでと同様、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の中の、知識・経験を時系列で整理する「期」ついて議論をします。 1...

 今回も、ここまでと同様、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の中の、知識・経験を時系列で整理する「期」ついて議論をします。 1...

新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その57) MVP(minimum viable product:実用最小限の製品)とは

1. 新規事業や新商品の立ち上げは、なぜスピードが問われるのか  新規事業や新商品の立ち上げをミッションに活動する際に必ずといっていいほどトップから...

1. 新規事業や新商品の立ち上げは、なぜスピードが問われるのか  新規事業や新商品の立ち上げをミッションに活動する際に必ずといっていいほどトップから...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その65) 知識・経験を時系列で整理

 今回も、前回同様、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の中の、知識・経験を時系列で整理する「期」ついて議論をします。 1. 守...

 今回も、前回同様、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の中の、知識・経験を時系列で整理する「期」ついて議論をします。 1. 守...

新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その56) 部下がついてくる目標となっているか確認する方法

1. 苦労して決めた目標、部下がついてこない問題  新規事業・新商品に関わるコンサルティングの現場では、多かれ少なかれ必ずと言っていいほど発生する、...

1. 苦労して決めた目標、部下がついてこない問題  新規事業・新商品に関わるコンサルティングの現場では、多かれ少なかれ必ずと言っていいほど発生する、...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その64) 「期」について

 今回も、前回に引き続き、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の中の、知識・経験を時系列で整理する「期」ついて解説します。 1....

 今回も、前回に引き続き、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の中の、知識・経験を時系列で整理する「期」ついて解説します。 1....

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その63) 発展段階「期」について

   今回も、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の解説です。今回は、発展段階(「期」)ついて解説します。 1. 発...

   今回も、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の解説です。今回は、発展段階(「期」)ついて解説します。 1. 発...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その62) バリューチェーン・サプライチェーンとその普遍化

   今回も、前回に引き続き、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」です。今回は、バリューチェーン・サプライチェーンとそ...

   今回も、前回に引き続き、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」です。今回は、バリューチェーン・サプライチェーンとそ...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その61) 知識・経験を整理するフレームワーク

   前回から「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の解説をしています。今回も引き続きこの解説をします。 1. 知識・...

   前回から「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の解説をしています。今回も引き続きこの解説をします。 1. 知識・...

見えてきた、2030年の技術社会 (その5) DNA

  ◆ DNAが設計図になる 1. 「2050年の技術」英エコノミスト誌編集部  英エコノミスト誌の編集部がまとめた未来予測で「2050年...

  ◆ DNAが設計図になる 1. 「2050年の技術」英エコノミスト誌編集部  英エコノミスト誌の編集部がまとめた未来予測で「2050年...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その60) 思い付くには何が必要か

   前回は思考の構成要素として、「その1:思い付く」と「その2:思い付いたことの発展」があるという話をしました。今回からは「その1:思い...

   前回は思考の構成要素として、「その1:思い付く」と「その2:思い付いたことの発展」があるという話をしました。今回からは「その1:思い...

見えてきた、2030年の技術社会 (その4) 情報コンテンツ

  ◆ 情報コンテンツの消費形態 1. テレビは4K  ここ数年、日本に出張したときに家電量販店のテレビ売り場を覗いて驚くのは、売っている...

  ◆ 情報コンテンツの消費形態 1. テレビは4K  ここ数年、日本に出張したときに家電量販店のテレビ売り場を覗いて驚くのは、売っている...