「技術マネジメント」のキーワード記事検索


241件中 1~20件目

設計品質の作り込みと、人的設計ミス防止策(その1)

1.設計品質とはなにか  設計ミスを無くし設計品質を向上させたいと考えている企業は多いと思います。しかし、どのようにすれば設計品質が向上するのか、技...

1.設計品質とはなにか  設計ミスを無くし設計品質を向上させたいと考えている企業は多いと思います。しかし、どのようにすれば設計品質が向上するのか、技...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その66) 激変を予測するとは

 今回も、ここまでと同様、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の中の、知識・経験を時系列で整理する「期」ついて議論をします。 1...

 今回も、ここまでと同様、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の中の、知識・経験を時系列で整理する「期」ついて議論をします。 1...

新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その57) MVP(minimum viable product:実用最小限の製品)とは

1. 新規事業や新商品の立ち上げは、なぜスピードが問われるのか  新規事業や新商品の立ち上げをミッションに活動する際に必ずといっていいほどトップから...

1. 新規事業や新商品の立ち上げは、なぜスピードが問われるのか  新規事業や新商品の立ち上げをミッションに活動する際に必ずといっていいほどトップから...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その65) 知識・経験を時系列で整理

 今回も、前回同様、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の中の、知識・経験を時系列で整理する「期」ついて議論をします。 1. 守...

 今回も、前回同様、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の中の、知識・経験を時系列で整理する「期」ついて議論をします。 1. 守...

新規事業・新商品を生み出す技術戦略(その56) 部下がついてくる目標となっているか確認する方法

1. 苦労して決めた目標、部下がついてこない問題  新規事業・新商品に関わるコンサルティングの現場では、多かれ少なかれ必ずと言っていいほど発生する、...

1. 苦労して決めた目標、部下がついてこない問題  新規事業・新商品に関わるコンサルティングの現場では、多かれ少なかれ必ずと言っていいほど発生する、...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その64) 「期」について

 今回も、前回に引き続き、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の中の、知識・経験を時系列で整理する「期」ついて解説します。 1....

 今回も、前回に引き続き、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の中の、知識・経験を時系列で整理する「期」ついて解説します。 1....

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その63) 発展段階「期」について

   今回も、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の解説です。今回は、発展段階(「期」)ついて解説します。 1. 発...

   今回も、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の解説です。今回は、発展段階(「期」)ついて解説します。 1. 発...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その62) バリューチェーン・サプライチェーンとその普遍化

   今回も、前回に引き続き、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」です。今回は、バリューチェーン・サプライチェーンとそ...

   今回も、前回に引き続き、「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」です。今回は、バリューチェーン・サプライチェーンとそ...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その61) 知識・経験を整理するフレームワーク

   前回から「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の解説をしています。今回も引き続きこの解説をします。 1. 知識・...

   前回から「思い付く」ための「知識・経験を整理するフレームワーク」の解説をしています。今回も引き続きこの解説をします。 1. 知識・...

見えてきた、2030年の技術社会 (その5) DNA

  ◆ DNAが設計図になる 1. 「2050年の技術」英エコノミスト誌編集部  英エコノミスト誌の編集部がまとめた未来予測で「2050年...

  ◆ DNAが設計図になる 1. 「2050年の技術」英エコノミスト誌編集部  英エコノミスト誌の編集部がまとめた未来予測で「2050年...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その60) 思い付くには何が必要か

   前回は思考の構成要素として、「その1:思い付く」と「その2:思い付いたことの発展」があるという話をしました。今回からは「その1:思い...

   前回は思考の構成要素として、「その1:思い付く」と「その2:思い付いたことの発展」があるという話をしました。今回からは「その1:思い...

見えてきた、2030年の技術社会 (その4) 情報コンテンツ

  ◆ 情報コンテンツの消費形態 1. テレビは4K  ここ数年、日本に出張したときに家電量販店のテレビ売り場を覗いて驚くのは、売っている...

  ◆ 情報コンテンツの消費形態 1. テレビは4K  ここ数年、日本に出張したときに家電量販店のテレビ売り場を覗いて驚くのは、売っている...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その59) 思考の構成要素

   前回まではKETICモデルの2つ目、経験(Experience)の解説をし、また前回は経験(Experience)と他の要素、すなわ...

   前回まではKETICモデルの2つ目、経験(Experience)の解説をし、また前回は経験(Experience)と他の要素、すなわ...

見えてきた、2030年の技術社会 (その3) エネルギーインフラ

  ◆ 地域社会のエネルギーインフラ 1. 太陽電池と売電  太陽電池パネルの開発は30年以上前から継続されており、すでに一部の住宅や施設...

  ◆ 地域社会のエネルギーインフラ 1. 太陽電池と売電  太陽電池パネルの開発は30年以上前から継続されており、すでに一部の住宅や施設...

見えてきた、2030年の技術社会 (その2)

  ◆ 自動車業界のパラダイムシフト(後編)  ~社会が変わる~ 3. シェアリングエコノミーとの融合  ここまでは、自動運転単独で...

  ◆ 自動車業界のパラダイムシフト(後編)  ~社会が変わる~ 3. シェアリングエコノミーとの融合  ここまでは、自動運転単独で...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その58) 経験を知識に転換する工夫

   現在KETICモデルの2つ目、Experience(経験)の解説をしています。しかし、いくら経験を重ねても経験(暗黙知)のままでは、...

   現在KETICモデルの2つ目、Experience(経験)の解説をしています。しかし、いくら経験を重ねても経験(暗黙知)のままでは、...

見えてきた、2030年の技術社会 (その1)

   この10年で Disruptive Technology と言われるものが多数出現して、我々の生活を便利にしています。代表格は Goog...

   この10年で Disruptive Technology と言われるものが多数出現して、我々の生活を便利にしています。代表格は Goog...

技術の未来は永劫か、イノベーションを起こす技術とは

   今回は企業の経営課題である未来の技術についてお伝えします。数年先、十年先の未来がどうなっているか、未来を予見するのは非常に難しいことです。  そ...

   今回は企業の経営課題である未来の技術についてお伝えします。数年先、十年先の未来がどうなっているか、未来を予見するのは非常に難しいことです。  そ...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その57) 未来を間接的に経験する

   現在KETICモデルの2つ目、Experience(経験)の解説をしています。今回は「未来を経験・体験する」ための3つの方法の内の1つ、...

   現在KETICモデルの2つ目、Experience(経験)の解説をしています。今回は「未来を経験・体験する」ための3つの方法の内の1つ、...

普通の組織をイノベーティブにする処方箋 (その56) 未来を経験・体験する

        現在イノベーションに必要な要素を表したKETICモデルの2つ目、Experience(経験)の解説しています。今回は前回に引き続き、...

        現在イノベーションに必要な要素を表したKETICモデルの2つ目、Experience(経験)の解説しています。今回は前回に引き続き、...