ホーム > 技法解説 > 技術マネジメント > 『価値づくり』の研究開発マネジメント (その18)

技術マネジメント」の技法解説記事



『価値づくり』の研究開発マネジメント (その18)

 
R&D
前回のオープンイノベーションの心理学
では、組織の構成員の持つオープンイノベーションに対する漠然とした不安について解説しました。しかし、組織には、そもそもオープンイノベーション導入のような大きな変化には抵抗するようにできているということがあります。今回はそのことを中心に解説します。
 

1.組織の「ホメオスタシス」(恒常性)の存在

 人間を含む生物などが一定の状態(体温、血圧、体液のpHやその総体としての健康状態)を保つために、その状態が変化した場合に、基に戻そうとする機能にホメオスタシスがあります。人間にとって、その状態が変化すれば死に至りますので、ホメオスタシスは生命維持にとって欠くべからざる極めて重要な機能です。

 組織にもこのホメオスタシスが存在し、組織の変化への抵抗も、このホメオスタシスから理解することができます。それまで慣れ親しんだ組織がそれが「より良い」と認識する現状を変化させようとする動きがあると、組織には本来的にそれに抵抗し、基の状態を維持しようとする自然な機能が備えられるというものです。

 言うまでもなく、本来は組織は目先のことだけでなく、その先の事を考えて、それに備えて変化をしていかなければなりません。大きな外的な環境変化などが起きつつある状況下においては、目先の狭い視野での「良い」ことと、広く長期の視野での「良い」こととは大きく異なります。
 

2.狭い目先の視野と広く長期の視野の乖離の大きさが組織の抵抗の大きさを決める

 健全で優秀な経営者は、当然この広い長期の視野で「良い」状態の実現を追求する訳ですが、それが現状にとっての「良い」状態との乖離が大きければ大きい程、すなわち、現状の経営を大きく変えれば変える程、必然的に組織の抵抗も大きくなります。
 

3.オープンイノベーションは現状の経営を根底から変えるもの

 GEのウェブサイトの中には、自社のオープンイノベーション活動の紹介ページがあり、そこには、次の記述があります。

We’re initiating a fundamental shift in the way we do business -
this is what we’ll stand for in our open collaboration efforts
and how we will operate.

 すなわち、GEはオープンイノベーションを経営における「fundamental shift」と捉えているのです。GEだけではありません。オープンイノベーションの先駆者であるP&Gは、その導入に当たり、外部パートナーとの研究開発を全体の50%にするという極めて野心的な目標を掲げました。つまり、オープンイノベーションは、これまでの経営を根底から変えるもの(fundamental shift)であるということです。また、オープンイノベーションの果実を最大化するためには、そもそもそのように捉えるべきであるということだと
思います。
 

4.オープンイノベーションは必然的に組織の抵抗を生み出す

 オープンイノベーションの果実を最大化すべく、それを導入しようとすれば、「必然的に」組織の生命維持機能のホメオスタシスが機能し、組織存続のために強く抵抗するものであると言えます。そのため、オープンイノベーションの導入に当たっては、経営者はこの組織の強い抵抗を所与のものとして、それに強い意志を持って対峙、対処するという覚悟を持たなければなりません。
 


技術マネジメント」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ
(会員登録後、マイページで「お気に入り技法」をご登録ください)

専門家「浪江 一公」先生に記事内容について直接質問が可能
(専門家プロフィールの「この専門家に問い合わせ」からお問い合わせください)

③他にも数々の特典があります。詳しくは↓のボタンから会員登録ページをご覧ください!

無料会員登録

会員登録は無料です。登録も1分で完了しますので、是非ご登録ください!



(なみえ かずきみ) / 専門家A / ベクター・コンサルティング株式会社

プロフェッショナリズムと豊富な経験をベースに、革新的な製品やサービスを創出するプロセスの構築のお手伝いをいたします。
今多くの日本企業は「技術で勝って、事業で負ける」という問題を抱えています。ステージゲート法はこの問題を解決する極めて有効は方法論です。米国では製造業の6割が利用し、日本においても100社以上で活用されている手法で、最近では富士フイルムが本手法を活用し、「第二の創業」を成功させたと言われています。経… 続きを読む

技術マネジメント」の他の技法解説記事
セルフアセスメント
技術マネジメント」の活用事例
  • プロジェクト管理の仕組み(その3) プロジェクトの計画策定

     前回のその2:CMMIの要件管理に続いて、プロジェクトの計画策定について解説します。CMMIでは次のことができている必要があります。   1. 見積もりを確立する   (1) プロジェクトの範囲を見積もる  (2) 作業成果物とタスクの…

  • スーパーマンではなくプロフェッショナルな技術者に (その2)

     前回のその1に続いて解説します。プロフェッショナルによる製品開発がどのようなものなのかを解説します。紹介するのは一例です。それぞれの開発現場で製品開発業務を設計する必要があります。設計部門の技術者はスーパーマン、あるいは、何でも屋となっているわけ…

  • R&Dの価値創造力を高めるシンプルツール、iMapとは、

     技術経営とは、「企業の経営資源である技術を経営戦略の中核に位置づけ、顧客価値の創造へ向けて、その獲得・強化・活用を戦略的に行うことにより、継続的な企業の成長と進化を実現すること」であり、戦略的・継続的に技術力を高めるためには、価値創造力が重要な鍵…

  • R&Dマネジメントの基本

    1.2軸思考  研究・開発マネジメントの基本思想:「2軸思考」について、解説します。「2軸思考」には、次のような意味があります。研究・開発現場は、常に2軸の目標を持って仕事に取り組む必要があります。1つは横軸であり、「事業軸」と呼んでいます。…


オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら